優秀な記者さんだからいずれ栄転はあるかと思っていましたが、まさか1年で鹿島とはね。

さて今日の未明から、カナロコ共同通信日刊スポーツ報知等が一斉に報じ、夕方オフィシャルから正式発表が出ました。齋藤学選手の、よりによって隣町への移籍です。
後任の報知マリノス担当さんには、署名記事が出る前に就任早々大事件です。じっくり取材していい記事を書いてもらいましょう。

う〜ん。残念だけど、そうか、いち選手として移籍するのね。まぁよりによって隣のチーム、しかも移籍金なしってのがあれだけど。袂を別ったからには、容赦はしない。

 「選手と監督(と番記者と代理人)は来ては去る。だけど、俺たちは永遠、永遠だ!」

残ってくれた選手と、来てくれた選手と、これから来るであろう選手を応援する。

そして自分にできる事をやっていく。

わたしの決意は変わりません。

    +    +    +

ところで齋藤選手の契約している代理人事務所の契約選手を見ると、今オフのあれ?と感じた移籍の数々が腑に落ちます。三田啓貴選手(仙台→神戸)とか、那須大亮選手(浦和→神戸)とか。昨オフのマリノスからの大量退団も。株式会社スポーツコンサルティングジャパン。覚えておきましよう。

思い出してみると、昨オフの中村俊輔選手移籍騒動も、齋藤学選手海外行きたいけど川崎に移籍するかもだけどチーム編成終わってから残留もあったのだから、今回の移籍はある程度は予測できた事ですよね。もっと遡れば、2009年6月のセルティックからマリノス復帰予定だった中村俊輔選手が突如エスパニョール移籍の時に振り回されてます。
(過去の記事を検索してみたのですが、見つけられないので、マツ師匠のブログのリンク

現在のマリノス所属でこの代理人の選手は1人もいなくなったから、もうお付き合いすることもないでしょう。

今後の選手名鑑には、代理人名も選手の能力の1つとして載せてもらえないでしょうか。

日々の買い物でポイントを貯めて、マイルに換えて遠征に行こう!
 ↓ 引き続きここから加入すると、あなたにもわたしにもポイントがもらえます♪
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ 👈気に入ったらポチッ