2016年09月25日

天童ラーメン

用事があって、山形県天童市へ。
昼過ぎに用事が終わり、天童ラーメンが有名だということで、ネットで検索。
一番近い場所に、「梵天丸」と言うラーメン屋があり、カーナビで向かう。
田舎の集落にある、民家で一軒家のラーメン屋であった。
期待感を持って入り口に向かうと、外にいた人が「すみません、今日は終わりました」で、Σ(゚д゚lll)ガーン。
近くに、春馬と言う煮干しの有名店があるらしく、カーナビで行ってみたら、休日・・・・。

ラーメンが食べたいと言う気持ちに火がついてしまい、少し遠いが「生そば水車」と言うお店が有名と聞き、向かった。
駐車場が沢山あり、県外ナンバーが多い。
外観は、完全に日本蕎麦屋である。
本当にラーメンが有名なのか、少し不安になったが、店に入るとほとんどの人がラーメンを食べていた。
座った所にポスターがあり、B級グルメでランキングとか書いてあったので、その「鶏そば」を頼んだ。

かしわ蕎麦のラーメン版と言った感じだった。
テーブルにコショウは無く、薬味の一味とうがらしだけだった。
とりあえず、入れてみたら旨かった。



image








image








梵天丸というラーメン屋には振られたが、行ってみたい雰囲気はかなりあった。


kogawa6178 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月24日

東海道新幹線

image

image


おそらく、30年ぶりの東海道新幹線に乗った。
新大阪〜東京、乗り換えて福島まで。
意外に近かった。
東北新幹線が、距離が長いからか、そう感じた。
車両は乗ったことはあるが、秋田、山形新幹線と北陸、上越は、まだ乗ったことがない。

遠くなると、飛行機が安くて早いので、仕方ないと言えば、仕方ない事である。

北海道もまだでした。

kogawa6178 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月21日

豊洲新市場の盛土

知り合いが、残業の連続で工事していたので、気になる事件である。
先ず、都庁のHPで情報が公開されているので、一番騒がれているベンゼンだけをさらっと眺めてみた。
基準値以上は、点在してわずかしかなく、数点に高濃度の場所がある。
殆どが、基準値以下である。
であれば、ジャストポイントの対策で事足りるような気がする。

現状地盤-3mで、基準値以上は30ブロックくらいである。
30m×30mなので、2万7千屬△襦
-6mでは、7ブロックで6千3百屬任△襦
ちなみに、7ブロックを深さ3mで土壌を加熱処理しても、2万㎥しかない。
数億円で済む気がする。

よって、空洞と言われる地下ピットの下が、基準値以下であれば、何ら問題はない。
東京都だろうが、公共事業で基準値以上を処理しないで工事するような技術屋はいないと思う。
ざっと見た感じだが、それ程危険だとは感じない。

平成20年の計画図を見ると、新聞のような断面図があった。
ベンゼンに対しては、地下水位のコントロール(上昇させない)で影響なし。
VOCガスについては、発生量がわずかしか予想されないので、空調管理で問題は無い。
以上のような纏め方になっていた。
建設場所と基準値オーバーの箇所数を見ると、妥当なような気もする。
それ程、的外れではない。

それでも心配なので、掘り起こしのできない建築基礎下に作業ピットを設けた。
納得できる話である。
そう考えると、足場の置ける程度の捨コンも納得できる。

マスコミや共産党の発表は、あえて素人のようにしていると疑ってしまう。
新聞などは、科学や環境を扱う係りがあり、専門家もいる筈である。
無いのであれば、今後新聞の科学や環境記事は信用できないことになる。
政党でも、学者や技術者の応援者はいるはずである。

強アルカリ、大量のコンクリートがあれば、当たり前である。
テレビで、「ヌルヌルしています」と言っていたが、アルカリであれば当たり前である。
アルカリ温泉なら、「肌がツルツルします」と。報道するのと同じである。
六価クロムも大量のセメントを使っているのだから、当然である。
それらの影響を無くするために、地上に影響のない深さで地下水位をコントロールする計画である。

専門家会議なのか技術者会議なのか知らないが、責任をとらない諮問会議が絶対なような報道は少し行き過ぎと思う。
税金を使い、安全を確保するには、それなりの責任がついて回る。
今回は、その説明責任を端折ったことが、一番の罪である。

