2016年01月11日

母と暮せば

母が観たいと言っていたので、『母と暮せば』という映画に連れて行きました。

CDtpWI4UgAEMTDR




昭和20年8月9日、長崎医科大学で講義を受けていた福原浩二(二宮和也)は、突然の閃光と轟音で命を失った。

三年後、夫と二人の息子の墓参りを済ませた福原伸子(吉永小百合)は、もう浩二のことは諦めようと思う、と一緒に墓参りに来た佐多町子(黒木華)に言う。
町子は、原爆で死んだ浩二の許婚者(いいなづけ)だった娘だ。
長崎医科大学は爆心地に近かったため、浩二の遺体も遺品も何も残っていない。だから、もしかしたらどこかで生きているのかも、とわずかばかりの希望を持っていたのだが、伸子はもう諦めることにした。
その夜から伸子のもとへ、死んだはずの浩二が姿を現すようになる。
そして、いろいろ思い出話をする浩二だが、実は町子のことも心配で出てきたようだ。
浩二は死んだ後もまだ町子を愛しており、町子もずっと浩二の思い出を抱いて生きていたが、母の伸子は「それはいけない」と言う。
いつか町子に好きな人ができれば、浩二のことは忘れて、町子は新しい男性と幸せにならなければならないという。
「そんなの嫌だ」という浩二だったが……というお話。

web_main_large



井上ひさしの戯曲に『父と暮せば』というのがあって、10年以上前に宮沢りえと原田芳雄で映画化されている。(他の俳優さんで舞台化もされている)
『父と暮せば』の映画の方は実は未見なのだが、戯曲の方は、広島の原爆で死んだ父と生き残った娘のお話。
生き残ってしまったことに罪悪感を覚えながら生きる娘を、死んだ父が勇気づけるという設定。
その罪悪感のために、求婚者が現れても「自分だけが幸せになってはいけない」と結婚や幸せから逃げている娘の背中を父が押してやる。

『母と暮せば』はその姉妹編ならぬ夫婦編(?)。笑
広島を舞台にした父と娘の『父と暮せば』の対として、今回、
長崎を舞台にした母と息子の『母と暮せば』が作られた。
その二つの作品を浅野忠信がつないでいるところがニクい。

生前、井上ひさしが「長崎を舞台にした『母と暮せば』を書きたい」という構想があって、それを山田洋次監督が作品化したということになる。
でも、おそらく『母と暮せば』はタイトルだけが井上ひさしの中にあって、原案のようなものが残されていたわけではなさそう。
内容は、やっぱり山田洋次らしい映画。

417ZD5H9RXL__SX333_BO1,204,203,200_


感心したのは、原爆投下の場面。
映画評論家の前田有一なども評価しているが、これまでのきのこ雲による表現ではなくて、〈下手なCG〉で〈人体が燃える場面〉でもなく、それよりもずっと〈残虐で、恐怖感あふれる〉表現になっているのが見事。
原爆に殺された人の目線を想像する手法で、まるでそれを追体験できるような仕掛けになっている。

原爆で死んだ浩二が「僕はそういう運命なんだ」と言うのに対して、母の伸子が「それは違う」という場面がある。
「地震や津波は自然の災害だから運命かもしれないけれど、戦争は人間が計画して行なったことだ」と言う。
これがたぶん山田監督が伝えたかったことなんだろうと思う。
そして、ここでは津波が引き合いに出されていることから考えても、原発のことも想定されているのだろう。

山田洋次らしいと考えたのは、実は作品の構造が寅さんと重なるからである。
浩二(二宮)が寅さんで、伸子(吉永)がさくらさん。
町子(黒木華)がマドンナ。
最終的には浩二がフラれて我慢する(=身を引く)という「男の美学」は、寅さんとまったく同じもの。
浩二は死んでいるからフラれるしか仕方がなく、寅さんも日本中の男性の失恋体験と孤独を背負っているからフラれる。
山田監督は、本当は寅さんが撮りたいんだろうけど、やっぱりこの構造が好きなんだろうな。
それを無理なく戦争遺族の物語に忍び込ませてゆくあたりの手法が上手いなあと思う。


CJ2EZ_JVAAEBjEK


ただ、結末は、『父と暮せば』のような希望も、寅さんのような温かさもない、とっても悲しい結末。
母の伸子は「あー嬉しい」と喜ぶんだけれども、その喜びはとっても悲しい喜びでしかない。
父と母、生き残った者と死んだ者の設定を入れ替えるだけで『父と暮せば』とはまったく別方向に向かう作品になってしまうことに驚きを禁じ得ない。

鑑賞後、心に残るのは母の息子に対する想いと、こんな悲しい母子が70年前には何組もあったんだろうな、という厳しい現実に対する想像である。

山田監督自身は最後の作品になる覚悟を持ってこの作品を撮ったという。
山田洋次監督の後期の代表作といえる作品だろうと思う。





kogoroh27 at 06:03│Comments(0)TrackBack(0)山田洋次 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