FullSizeRender

横浜F・マリノスの山中亮輔選手が日本代表に選ばれて、代表デビューするかもしれない試合に応援しに行く、こんなに嬉しい事はないです。山中選手はこのために移籍してきたのだし、1年半の努力と結果で得たチャンスを今掴もうとしています。でも見守る者としてはドキドキして落ち着かない気持ちです。

山中亮輔は2017年に柏からマリノスに完全移籍。怪我で出遅れましたが、4/26カップ甲府戦でチャンスをもらうと出場を重ね、5/27鳥栖戦の途中からリーグ初出場。6/18のFC東京戦でリーグ初先発、次節6/25神戸戦で初アシスト。タイミングのよい駆け上がりと、振りの小さい早くて強いキックで魅了しました。

山中亮輔の進化はファンの期待の上を行きます。続く7/1大宮戦でマリノス移籍後初ゴール。相手ボールをインターセプトしてターンするとそのまま駆け上がり、アーリークロスかと思う場所からのロングシュートがゴールネットを揺らしたのです。心を撃ち抜かれるようなゴールでした。

年代別代表で活躍しながらも怪我でリオ五輪出場を逃し、柏でも継続して出場できず覚悟の移籍と聞きました。柏の育成の賜物とも言える山中亮輔選手がマリノスに来てくれた事は、喜びと同時に驚きでした。もしかしたら、環境を変える事で刺激を得て奮起するタイプなのかもしれないとも思いました。

移籍直後はポジション獲得のためにフレッシュな気持ちでやれているけど、いずれ現在の環境に慣れてしまったら、そんなに長くはここに留まらなのかも知れない。そんな不安をかき消すように、試合に出て得点に絡み続け、2018年に現監督と新しい戦術に取り組んでも山中亮輔の進化は止まりませんでした。

危機感のある山中亮輔は、何度でもオーバーラップします。息が切れてても涼しい顔で、むしろ笑顔で追い越します。マリノスでのプレーを評価され、目指していた場所、日本代表に選ばれました。さらに高いレベルを経験する事で目標は高くなり、彼は危機感を持ち続けられるのではないでしょうか。

代表でも、思い切りのいい攻撃的なプレーをして、ゴール、アシストといった結果を出して生き残ってほしい。足りない部分は全部伸びしろです。山中亮輔ならきっとやれる。慢心せず高みを目指ざしてください。

運命の一日が、晴れやかな日になりますように。微力ながら全力で応援しようと思います。

幼少期に所属したクラブの方、柏の育成組織の関係者、年代別代表での活躍を見ていた方などは、特別な感慨を持って試合を迎えるのでしょう。マリノスしか眼中になかったわたしにとって、山中亮輔選手はもっと広くサッカーを観よ、素晴らしい選手がたくさんのチームにいると教えてくれた存在です。

※1年半って、なんかおかしいですね。マリノスで試合に出るようになってから1年半という意味です。試合を観てしまうと、インプット過多で何を書いたらいいのか分からなくなってしまうので、名古屋に向かう高速バスに揺られながら、今の想いを書きました。

「シンプルに」山中亮輔選手には活躍してほしいです!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ 👈気に入ったらポチッ