立志の引っ込み思案脱却日誌

こんばんは立志です(*^ワ^*)



今日は俳句ファイヤーの公開日です!(ง🔥Д🔥)ง

『第19回俳句ファイヤー』



今回の俳句ファイヤーでは、百年俳句賞の授賞式に出席するために大阪から小川めぐるさんがやって来られて、それに合わせて高知から桃猫さんもやって来られるという事で、滅多に無い機会を逃すまいと僕も早めに松山入りして、桂奈さんにも合流していただいて、どさくさ紛れに皆さんに俳句ファイヤーへゲスト出演していただきました(^З^)

美女三人に囲まれて幸せな時間でした(*´∀`)💕(笑)

と、そんな貴重な機会だというのに僕は風邪で声がガッサガサになってまして、お聞き苦しい内容となってしまってて申し訳ないですm(_ _)m💦

あと、今回は複数人でのクロストークという感じだったんですけど、録音設定が悪かったのか、それとも単に安物のボイスレコーダーだからか、何人かが同時に話してる時とか大きな声が出た時とか、少し音割れ気味になってるのも申し訳ないです(^_^;

そんなわけで、ところどころ聞き取りにくいところもあるかとは思いますが、ゲスト出演してくださった皆さん明るく優しく俳句に熱心な方なので、聴いていただけばきっとあの場の楽しい雰囲気は伝わるんじゃないかなと思います(^ω^)

こうやってご本人のお声や喋り方、話の内容なんかを聴くと、きっと直接お会いした事の無い方にもより親近感を持ってもらえるんじゃないかなと思うんですよね(*´∀`)

僕は皆さんがどんどん仲良くなってくれたら嬉しいなと思ってるので、皆さんも良かったらあまり気負わずお気軽にゲスト出演してくださいませ(^З^)



それではまた(・∀・)ノ

こんばんは立志です(*^ワ^*)



今日は午前と午後の句会ライブに、いつき組の俳人さん達とのお食事会にと、超盛り沢山の一日でした(゜∀゜)💦

かなりの文章量になると思うので、覚悟してお読みくださいませ(*ー∀ー)ノ(笑)



まずは午前の句会ライブですが、開場9時30分、開講10時とかなり早い時間からだったので、休みの日にも関わらず6時30分に起き、7時40分には家を出て、8時過ぎの電車に乗って、9時過ぎに松山に着きました(^O^)💦

愛媛新聞社です↓
P_20181209_132635

会場の愛媛新聞社に着いてみると、もうすでにけっこうな人が集まっていて、3人座れるテーブルがいくつも並んでたので、その真ん中に座ってたら、ひでやんさんが声をかけてくださって、隣に座っていただきました(^ω^)

それから冬のおこじょさんもご挨拶してくださって、高級そうないつき組バッジ(?)をくださいました(゜∀゜)

それから、離れた席のあねごさんが手を降ってくださったりして、これから始まる今日一日への期待に胸が膨らんだところ桂奈さんが来られて、僕の隣にはひでやんさんと桂奈さんという最強布陣(おこじょさんは、最前列のかぶりつきの席で組長を見てました)で句会ライブに臨む事になりましたo(*゚▽゚*o)

僕は句会ライブっていうと、今年五月の南海放送ラジフェスでの路面電車のと、六月の宝厳寺での一句一遊十七周年のしか経験が無くて、今回のような講習会的なのは初めてだったんですけど、午前午後共に、二時間ある内の前半は俳句初心者の方(参加された方の半数ぐらいが初心者との事でした)に向けての俳句の作り方を教えて、後半の最初の5分でテーマのある即銀、それから一句一遊でいうところの月曜日クラスの句、水曜日クラスの句と読み上げられて、最後に決勝五句が残り、それぞれの句への鑑賞を言ってから会場の全員で多数決をして優勝の句を決めるという流れでした(゜o゜)

ちなみに午前中のテーマは「追風」と「逆風」で、僕は

『息白し追風を背に駆ける坂』

という句を詠みました(^ω^)

これは今の自分の状況を詠んだつもりで、「坂」が僕の苦手意識、そして「追風」が句友の皆さんや組長からの励まし、というイメージです(^З^)/

でもちょっとストレート過ぎたようで、決勝五句には残れず、まあまあ上手い句、というカテゴリーで句と俳号を読み上げていただけました(^^;)ゞ

そのカテゴリーで、なんと卯年のふみさんも読み上げられたので、僕の座ってる所とは部屋の両端ぐらいの位置にいたにも関わらず、バッチリチェックしておきました(☆∀☆)

