June 14, 2017

鳴りと音程と

最近聞いた海外オーケストラの演奏で、木管陣がとにかく爆音だったのですが、優しい歌い方も絶妙なバランスでメリハリに驚きました。

さて、今週末17日にもペアステージに出演します。
お時間がありましたら稲城長沼駅のガンダム前へお越しください😌

IMG_20170601_185744


先日初めて八景島に行きました✌
初めてイルカに触りドキドキでした...!

1497363940041

出先で、かねてから聞いていた地図専門店がすぐご近所だったため立体地図キットを入手しました。
ちまちまと作成中。
始めたら最後、しばらく止められなくなる中毒性があります✨

kogenezumi at 00:12|PermalinkComments(0)徒然 

May 20, 2017

初夏

1495251981030

先日はまたまた幼稚園で演奏してきました。
前回もご一緒した佐々木純子との二重奏です。
沢山の元気な子供達とふれあえて、こっちまで元気をもらいました✨


最近やっと行ってきたのがミュシャ展です✌
IMG_20170511_160550

かなり混んでましたが、それを大いに上回る作品のスケールでした。撮影可能コーナーではここぞとばかりに激写しましたけど、本物の煙感というか、沸き立つファンタジー感、立体感、レイヤー感、色彩感は間近で見てこそだなぁと痛感しました。

これって後ろから光当ててる?プロジェクション??このエフェクト、まさかフォトショもない時代にアナログで?!という天才っぷりでした。
ごちそうさまです。

国家主義的な時代にかなり政治的意図を感じるスラブ叙事詩ですが、スラブ民族の虐げられてきた歴史の上に立つミュシャの心からの制作だったんだろうなぁと。

今私個人としてはバックボーンで人を見たり、国民毎に人を分類する感覚にはアレルギーがあるのですが(移民問題など)、時代を経てグローバル化してきたことを考えさせられる一時でした。

今日またまたペアステージで演奏しましたが風が強くて大変でした💧お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
また写真が出たらアップしたいところです⤴

kogenezumi at 13:02|PermalinkComments(0)演奏 

May 01, 2017

ペアステージ再び

e0364925_21582726

稲城長沼のガンダム前にてまたまた演奏してきました。
今回は一周年のお祭りということで、沢山の人々で盛り上がっていて演奏しがいのある本番でした。
素敵な街ですね~~

上の写真はよく見てみると、帽子をかぶった小学生が私の目の前に来ている時のでしたね。
間近で聞いている人からの反応があるのはうれしいものです🎶(小学生が一緒に歌ってくれました✌)

なかなか無伴奏のレパートリーも尽きてきた所ですので、もし次に出るなら前後の出演者とコラボしたいなぁなどと相談しながら帰ってきました。

e0364925_21582728


暖かい季節になりましたし、より活気のある楽しい演奏が出来たらと思います✨

kogenezumi at 00:07|PermalinkComments(0)演奏 

April 19, 2017

一息

IMG_20170406_165235

実家近所の八百屋にて、看板娘のにゃんこ。
お客さんたちも当たり前に目の前の野菜を買っていくので驚きです。

バタバタと過ごしつつ、やっと一息ついたりつかなかったりのコゲネズミです。

一人暮らしの自炊に目覚めてみたり
IMG_20170419_093258



兄の家を訪れて、朝早くに甥っ子に襲撃されたりとイベントフルです。
IMG_20170419_112536


気持ちのいい気候になってきたので外出したいところです。

さて、今週末また稲城長沼のガンダム前で演奏します。
お時間ございましたらどうぞお越し下さい。

kogenezumi at 11:32|PermalinkComments(0)徒然 

March 26, 2017

ロスチャイルド

先日は東京・春・音楽祭の公演の一つに行ってきました。というのも、昔から好きだった奏者を初めて生で聞けるからです。

CDやテレビで演奏を聞いて、ずっとこの人は上手いなぁと思っていたマイケル・コリンズ氏。
あの空間で演奏が聴けて、久々に痺れました。
この感覚、最近なかったなぁ。

個人的に、イギリスのクラリネット吹きってあまり日本で取り上げられていないような...。ドイツ・フランス・オーストリア・アメリカが多くないですかね。楽器メーカー(ピーターイートンとか)が絡んでいないと私は目にして居なかったのです。
去年出かけてみてイタリアのクラリネット吹きについても私には衝撃でしたが。

演奏会そのものもパトロン(必ずしも援助したかはともかく交友のあった富豪と言った方が正しいのかも)目線で音楽史を辿るという、今まであまり見ないコンセプトで興味深く、実の子孫が、先祖と作曲家の交友を語るという説得力で。(しかも日本語で)

お国柄で音楽のジャンル分けをすることが多いですが、対個人であれば国の垣根を越え、時代も国も接点のない作曲家がロスチャイルド家からしてみればお友達だったというのは目から鱗な発想でした。
かくいう私も冒頭で発揮してしまいましたが、類型化しすぎもよくありませんね。

終演後にサインをもらいながら少しだけ楽器や活動のことをお聞きしたところ、今年また来日予定があり講習会でも教えるそうで。一気にいろいろと意欲が湧いてきた最近でした。


そしてそして、今回とても楽しかったのがピアニスト。こんな素敵な演奏をする人もいるのかと、良い出会いでした。一気にファンになりました。
また聞きたいなぁ。

kogenezumi at 23:34|PermalinkComments(0)思考