余談だが、ピット分の基礎の根入れ4mは、許容支持力の増加につながり、高価な基礎処理が必要でなくなったのであれば、かなり頭の良い計画だと思った。
技術屋であれば、HPの図面や資料をを見て、冷静に考えるべきだと思う。

世の中の意見に流されて、事実を見失ってはいけない。
事実と意見、明確に分けることが技術士合格の秘訣である。


kogawa6178 at 17:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年09月19日

過疎化

image

青森市内で用事があり、車に乗せてもらって向かった。
帰りは、バスで帰ることにした。
ところが、バス停の時刻表を見て唖然。
次のバスまで一時間半。

幹線道路まで歩いて、時刻表を見ると、ここも一時間ある。
もう少し歩いて、JRの駅から電車で帰ることに。
ヤフー時刻表で確認したら、間に合うことになっているはずが、駅の時刻表はちがっていた。
次の電車まで2時間もあった。
複線のロングレールなのに、二時間待ちである。
新幹線になり、過疎化は進むのだが、これ程とは。
県庁所在地でこの有り様である。

これでは、ますます人口減少が加速しそうである。
結局、一時間と10分程歩き、バスに乗ることが出来た。
もしかして、待っていたほうが、疲れない分良かったのかもしれない。
久しぶりに、長い距離を歩いた。


kogawa6178 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月11日

飯坂温泉天王寺穴原湯とJAZZの夜

image

飯坂温泉第8弾天王寺穴原湯へいった。
この場所は、一番奥にある共同浴場である。
最後の予定であったが、予定した仙気の湯の駐車場が満車だったので、変更した。

源泉温度が60度なので、覚悟して行ったが、水で薄めていたらしく、30秒くらいは浸かれた。
ここが、一番上流にあるからなのか、若干硫黄の匂いがした。
共同浴場巡りも、あと一つとなった。
image


夜に、近所のお店でおこなわれた、jazzギターライブへ行った。
ビールと水割りで、2時間ほど過ごした。
しかし、イェーイと言いながら、肩を揺らし、指ぱっちんでリズムをとる、他の客と一緒になれない自分がいる。
jazzと言うより、ギターが好きなので、他人より、真面目に聞いているつもりなのだが。


kogawa6178 at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月09日

技術者倫理と品質確保

RCCMの問題は、既に印刷に出されていて、まさかと思うがこのブログを見て、問題差し替えも間に合わないと考え、問題3を考察してみた。

RCCM試験の問題3では、技術者倫理と品質確保の出題頻度がかなり高い。
したがって、この二つだけを準備するだけでも良いと考える。
さらに、よく考えると技術者倫理は、いろいろな会社でISOファイルに載っている。
そして、規定でも明確に書類としている会社は多い。

そこで、技術者倫理は、そのまま品質確保として述べられると考える。
建設コンサルタント協会が、発表している倫理は下記の9個である。
1、専門のサービス:適材適所に専門家を配置し、専門のサービスをする。
2、事実の表明:事実に基づいたサービスをすることで確実となる。
3、依頼者の適正な利益保護:結果、客先の要求事項を満足する。
4、公正な競争
5、信念の保持:ミスや欠陥については速やかに公表して改善すること。
7、帰属権利の尊重:著作権など客先権利となる物は、守秘義務の下、尊重することで顧客満足。
8、自己研鑽:常に新しい技術の導入や学習などで、最新の技術を提供する。
9、社会活動の積極参加

屁理屈も多いが、技術者倫理の大部分は、顧客満足の要求事項でもある。
結局、品質確保になるのではと考える。

何を言いたいかと言えば、学習時間の少ない方は、問題3は技術者倫理だけ準備しても大丈夫だと言う事である。
品質が出たら、これに加えてISOファイルから代表的な物を引用すればよい。
と言う事は、職場に備わっているISOファイルを読み込んでおけば、どんな問題が出ても大丈夫だとなってしまう。
当たる当たらないは、11月まで分からないが・・・。


kogawa6178 at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月07日

日本赤軍

先週、日本で起きた衝撃事件の番組を見た。
日本赤軍のことが、詳しく放送されていた。
当時、田舎の中学生だった自分は、あさま山荘事件など深い考えもなく見ていた。
思えば、小学校の頃街へ行くと、地元の大学生や組合の人たちが棒を持ってデモ行進していた。