それから決勝五句が発表され、多数決で優勝句が決まり、それぞれの句の作者が名乗る事になったんですが、なんと、ひでやんさん、冬のおこじょさん、桂奈さんの御三方が決勝五句に残ってて超ビックリ!Σ( ̄□ ̄;)

その驚きが収まらないうちに午前の句会ライブは終わりました(^^;)ゞ

僕だけまあまあの句止まりだったので、午後の部でのリベンジを近いつつ、はぐれないうちに卯年のふみさんの元へダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

無事にご挨拶できて、一句一遊での僕のお便りへ感想をくださった事へのお礼も言えました(*^^*)



それから、ふみさんも午後の句会ライブにも参加されるとの事だったので、それまでのお昼ご飯をご一緒しませんかとお誘いして、僕達5人でのランチとなりました🍽

お店は愛媛新聞の近くの居酒屋で、お昼は定食を食べられるという感じの所で、僕はエビ天丼を頼みました🦐

それで、今回僕は皆さんの連絡係みたいな感じのポジションでして、元々はこの間のサンダーファイヤーパワー句会で優勝されたあみまさんに句集をお渡しするので、大忘年会か句会ライブへ参加されませんかと伺ったところ、どちらにも参加しないけど句会ライブの後からなら会えると言われたので、その時にご飯もご一緒するという事になってたんですが、そこへ他の人もいてくれた方が良いという事だったので、松山周辺の方に色々と声をかけてみたわけです(゜゜)

で、あるきしちはるさんとひでやんさんとゆすらごさんからOKをいただけて、あとは句会ライブでご一緒した方をお誘いするという感じで考えてまして、そのノリでランチも皆さん良かったらご一緒しませんかと僕がお誘いしてこの5人でのランチになったわけですが、自分の未熟さを改めて痛感するランチになりました(*_*;)

というのも、僕もだいぶ人と話す事に慣れて、一体一なら普通に話せるようになったかなとは思うんですが、複数人となると会話に割って入るというのが全然できなくて、五人で座ったテーブルで一人だけ蚊帳の外っぽい感じになってたんですよね(ー∀ー;)

自分で集めたメンバーの輪に入れんってどういう事やねん!(。・д・)ノ)´Д`)ビシッ←心の中の僕(笑)

まあ店のBGMが大きめだったのと、店内がガヤガヤしてて僕の所からだと皆さんの会話が聞き取りにくかったのも敗因なんですけどねσ(^^;)

あまりに手持ち無沙汰だったんで、まだ合流してない方との連絡を取ってるフリしてスマホを見てたりしてました(ー∀ー;)ゞ

まあ実際に連絡を取ってたりもしたんですけどね(^^;

で、その時には寂しかったんですけど、後になって色々と反省するところもあって、ああいう風な時って、その場のみんなと一番繋がりがある人間が真ん中の席に座って、話題を適度に振り分けるべきですよね(^_^;

で、今回だとそれは僕だったんだろうと思うんで、次にこういう機会があったらなるべくみんなの声が届く場所に座ろうと思います(^^;

やっぱり参加した人みんなが楽しい会にしたいですしね(^ω^)



それから桂奈さんは午後の部には参加されないという事で離脱して、午後から参加する予定の猫愛すクリームさんの姿を探してたら、愛媛新聞社のロビーで、妹のりこさんのお姉さんの妙さんに声をかけていただけて、隣の席に座っていただけました(゜∀゜)

妙さんとはこれまで何度かイベントでご一緒してるんですけど、少しご挨拶したぐらいだったので、今回色々とお話しできて嬉しかったです(*^^*)

それから、反対側の席にはひでやんさん、後ろの席には卯年のふみさん、そして前の席にはその少し後から来られた猫愛すクリームさんが座られて、午後の部も最強布陣(おこじょさんは最前列です)で臨む事になりました(ง🔥Д🔥)ง

午後からの句会ライブも午前と大まかな流れは同じだったんですけど、話の内容は午前とは違うアプローチで、午前も午後も参加した人を飽きさせない作りになってましたよ(^З^)

そして肝心の句会ライブのテーマですが、「贈りたいもの」と「贈られたくないもの」という事で、午前の部でストレート過ぎる句を詠んだ反省を活かすべく色々考えてたんですけど、考え過ぎて時間ギリギリの投句になりましたヾ(;@Д@)ノ

そうしてできたのが

『安楽椅子朝な夕なに編む毛糸』

という凡庸な句だというのがいやはやなんとも(ー∀ー;)ゞ

案の定この句では名前すら読み上げられず、決勝五句にも残ってませんでした(^^;

ところがなんと、決勝五句に妙さんの句があってまたまたビックリ!Σ( ̄□ ̄;)

