January 19, 2017

バッハザール

IMG_20170118_145152

学生ブラスのお手伝いが終了しました。

吹き納めになるであろう、バッハザール。
記念にバシバシ写真に撮りました。
来年度からは全学年が江古田の新校舎になるので、なかなか使用される頻度も低くなるのではないでしょうか。

IMG_20170118_195543
立派なパイプオルガン

IMG_20170118_193630
ヘタではなく、しもて。笑

IMG_20170118_200152
ロビーの巨大な太鼓!

IMG_20170118_165004
お気に入りの眺め。

一年間ありがとうございました。
そして入間校舎、長年おつかれさまでした...!

kogenezumi at 22:43|PermalinkComments(0)演奏 

January 16, 2017

テレビ放映

先日の新春コンサートの様子が地元テレビで放映されたようです。私は地元でもなく、当てにしていた近場の兄弟は未契約の局だったようでスルーしていました。

が、私のバリバリのピンスポット&ドソロが結構な尺で映ってたようだと後になって人から知らされ、なんとも驚きました💧
ありがたい半分、恥ずかしい半分です。

めげずに懲りずに(?)、またコツコツと音楽に取り組んで行きたい所存です。どうぞ今後ともよろしくお願いします。

さて、今週末は稲城長沼駅前のガンダム前にて、ペアステージに出演します。
21日(土)13:30~が私です。
寒さド真ん中の予感しかしないのですが、なんとか楽しんで頂けたらと思います。

その前に、母校、武蔵野音大の校舎移転前のラストステージな本番もあります。いろんなご縁でまた1年携わった合奏の集大成でもあり、感慨深いことこの上ないです。
18日(水)18時頃から吹奏楽の発表となります。山の校舎で都心からは遠いですが、朗読の入った色とりどりのプログラムです。どうぞお時間のある方はお越し下さい。バッハザールにて、入場無料です。

急遽詰め込みな予定になりましたが、なんとか元気にこなしたい所です。暖かくして早寝するとしましょう...。

kogenezumi at 22:48|PermalinkComments(0)演奏 

January 08, 2017

あさお芸術のまち新春コンサート終了!

IMG_20170107_094656


麻生区の新春コンサートは昨日超満員の大盛況で無事終了しました。

小編成オーケストラと児童・市民合唱、歌のソリストまで含めるとかなりの大人数な出演者でしたが、こういう企画に参加するのも楽しいものだなとしみじみ思います。

私は短いソロでも一曲吹かせて頂き、緊張もありましたが楽しかったです。初めてユリホールでご一緒して以来、念願(?)叶って大滝さんに伴奏して頂きました。
自身のソロも含めて大活躍の中、本当に感謝です。

FB_IMG_1483784010367

演奏も人柄もステキなOboeのMINANIさん、持参の自撮り棒で記念撮影。

沢山の素晴らしい共演者の皆様とまた是非ご一緒したいと思える楽しい本番でした。ご来場の皆様、委員や裏方スタッフの皆様、本当にありがとうございました。


kogenezumi at 13:44|PermalinkComments(0)演奏 

December 31, 2016

大晦日

毎年あっという間にこの日を迎えている気がします。
今年も沢山の人に出会い、いろんな場所に行き、いろんな出来事がありました。
お世話になった皆様、ありがとうございました!

また来年何があるのやらと思いますが、またどうぞよろしくお願いします(^_^)ゞ


kogenezumi at 16:22|PermalinkComments(0)徒然 

December 26, 2016

年の瀬

来年の年明け1/7に、今年もお世話になった麻生区の新春コンサートに出演します。

先日の合わせでは、新しく素敵な音楽家さんたちとご一緒出来て沢山の刺激をもらいました。

今回のテーマは音楽の世界旅行。
私は合奏と、ソロでフランス担当です。

たまたま、仏のシャンソン系に興味が向いている時時にこのような運びになり、奇遇だなぁと面白がっています。

まだ先の話ですが、慣れない楽器についてなども急遽勉強せねばという雰囲気になってきたので、謙虚に学んで行きたいところです。寝る前10分のノルマを決めてみましたが続くのやら...

気づいたらもう年の瀬ですね。
瞬発力も行動力も持久力も無くなったなと痛感しつつある最近ですが、焦らず吟味して納得しながら動くのもアリかと開き直っています。

最終的には人生何でもアリだなぁと、究極にユルい発想に行き着きます。(若干社会人・現代人的には問題アリな発言かもしれませんが)

kogenezumi at 11:53|PermalinkComments(0)演奏