1年は365日で、週末はだいたい52回と決まっています。トリコロールな暮らしをしていると、その殆どにはマリノスの試合があるので、個人的な用事を入れられる週末は、数えるほどしかありません。

とあるグループの仲間で、愛媛県を訪れることになりました。日程を検討していた時、5月31日の試合の結果によって、不幸にも文化の日の連休にはマリノスの試合がなくなる事が決まりました。

愛媛といえば愛媛FCですが、ホームの試合は翌日で日程が合いません。そういえば愛媛にはFC今治もありましたね。マリノスを2003年と2004年の2度、リーグチャンピオンに導いた岡田武史元監督がオーナーをしているチームです。ちょうど11月4日(土)にJFLのホームゲームがあるようなので、8月に完成したという「ありがとうサービス.夢スタジアム(通称夢スタ)」に行ってみる事にしました。

グループの旅行の前に1日早く羽田から飛んで9時に松山に着き、駆け足で松山城を見て、今治で13時キックオフの試合を観る。かなりハードなスケジュールですが、今回は強い味方がいます。松山に2年ほど住んだ経験のある、マリノスサポーターMさんです。当日朝に一足早く夜行バスで松山入りしてナビゲートしてくれます。空港着が10分ほど遅れましたが、道後温泉行きのシャトルバスも10分くらい遅れて発車。待ち合わせの大街道まで610円の切符を買って乗車しました。


バスがJR松山駅を過ぎたころ、Mさんから指令がきました。

 大街道まで行くより「愛媛新聞社前」で降りて市電に乗り換える方が早い。愛媛新聞社前で降りて。

えぇぇぇ! 乗り換えなんて、御殿線の反対方向に乗ってしまうわたしにはハードルが高過ぎるw それに愛媛新聞社前までなら560円だから、大街道まで買ってしまった切符代のうち50円分が無駄になるし、市電代が余分にかかる、ふがふがふが…(人間が小さいです)。

 次は愛媛新聞社前〜。お降りの方はブザーを押してお知らせください……ピンポーン♪

降り際に駄目元で運転手さんに事情を話してみました。ナント小銭入れから50円をキャッシュバック! ありがとう、優しい運転手さん! 



バス停で辺りを見回しているとナビゲーターmさんから電話が入りました。

 向かいの電停で待ってて、いま向かってるから。

夜行バスで到着後、道後温泉のシェアハウスに荷物を置いて、温泉でひと風呂浴びた
Mさんが颯爽と登場しました。なるほどMさんは一日乗車券(500円)だから乗り降り自由なのか。運賃160円はかかったけど、「西堀端」の電停から乗った市電が昭和28年製の超レトロな車両だったので、これもまたいい体験だったと思いましょう。

「大街道」で降りて、お城への道、大街道を進みます。お城の登り口、東雲口に着きました。 

時間があれば歩いて登りたいところですが、行きはブラタモリでタモさんも乗ったリフトで本丸へ。片道270円なり。すぐ左にかかるロープウェイが追い越していきます。上の方に行くとリフトからも天守閣が見えました。 

本丸は尾根になっていて、左には伊予灘が、右側には松山市内が展望できます。高石垣のそびえる、ドラマに出てきそうな道を進んで、天守を下から眺めて写真を撮り、踵を返します。できれば天守台に登って重要文化財をゆっくり楽しみたいものです。また訪れる機会はあるでしょうか。そこは愛媛FCに期待しましょう。

帰りはロープウェイに乗ってあっという間に下界へ。大街道を戻り、市電に乗ってJR松山駅へ。駅の売店でじゃこ天を買って、11:26発の予讃線の観音寺行きに乗りました。
今治まで1時間余り、車窓には伊予灘が青く続いています。途中、写真は撮れませんでしたが北条スポーツセンター球技場の横を通りました。齋藤学選手が愛媛FCの時に練習してた場所だそうです。

12:32今治駅に着きました。スタジアムのあるイオンモール今治新都市行きのシャトルバスは1時間に2本。12:35発に乗り15分。
イオンモールから更に歩く事10分、「夢スタ」は高台に造成された「今治市営スポーツパーク」の人工芝サッカー場の奥の、テニスコートの上の、一番上にありました。

やっと辿り着いた「ありがとうサービス.夢スタジアム」。つづきは次回。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ 👈気に入ったらポチッ