今日僕の隣に座られたひでやんさんも桂奈さんも妙さんも全員決勝五句に選ばれるなんて、僕ってもしかして歩くパワースポットなのでは?(*ー∀ー)(笑)



そして句会ライブもお開きになり、ロビーに来てくださっていたあるきしちはるさんと合流して、和やかにお話ししてたら、午後の部で優勝されたこまさん(この句会ライブのために東京から来られたそうです)がひでやんさんに話しかけられてて、その時ちょうどすぐそばに僕もいたので、便乗してご挨拶させていただきました(^O^)

それから組長や皆さんと写真を撮ったりして、晩ご飯のお店を探して歩き出しました(゜ω゜)

妙さんも猫愛すクリームさんも卯年のふみさんもお誘いしてみたんですけど、皆さんお時間との事で残念ながらここでお別れでした(;▽;)ノ

今回は参加が流動的な方や句会ライブの会場でお誘いした方もいたりして、人数が読めなかったんでお店も行き当たりばったりで決めたんですよね(^^;)ゞ

それで、松山駅の近くの「北斗」というレストランに決まって、後から合流される方を待ちながら俳句談義に花を咲かせてました(*´∀`)

それから少ししてあみまさんファミリーが合流、それからまた少ししてゆすらごさんが合流となり、8人揃っての楽しいディナーとなりました(*^ワ^*)

あみまさんとは、埼玉からおんちゃんが来られた時にいっぱいお話しできたんですけど、奥さんのめぐみの樹さんや娘さんの幸の実ちゃんとは直接では簡単なご挨拶しかした事が無かったので、今回はたくさんお話しできて嬉しかったです(*^^*)

幸の実ちゃんは恥ずかしがってましたけどね(*´艸`)(笑)

でもやっぱり8人となると全員でひとつの話題という時間は少なくて、2~3人で話してて話題が同時に二つ三つできるという状態がかなりあって、個人的にはちょっと人数が多すぎたかなと思いました(^^;)ゞ

逆にもっと大人数で自由に席を移動できる形式なら、そんな事も気にならないんですけどね(゜ω゜)

それにしても、幸の実ちゃんはほんとにかわいいです(*´∀`)←メロメロ(笑)

なんでも幸の実ちゃんは、去年の半ばぐらいからのプレバトを全部録画してて、何度も何度も繰り返し見てるそうですよ(゜o゜)

幸の実ちゃんぐらいの子だと、たいていはアニメとかを見てるもんだと思うんですけど、やっぱり楽しめる事が一番の才能と言いますか、なんでもすぐに吸収できる年頃という事もあってグングン伸びてるんだなぁと思いました(゜∀゜)

笑ったのは幸の実ちゃんの学校での俳句の授業(?)の話で、子供達の作った句を先生が選句したのを見て、幸の実ちゃんは「この句は季重なり」みたいに思ってるんだそうですよ(*´艸`)(笑)

幸の実ちゃんみたいに俳句の知識と技術がある子だと、その辺の先生よりもずっと俳句に詳しいんでしょうね(^ω^)

このお店の周りに何匹か猫がいて、猫好きな幸の実ちゃんが外に探しに行ってるところもかわいかったです(*´∀`)



それにしても、俳句好きが集まると時間が経つのってほんとにあっという間ですね(^_^;

今日は僕の電車の時間に合わせていただいたんですけど、その時間ギリギリまで話しても話し足りないぐらいでした(^З^)💦

ひでやんさんも同じ電車で、あみまさんファミリーは改札まで見送ってくださって、すごく嬉しかったしすごく名残惜しかったです(;▽;)ノ

帰りの電車でもひでやんさんと最後の最後まで俳句の話をさせてもらってまして、今日は本当に最初から最後まで密度の濃い一日でした(*´∀`)

最後に個人的な連絡ですが、先に退席されたお二人からお預かりしたご飯代、おこじょさんには870円、ちはるさんには170円のお釣りがありますので、次にお会いした時にお返ししますからね(^З^)



それではまた(・∀・)ノ

PS.僕はイベントがあった時に書き忘れないようにと途中で簡単なメモをしてるんですが、こまさんの部分をメモし忘れてて記事にも書き忘れて、後で思い出して書き足しましたФ(..)💦
こまさん、せっかくご挨拶させていただいたのにすみませんでしたm(_ _)m💦

こんばんは立志です(*^ワ^*)



今日は、今週結果発表のありました俳句ポスト「重ね着」の話をしようと思います(^ω^)

前回のるるる句会の記事でも書きましたが、重ね着というと、僕は亡くなった祖母が何枚も何枚も着込んでた事を一番に思い出してしまうので、今回もそんな感じの句を多く投句してました(゜゜)

