今季は今までにない経験をさせてもらいました。
こんな一年になるとは予想もしてなかったけど、この上なく楽しかったです。
IMG_7374
2017年、山中亮輔選手は育成時代から過ごした柏レイソルを離れ、横浜F・マリノスへの移籍を決断しました。リオデジャネイロ五輪への出場が叶わず、チームでもレギュラーを掴めない中で出場機会を求めて、SAMURAI BLUE のユニフォームに再び袖を通す夢を胸に秘めての移籍でした。マリノスで継続的に試合に出場し結果を出した事で、2年目の今年、目指していたフル代表に選ばれ、代表初キャップ、初ゴールを刻みました。

「そこに行ったから分かった事」がきっとあったと思います。代表選手として他の選手と練習や試合を共にして、たくさん刺激を受けたのではないでしょうか。2018Jリーグアウォーズで優秀選手賞を初受賞しても慢心することなく、再び日本代表に選ばれるためにJリーグで努力を重ねていってくれると思います。

※これを書いている時点ではまだ更新のお知らせは発表されていませんが、おそらく残ってくれるでしょう(願望)。トルコからラブレターとか来てないですよね。

わたしはと言えば、ホームもアウェイもマリノスの選手たちの試合を現地で見届けたいと思っています。毎年の行事はマリノスの試合があるだろう日を避けて組み、遠征費の足しにするためにポイントやマイルを貯める日々。日程が発表されたら特典航空券や高速バスなどをやり繰りしてアウェイの手配。2014年の途中からそんな暮らしを続けています。「どの試合に行くかが問題なのではない。どうやって行くかだ」こんな冗談を言いながら…。

2017年、山中亮輔選手のタイミングのよい駆け上がりと、振りの小さい早くて強いキックにすっかり魅了されました。
2018年、代表に選ばれたらいいなぁ~という期待が、現実に変わりました。

お陰でマリノスだけでなく、今年の11月は日本代表の試合にまで遠征する事になりました。
傍から見るのと、そこに行くのとでは大違い。

「代表選手を追いかけるのって、こんなに大変だったんだ。」

それが素直な感想です。

代表の日程をチェックし選ばれるか分からない時からチケットや航空券の手配をしておき、発表を固唾を飲んで見守り…。選ばれたら一気に予約。選ばれなかったら解約の嵐。試合の数日前に発表される背番号のユニフォームを奔走して手に入れる。練習日程を調べて見学…(わたしは行かなかったけど)。

ずっとあの選手を応援しているあの方も、あの選手を後押ししていたあの人も、マリノスの日程を追いながら同時にこんなに知力、財力、体力、気力を振り絞っていたのか。わたしはかなり鈍いので、そこに行ってみて初めて分かりました。

山中選手が代表に選ばれ続けたら(それがわたしの願いでもあるのですが)、これがコパ・アメリカ@ブラジル、W杯予選…と続くとしたら。たった2試合、初代表に浮かれて「一生に一度のデビューを見届けるぞ」と大分、豊田の親善試合に行っただけで体調を崩してしまったわたしには、ハード過ぎます。

マリノスの選手たちをホームもアウェイも見届ける生活だって、いつまで続けられるか分からない。でもできるだけ続けたい。(結果はともかく)今季はこの上なく楽しかったけど、まずは体調を元に戻すところからですね。

2019年こそ、マリノスのゴールをたくさん観て、失点は少し、勝利の歓喜をたくさん共にして、そしてタイトルを獲りたいと思ってます。

*** 横浜F・マリノス(Yokohama F・Marinos) #fmarinos Advent Calendar 2018 に参加しています。 ***

日々の買い物でポイントを貯めて、マイルに換えて遠征に行こう!
 ↓ 引き続きここから加入すると、あなたにもわたしにもポイントがもらえます♪
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
.

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ 👈気に入ったらポチッ