今考えると、意外に幼稚だったのだとも感じる。
現在、70〜75歳くらいの人たちである。
団塊の世代より、上の世代である。
当時は、大学進学率は20%を切るくらいだったらしい。
当時の学校数が300くらいで、現在の800近い数からすると単純に現在の進学率になり、総体的には変わらない気がする。。
彼らは、進学することで選ばれた人間のような気がしたのだろうかとも思う。

自分が社会人になりたての頃のリーダー達は、現在80歳くらいの世代であった。
ある意味、自由奔放な世代だったらしい。
自分の周りだけだが、創業者も多い。
その反動で、高学歴で純粋な日本赤軍世代が生まれたような気がする。

彼らの純粋さを知ったのは、6年前に那覇の国際通りをデモしている集団に、ヘルメットに手ぬぐいマスク、そして角材を持っている人を見た時である。
50年前に見た映像を、目の当たりにした。
休憩中に、ヘルメットを脱いだその人たちは、明らかに老人であった。
聞くと、内地で活動の場が無くなり、沖縄に引っ越して来たと言う人もいた。

その後、気になって普天間、泡瀬、辺野古、高江と言った有名所に行くと、やはり老人は多かった。
しかし、総数としては少ないのだろうとも感じた。
何故なら、どこか一つ騒ぎになると、他の場所は誰も人がいなくなっていた。
テントと幟だけが残っているだけだった。
それでも、彼らは正義のために、一生を捧げるのだと感じる。

御多分に漏れず、活動家の世界も後継者不足らしい。
後、5〜6年もすれば、この人たちにも動くに動けない体力になってしまう。
本当の意味で、日本赤軍世代も一時代を終わる気がする。

そう言えば、先の都知事候補や飛行機で赤旗の切り抜きをしていた人は、明らかにこの世代であった。
テレビ番組を見ていたら、色々な事を考えてしまった。





kogawa6178 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

残暑の岩手

青森の帰り、天気が良く気温も高い岩手県。
先週は、三陸が水害で大変だった。
今も、孤立集落は復旧していないようである。
ラジオでは、次の台風が近づいているので、ボランティア活動の中止命令を伝えていた。

高速を走っていると、安比高原がはっきり見えていた。
30年前が最後だったような。

image







前沢SAで、前沢牛の串焼きを買った。
1千円と2千円があった。
とりあえず、1千円を購入。
以前は、800円と1千800円だったような気がしたが、値上がりしたようだ。
2センチ四方の牛肉が5個、2千円も同じ個数である。
肉のランクが違うようである。
しかし、一切れ200円と400円、観光気分でないと勇気が出ない値段である。


image

kogawa6178 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月29日

飯坂温泉十網の湯

image


飯坂温泉共同浴場第7弾、十網の湯に挑戦。
体調の悪さも手伝ってか、いつも以上にきつかった。
源泉温度は62℃となっている。
これは、他所でも同じくらいなので別に驚かない。

問題は、湯の温度である。
温度計が付いていないので、正確には分からなかった。
体感的には、今までで一番のような気がする。
足を入れてみたが、痛すぎて数秒でギブアップ。
地元の人が、20秒くらい浸かっていたが、出ると真っ赤であった。
観光客の二人組は、浴槽に入るのをあきらめていたようだった。

おそらく、50℃近いのだろう。
結局、洗い場で掛け湯だけで終わってしまった。


kogawa6178 at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月23日

RCCMの解答用紙

RCCM受験の指導をしているが、解答用紙の微妙な変更で少し悩んだ。

問題1は、横の字数は25文字と変わらないが、行数が明確に指示されている。
業務の名称は2行である。
50文字の業務名など、ほとんど見たことがない。
割り切って、1行でもOKとした。
記入するのであれば、業務場所なのだろうか。
発注者や期間の記述が増えた分役割の行数が減り、アピールだけでくどくど必要なくなった。

