リーグ戦再開後1勝2敗。ポステコグルー監督は、積極性に欠け球際で勝てないチームのメンバーを少し変えてきました。
IMG_0386

今日のガムテゲーフラ。

マツケ
ンイカ
しテル

#松原健 #仲川輝人 #今年のマリノスは #活かし活かされ #仕掛けまくってる #イカしてる #fmarinos #横浜沸騰 #勇猛果敢 #ガムテゲーフラ #BraveandChallenging

◆川崎フロンターレ戦マリノスのメンバー

----ーー翔-----
渓太--------仲川
---天野--大津---
-----喜田-----
イッペイ-ドゥレ-中澤-松原
-----飯倉-----
サブ:原田、勇蔵、山中、中町、扇原、康太、ブマル

ううぅぅ…山ちゃんスタメン落ち。いえいえ、ボスの選んだメンバーを応援します。勝利だけを信じ。
左SBは初めてというイッペイ シノヅカ 。扇原はベンチに、喜田がアンカーに下がり、インサイドハーフは大津、ワントップは翔さん。ベンチにもいないウーゴは前日の練習でけがとの情報が。
IMG_0361
命に関わる猛烈な暑さ。スタジアムに着くなり、マンゴー氷一択です。
IMG_0375
今日はここから。
IMG_0431

HT 川崎1-0マリノス。球際は厳しくいけていたが次第に相手ペースに。34分14番中村憲剛選手(と思ったら25番守田英正選手だったそうな)のスルーパスに41番家長昭博選手が抜け出しクロス、中央フリーの11番小林悠選手の右足シュートを決められる。以降のピンチは中澤佑二選手のブロック、飯倉大樹選手の右足などで防ぐ。腰の引けた闘いは見たくない。恐れずにボールを取りに行き勝負に出よう。

IMG_0445

完敗。彼我のクオリティの差に愕然となる。加えて一人ひとりがバラバラにプレーし、切り替えでも遅れを取っていては…。今季リーグ戦で2度目の無得点。厳しい3連敗。

IMG_0451

FT 川崎フロンターレ2-0横浜F・マリノス。59分左サイドをブマル選手と山中亮輔選手に代えるがテンポは上がらず、ネガトラ(攻から守への切り替え)も緩慢なまま。71分14番中村憲剛選手→11番小林悠選手で追加点を許す。直後の飲水タイム、チャント「優るあらめや」を歌い続けるも反撃とはならず。(85分にプリンス山田康太選手が入ってからはエリア内でパスを交換したり少しだけ可能性が見えたのだけど)得点できぬまま終了。哲学も勇気も見られぬ今季最悪の試合で3連敗。

※ハイライト動画などは後で追加します。おやすみなさい。
※ハイライト動画などを追加しました。川崎フロンターレのオフィシャルサイトの試合記録(下記チーム名にリンクを貼ってあります)を見ると、選手ごとに前後半のシュート数が表記されています。この試合マリノスの総シュートは3本。前半中澤選手がセットプレーから1本、後半交代出場のブマル選手と山田康太選手が1本ずつです。それ以外の時間はシュートにさえ持ち込めてないわけです。対する川崎は小林悠選手の5本を含め5人で11本(前半8本、後半3本)。また、得点は起点からの経過が、警告の理由も記号で示されています。これらは公式記録には必ず記録されている項目です。柏レイソルなどもきちんと公式サイトに選手ごとのシュート数などを記載しています。公式サイトの試合記録は飾り物ではありません。選手のパフォーマンスをふんわりとではなく数値で示す事には、結果に拘るクラブとしての姿勢が現れているのではと感じました。

19:03 等々力陸上競技場 
34' 1-0 小林 悠 
71' 2-0 小林 悠 
シュート 11:3 
CK 2:6 
天気:晴、弱風、気温 31.2℃、湿度 71%
芝状況:全面良芝、水含み
入場者数:23,033人 
主審:上田 益也
副審:大塚 晴弘、武田 光晴
◆2018 明治安田生命J1リーグ 第20節 vs.川崎フロンターレ ハイライト動画


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ 👈気に入ったらポチッ