中でも、重ね着を地層に見立てた句は何句も送ってて、上手く固まらなかった苦心の跡が見えて自分でも苦笑しました(ー∀ー;)

今回は

『重ね着や自己主張する袖と袖』
『重ね着の下にもクマのアップリケ』
『バンザイの子の重ね着を脱がせをり』
『重ね着の袖に見え隠れする指』
『重ね着や一番風呂の脱衣籠』
『重ね着を重ね着のまま脱ぎにけり』
『重ね着の下の胸ポケットの鍵』
『重ね着の分だけ街は暮れゆきぬ』
『重ね着を重ねる毎に暮るる街』
『曾祖母の重ね着厚く地層めく』
『地層かなシルバーカーの重ね着は』
『シルバーカーの重ね着の地層めく』
『重ね着は地層手押し車の祖母』
『徘徊の祖母重ね着の地層めく』
『手押し車祖母の重ね着は地層』

と投句した中で、

『重ね着の地層めきたる媼かな』

という句を並選に取ってもらってました(^^;)ゞ



今回も父は投句してたんですけど、

『重ね着を脱ぎ捨て妻と相撲とる』
『父と子と重ね着を脱ぎ土俵入る』

と投句した中で、

『孫娘重ね着をきす藁人形』

という句を、月曜日のよしあきくんのベストセレクションの第6位に選んでもらってました(^_^;

僕が並選で父が月曜日なので、この勝負は僕の勝ちかな?(*ー∀ー)(笑)

先週の一句一遊では金曜日に読まれましたけど、俳句ポストは人と並を行ったり来たりで安定しないのがもどかしいところです(^_^;

俳句ポストは次の「枇杷の花」で今年の発表が終わるわけですが、たぶん今年も金曜日は無しのまま終わりそうですね(ー∀ー;)ゞ

来年は金曜日に載れるように頑張りたいと思います(ง •̀ω•́)ง💦



それではまた(・∀・)ノ

こんにちは立志です(*^ワ^*)



今日は、一句一遊「霜降かます」の話をしようと思います(^ω^)

霜降かますとは、霜が降りる時期に取れる脂の乗ったかますとの事で、ご飯が進むとかお酒のアテになるとかいう物らしく、その酒の肴という所から発想して

『可杯(べくはい)の転がる朝霜降かます』

という句を詠みました(゜ω゜)

可杯とは高知県の変わった形の盃で、器の底が平になってなくて、テーブルに置くとお酒が零れてしまう造りになってるので、常に手に持ってないといけないという、大酒飲みが多いという土佐のお国柄を思わせる盃です🍶

で、霜降かますが美味しくてついついお酒を飲み過ぎて、そのまま酔い潰れて寝てしまった、という情景を詠みました(^ω^)

ちなみに「朝」は「あした」と読んでくださいね(^O^)

一応下五の字余りで深酒を演出してみたつもりなんですけど、高知である必然性も、霜降かますである必然性も無い句だなというのは自分でもわかってまして、案の定今週はボツでした(^^;)ゞ



今週は父の己心も投句してまして、

『焼きたての霜降かます猫が食べ』
『天日干し霜降かますに蠅たかり』

と詠んでたんですがボツでした(^З^)💦

まあ僕も父も先週読んでもらってるんで、たぶん今週はボツだろうなとは思ってたんですけどね(^^;)ゞ

来週の「本」では、この間の大忘年会のお便りを書いてるんで、また読んでもらえるんじゃないかと期待してます(*´艸`)



それではまた(・∀・)ノ

こんばんは立志です(*^ワ^*)



今日は色々なお知らせがあります(^З^)/

まずは、現時点でのサンダーファイヤーパワー句会累計得点トップの霞山旅さんですが、残念ながら今回は参加していただけなくて、何かあったのかと心配してたんですが、昨日(今日?)の夜中にメールをくださっていて、とりあえず安心しました(^O^;

なんでも、かなり風邪をこじらせていたそうで、しかもこれから海外研修もあってその準備も忙しく、句作する余裕が無かったのだそうです(゜゜)💦

今もまだ体調が思わしくないそうでそこは心配ですが、霞山旅さんの無事を確認できた事は本当に良かったと思います(*´∀`)💦

霞山旅さん、まだまだお忙しい時期が続きそうですが、くれぐれもご無理なさらずご自愛くださいませm(_ _)m✨

✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄

次のお知らせですが、今度の日曜に松山で行われる句会ライブに、僕は午前の部にも午後の部にも参加します(^O^)