詳述は、同じような行数だがブロックで分けられているため、1ブロックを1枚と考えれば、1行くらい残しても大丈夫かと思う。
しかし、箇条書きを駆使して、目一杯書き切るのが理想である。

問題3は、800×2枚である。
基本は、1.5枚で十分である。
75%の記述になる。
内容は、正しい税金の使われ方にした。

と言った事で、準備論文を作ってもらうことにした。
何時の間にやら、後2か月とちょっと。
受験者には、頑張ってほしい試験である。


kogawa6178 at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月21日

飯坂温泉八幡の湯

image


飯坂温泉第6弾、八幡の湯へ行った。
久しぶりの飯坂温泉のせいか、とにかく熱い。
足湯状態3分、半身浴状態1分、それ以上は無理だった。

共同浴場巡りも、あと3つとなった。


kogawa6178 at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月19日

秋葉原と言う外国

image

乗り継ぎで秋葉原駅に着いた。
今のデジカメが調子が悪いので、少しカメラ店を見ることにした。
とは言っても、廉価な水中も可能なデジカメに絞っている。
電気街口の、目の前にある店に入る。
案内の通り地下フロアーへ。

免税と書いているポスターだらけで、中国語の案内や説明書が溢れかえっている。
日本国内なのに、逆に緊張してしまう。
最近は、一眼レフコーナーが多く、廉価商品コーナーはやっと探した。
運よく、現品限りで狙っていたカメラが、1万5千円で売っていた。
最安でも、1万8千円が多く、定価だと2万5千円くらいの商品である。

迷わず、近くに立っていた店員に「これください」と言った。
すると、「ショウショウ オマチクダサイ」と片言の日本語が返ってきた。
そして、不安は的中した。
商品を探せなかったり、レジが上手くいかなかったり、上司が出てきたりなど、時間がかかってしまった。
上司曰く、「新人なので申し訳ありません」「お掛けになってお待ち下さい」
新人以前のような気もしたが、気長に待つことにした。

やっと、お金を払って商品や保証書を受け取った。
なんと、お店の名前が「ヤマダ電機」だった。
一瞬、わざわざここでなくてもと思ったが、修理の場合、近くのヤマダ電機へ行けるので、結果オーライと考えることにした。

買ったは良いが、いまだに水中に入れることを戸惑っている小心者である。





kogawa6178 at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月14日

渋滞ポケモン

image


お盆休み、7年ぶりに青森で過ごす。
電車の切符が取れないので、車で帰省した。
高速も一般道も、やはり渋滞だった。

渋滞だと、歩行速度と同じになるらしく、ポケモンが意外に現れる。


kogawa6178 at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月08日

福島わらじ祭り

image

オリンピック、甲子園、イチロー、世の中のイベントが一挙にやって来た。
そして、当地ではわらじ祭りと言うお祭りだった。
年を重ねると、お祭りにウキウキしなくなってきた。
早めに帰って、早めに寝てしまう自分がいた。

これは大変だ。
松浦亜弥の歌を聴いて、ウキウキを取り戻さなければ。


kogawa6178 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月03日

青森ねぶた祭り

テレビのニュースに、青森ねぶた祭りが報道されていた。
よく考えると、10年以上も祭りを見ていない。
10年程前は、現場が隣県だったので平日は見れるわけもなく、休日は必ず技術士の試験があり、札幌に行くため見れなかった。
7年前からは、沖縄での仕事のため、到底見ることはできない。
今年は、東北に居るが、400km離れているので簡単には見れない。
住まいの地区では、「わらじ祭り」なるものがあるので、見学の予定である。

昨日、デジカメがだめになった。
週末、買い替えの予定である。
今度は、防水カメラを買う予定である。
カメラのSDカードをパソコンで開くと、沖縄での地鎮祭と言うか工事安全祈願祭の写真が出てきた。

普通は、神主さんが祝詞をあげるが、地元の神事を司る確か「ノロ」と言われる女の人が仕切っていた。
霊を下ろしたり占ったりする人は「ユタ」と言われている。
どっちがどっちかよく分からないが、貴重な経験をした。

