2019年リーグ戦は残り7試合。目の前の試合を、一つひとつ勝って行くだけ。
相手が最下位だろうと、やる事を全力でやるだけ。
いざヤマハスタジアムへ!
IMG_2251

今日のガムテゲーフラ。

鵜の目
タカの目
鴎の目

#6 #扇原貴宏 #沸騰の起点を創る #happyBirthDay #fmarinos #横浜沸騰 #勇猛果敢 #ガムテゲーフラ #BraveandChallenging #コトシハJガハンパナイ

本日28歳の誕生日、おめでと扇原タカノスケ。ピッチの一番遠くの味方を見付け、正確にボールを届ける目は、獲物を狙うタカの目、カモメの目。

◆ジュビロ磐田マリノスのメンバー

-----エリキ----
マルクス---マルコス---仲川
---扇原--喜田---
ティーラトン-畠中-チアゴ-松原
-----杉本-----
サブ:杉本、槙人、高野、広瀬、大津皓太、渓太

キャプテン:喜田
出場停止:なし
欠場:エジガル(左足関節骨折・全治3ヶ月、ブラジル帰国中))

出場停止明けのティーラトンと喜田がスタメンに戻り、左WGは仙台戦に引き続きマテウス。
広瀬がベンチに戻ってきた。前節アシストの高野もベンチ入り。

いっぽう磐田は前節勝利した大分戦とGK、バックラインとSHとボランチの一人は変わらず、もう一方に2番今野、39番FWルキアンの相棒には高卒3年目、リーグ出場2試合目で初先発の26番藤川虎太朗が入った。

IMG_2257

着いてたん。ヤマハスタジアム。

ジュビチケで購入したQRコードをチケットに発券してたら列整理が始まり、浜松から先に到着していたMさん(今季はアウェイしか来れてないとぼやいてた)と合流して入場。

10月だというのに30度を超えるのではという暑さ。カドヤのカッチンフルーツパフェ とレッドフルーツ生ジュース(ピンクグレープフルーツ)をシェア。

FullSizeRender
ご飯物は重たいので、パッタイをチョイス。なかなか美味い。
FullSizeRender
ジュビロ磐田のゴール裏。影になってよく見えず。
FullSizeRender
横浜F・マリノスのゴール裏。ヤマハスタジアムのアウェイ2階席にぎっしり。
FullSizeRender
バックスタンドにもトリコロールのユニフォームが大勢(真ん中らへん)。
GKアップ時より、錨をあげろ、手拍子、扇原チャント、マフラー掲げて、回して、ビバマリノス。
FullSizeRender
磐田がコイントスに勝ったのか、エンドを入れ替えてマリノスボールでキックオフ。

HT 磐田0-1マリノス。
2分、26番藤川虎太朗にシュートを許す。ボールはバーの上。

暑さのせいかマリノスは切り替えが緩慢で、出足の早い磐田のプレスに遭い、ボールをすぐ失う。
エリキが中央、仲川が右WG。

15分、磐田右サイドからのFK。30番上原力也が直接狙い速いボールをニアサイドに蹴ったが、パギが弾いて右CKにする。
松原と仲川の昨季の相性のいいコンビは健在で、それが形になる。
30分、松原のスルーパスを仲川がエリア右で受けシュート?折り返しがDFに当たって先制(高さのあるスタンド直下なのでよく見えなかった)。

頭をクリアに、全員で勝ち切ろう。 

IMG_2296
勝たーーー!!!
2点目がデカかったーーー!!!
でもここから先は、一分一秒気を抜かずに。
FullSizeRender
とはいえアウェイで勝ち点3、素晴らしい!
ゲーフラにフィーチャーしたタカは暑さは苦手なのか仙台戦に比べミスが多かったような。天皇杯鹿島戦、特にリーグ仙台戦ではチームの核だなぁといった凄みが伝わってきたのだけど、この日はあまり感じなかったが、最後足が攣ってもプレーをし続けた。タカの目もよかったが、急遽出場し2点目のアシストをした高野の目もよかった。
ウェイウェイウェ~~イの後、扇原にハッピーバースデー♪を歌ってお祝い。おめでとう! みんなに水をかけらるのはお馴染みの光景。
FullSizeRender
‪FTジュビロ磐田0-2横浜F・マリノス。
前半エンドを交換したので、後半マリノスは向こう側の磐田ゴール裏に向けて攻め込む。
芝が長いのか、硬いのか、乾いてるのか、ボールが走らない。
50分、裏へのボールをパギが飛び出してカバー。
63分、マテウス→渓太に交代。
64分、喜田が相手から奪った勢いで持ち上がり、鋭いミドルシュートを撃つがGK1番八田直樹に防がれる。
73分、ペナルティエリア角の少し右外側のFK。ティーラトンが直接ニアを狙うがGK八田に止められる。
77分、マルコス→皓太に交代。
78分頃、松原?喜田のボールに抜け出したエリキの右クロスに飛び込んだ(あわやゴールも、GK八田がキャッチ)遠藤が左ポスト激突、左肩?を痛め一度は立ち上がりピッチを出るが、高野と無念の交代(84分)。
87分ティーラトン→皓太→左WGに入った高野が山なりのボールを逆サイドへ、ペナルティエリア右手で受けた仲川がDFとGKのタイミングを外して角度のあまりないところから速いシュート。逆サイドのネットを揺らす。
先週の教訓を活かしてAT7分を凌ぎ、勝ち点3を積み上げた。