それで、午後の部が終わって少し間が開くんですが、17時頃からあみまさんとめぐみの樹さんと幸の実ちゃんのご家族と、晩ご飯をご一緒する事になりました(゜∀゜)

それであみまさんが、できたら他にも多くの人とご一緒したいと言われてますので、もしこちらに合流できるという方がいらっしゃいましたら、

haikufirerisshi@gmail.com

までメールでお知らせくださいませ(*^ワ^*)

時間は17時から19時30分ぐらいまでを予定してます(^ω^)

みんなで楽しく親睦を深めましょう(*^O^*)

✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄

その句会ライブなんですけど、今日の一句一遊で卯年のふみさんが句会ライブへ参加するとお便りされてまして、日曜日がますます楽しみになりましたo(*゚▽゚*o)

というのも、卯年のふみさんは一句一遊で僕の代表句である『天高し謳う吾の世の広がりぬ』という句とお便りが読まれた時、花節湖さんや花南天anneさんと共に、僕のお便りへの感想をお便りしてくださった方なのです(゜∀゜)

あの時は、chaoさん(天晴鈍ぞ孤さん)もご自身のブログで記事にしてくださっていて、本当に嬉しかったです(*´∀`)



『chaoちゃんの夢はいずこに』

『今治・立志さんからのお便り』



ついでにその時の僕のブログの記事へのリンクも貼っておきます↓

『一句一遊でお便りが読まれました!(*≧∀≦*)』



あれから、節湖さんとアンさんとchaoさんとは繋がりができましたけど、卯年のふみさんはその中で一番お近くにお住いであるにも関わらず、直接はおろかネット越しでも繋がりが無く、あの時のお礼を言いたいという思いはずっと胸の中でモヤモヤしてました(^_^;

なので、今度の句会ライブは大チャンスなんですよね(*^^*)

でもお互いにどういう見た目かも知らないし、僕が探してるなんて事も知らないでしょうから、無事に会えるかというとかなり可能性は低そうです(*_*;)

チャンスがあるとすれば、僕かふみさんの句が組長の目に止まって、マイクを向けられて話すというような事があった場合だと思うので、僕もできる限り良い句を詠めるように頑張ります!(ง •̀ω•́)ง💦

✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄

さて話は少し変わりまして、僕のブログも11月23日で丸二年が過ぎてまして(さっき気付いた💦笑)中には、以前はよく遊びに来てくれてたのに最近はあまり顔を見せてもらえてないという方もいらっしゃるんですよね(´•ω•`)

僕のブログは来る者拒まず去る者追わず、楽しそうと思えば好きな時に遊びに来てもらって、つまらないと思えば無言で去って行かれても仕方ないものとは思ってるんですけど、やっぱり仲良くしてくれてた人がいなくなったら寂しいものですし、何か気に触る事を書いてしまったのかもとか、変に気にしてしまったりもするんですよねσ(^^;)

僕は自分のブログやネットラジオを、組長を中心としたポラーノの広場のその片隅でやってる焚き火みたいな感じに思ってて、好きなように当たりに来てくれていいし、良かったら焚き火で焼いてる焼き芋も食べてってくださいな、みたいな感じでやってるつもりです🍠

おかげさまで、その輪に入ってきてくださる方々同士でもだんだんと交流が深まってきたようで、それがすごく嬉しいです(*´∀`)

それでなんですが、元々その輪の中にいたのに、何かの都合でその場を離れて、戻ってきた頃には新しい顔ぶれで和気あいあいとしてたりすると、なんだか寂しくて自分が場違いな所にいるんじゃないかっていたたまれない気持ちになったりしませんか?(^_^;

僕はそういうのをすごく感じる方なんで、もしそんな風に思っていて僕のブログへのコメントをためらっている方がいらっしゃるんだとしたら、また前みたいに気兼ねせずこの輪に戻ってきてくれたらなぁと思ってます(*´˘`*)

新顔の人達全員と仲良くする必要もありませんし、他の人の目も気にしなくていいので、まずは僕だけに向けるつもりでコメントしてもらえたらなと思います(^ω^)

そして、できたらそこから少しずつ他の人にも馴染んでいってもらえたら嬉しいです(*´∀`)

僕は心と心の繋がりを大事にしたいと思ってるので、新しい人達が現れたからといって、前に仲良くしてくれてた人を軽んじたりはしませんからね(^^)

みんなで仲良く、みんなで楽しく、それが僕の理想です(ㅅ´ ˘ `)✨

僕の情熱で焼き上げた焼き芋、気が向いたらまた食べに来てくださいね(^З^)/🍠



それではまた(・∀・)ノ

このページのトップヘ