地元でもめずらしいので、教育委員会が撮影に来ていた。
背景にある木は、「サキシマスオウノキ」と言って、根っこが板のようになって支えている木である。

DSC00389






関係者が整然と座る

DSC00390






先頭が神事を司る女のひと

DSC00391






最後に鍬入れである

kogawa6178 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月31日

ポケスポット

ポケモンGOに、ポケスポットと言う場所がある。
ポケモンの巣とも言われるらしい。
面倒くさいので、何処へも行ったことがない。
飲食店で待っている間に、意外に現れる。
特に、ショッピングセンターや駅ビルにある飲食店である。
image








新幹線の移動中、本物のモンスターを見た。
ありえない場所に、人間の足が・・・。
心霊写真となった。


image



kogawa6178 at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月27日

平成28年RCCM試験申込

今年は、3名が受験する。
2名が初受験で、1名は他部門取得者である。
本日、3名とも申込を終えたようである。
それほど厳しいとは思っていないが、万が一のことを考えると、申込書の業歴や経歴は大切である。
今年は、申込書から指導した。
3か月後には、試験がある。
慌てず急ぐようにしないと、間に合わない。

私の使用しているノートパソコンは、レッツノートと言う物である。
Win7のサポート切れが迫っているので、Win10の無料アップグレードをクリックしたら、アップグレードにならない。
家にある、別のメーカーのノートパソコンは、簡単にアップグレードができた。
先日、ネットのヤフー知恵袋など眺めながら、6〜7時間かけてやっとWin10になった。
インストールの時間が長く、つい寝てしまった。
目が覚めると終わっていて、命令に沿ってクリックしたら、無事終了できた。
闇夜に光る、Win10の青白いスタート画面が何とも言えない。
久々に、やれば出来るんだと感じた。
これでしばらく、愛機は長持ちすることになった。

image

kogawa6178 at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月25日

技術士試験択一解答発表

択一試験の解答が発表された。
当日は、準備不足の上に過去問意外の問題も多い気がした。
後で問題を眺めると、経済性管理で2問の勘違いがあり、それから先は調べなかった。
例年の感覚から、50%辺りだと感じてしまった。

発表の解答で、単純に採点してみた。
23/40だった。
またもや60%届かず。
択一で60%切るのは、実質、足切と同じと言う通説が一般になっている。
また、来年と言う言葉が頭の中でこだまする。

とりあえず、表向きの発表である、「合わせて60%」にかすかな期待をするしかないようである。

昨日は、折角なので初めての相馬野馬追祭りを見に行った。
何がすごいと言えば、祭りだけのために馬を飼っていること。
乗馬のできる人の数が多いこと。
そして、半世紀ぶりに見た、無数の路上の馬糞である。


image







image







image


kogawa6178 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月24日

飯坂温泉大門の湯

image






飯坂温泉第5弾、大門の湯へ行ってきた。
カーナビでも行きつかない、丘の上の奥まった所にあった。
ここの源泉温度は、過去最高の62度となっている。
駐車場の端に、モニタリングポストがあった。
数値は0.102μ㏜/hになっていた。
温泉地の、しかも温泉浴場の隣に設置する意味が分からない。
他よりは、自然放射線は多いはずである。



image






浴槽は一つしかなく、覚悟を決めた。
足を入れたら、すぐに痛くなってきた。
水で薄めているが、45度くらいであろう。
47度よりは痛くなかった。
とりあえず、腰から胸まで浸かった。
他の客が湯をかき混ぜ始めた。
高熱が押し寄せて、たまらず脱出した。

鏡で見た自分の姿は、肩出しのドレスを着たテレサテンのようだった。
入浴後はへとへとである。
恐るべしスポーツスパ飯坂。


kogawa6178 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

ポケモンGO

昼近く、ネットの速報にポケモンGOが配信と出ていた。
とりあえず、ダウンロードしてみた。
昼休みに始めてみたら、デスクの上にモンスターが現れた。
指でボールをぶつけたら、一匹ゲットした。

近所のお寺にマークが付いていたので、帰りに寄り道してみた。
すると、スマホ片手に2人ほど、うろうろしていた。

気のせいか、みんなが片手にスマホを持っている。
そして、ポケモンをやっているような気がした。

リアルな感じがするゲームではある。
後は、通信料がどの位なのかである。




kogawa6178 at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)