リーグ最下位で厳しい残留争い中の相手アウェイでの完封勝利は、結果としては完璧。

しかし前半はテンポも上がらず、ボールを失ってはライン裏に放り込まれ、39番ルキアンや26番藤川にチャンスを作られまくり。パギやDF陣の踏ん張りで失点に至らず。それでも、ほぼテルゴールのオウンゴールが入るのだからね。アウェイゴール裏2階席から見ると、松原からのスルーパスが美しかった。テルが折り返した時、エリキも中央に走り込んでるし、マテウスもファーに詰めてる。こぼれ球にはマルコス。チームで意図した攻撃ができたから、オウンゴールだけどいいゴールだと思う。

ブンちゃんがいるとタメができる気がする。うまく繋げられそうなら引き付けてパスを出すし、可能性がなければやり直す。ゲームが落ち着く。こんな事を言うようになるなんて、あの3月の大分の夜に思いもしなかった。選手が成長してチームの為に力を発揮できるようになるには、時間がかかる。そして何より試合に出ることが必要。

喜田さんは右のハーフスペースによく走り込んでたな。(わたしの)念願のミドルシュート、惜しかった。枠内の際どいコースに来たから、そろそろゴールあるよ~!

磐田の左SBの13番宮崎智彦へのファウルで、マリノスは3人が警告を受けた。警告を呼ぶ男、恐るべし。いやいやファウルしたのがいけないのだけど。
59分、仲川(反スポーツ行為)3枚目
61分、松原(ラフプレー)2枚目
84分、エリキ(ラフプレー)2枚目
警告3回で次にもうらうと出場停止なのは、仲川、広瀬とマルコスの3名(これ間違ってました。マルコスは警告1回)の2名。
残り7試合、全員で勝利を目指さなきゃね。

負傷交代の渓太はドクターと磐田市内の病院を受診したそうで、肩ではなく軽度の肺挫傷ではという報道がでていた。頭でなくてよかったとは言え、U-22日本代表のブラジル遠征は辞退ということになりそう。正式な発表を待つことになるが、本人が一番悔しいだろう。

※2019.10.06 正式にU-22日本代表ブラジル遠征メンバー参加辞退が発表された。
磐田ゴール裏側のピッチで渓太が倒れている間に、何度かスタンドから拍手が起こっていた。渓太を励ます声も聞かれたらしい。ありがたい事ではあるが、脳震盪の様に動かしてはいけない場合もあるので、無理して選手が動いてしまわぬ様に、静かに見守るのがいいと思う。

IMG_2372

2階カーに乗せてもらって、らくらく遠征。運転のSくん、同行の皆さんお世話になりました。すいすい帰ってこられたお陰で、最寄駅で祝杯をあげられた。静岡のお魚じゃないけどね!
暑い中頑張った全ての人に乾杯🍻 

首位のFC東京が負けたよ。金井の疑惑のゴールらしい。東京との勝ち点差は1になった。2位の鹿島の試合は明日で、勝てば首位が入れ替わり、勝ち点差4は変わらない。

代表ウィークを挟んで、ホームで湘南戦。出来る事は、目の前の試合を、一つひとつ勝って行くだけ。相手がどこだろうと、やる事を全力でやるだけ。

続く6試合を闘うための、ひと時のリカバリー。そして気を抜けない闘いへ。
※残り試合数間違えてたので訂正しましたw 

◼️2019.10.05土 J28 ジュビロ磐田 0-2横浜F・マリノス 
19:04 ヤマハスタジアム   

30' 0-1 オウンゴール 
87' 0-2 仲川 輝人 
シュート 6:12
CK 6:8 
オフサイド 3:7 
ポゼッション(DAZN) 
天気:晴、弱風、気温 28.4℃、湿度 48% 
芝状態:全面良芝、乾燥 
入場者数: 12,464 
主審:東城 穣
副審:武田 光晴、権田 智久
第4の審判員:
上田 益也

◆2019明治安田生命J1リーグ第28節vsジュビロ磐田ハイライト動画



にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ 👈気に入ったらポチッ