FIFAワールドカップ2006ドイツ大会に参加している“地元代表”で、もう1人忘れていませんか??
 審判です。
 今大会では、審判団が意思の疎通を欠くことがないよう、同じ地域の主審と副審がチームを組んでいますが、日本人の主審・上川徹さんのチームにもう1人日本人で加わっている廣嶋禎数さん。この人を忘れてはいけません。現役の高校の先生で、それも藤井寺市内の府立F高校、羽曳野市内の府立N高校などで教壇に立ち、現在は河内長野市内の府立N高校に勤務中です。宮本選手に劣らず、こちらも地元中の地元ですよね。ジーコJAPANの試合で旗を振ることはないらしいですが、この審判の「日本チーム」も応援しましょう。