プー太郎"こぐれん"のカリフォルニア生活記 続編

相方のアメリカ赴任についてきた、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。 過去ブログはhttp://koguren4.exblog.jp/

いつぞやのJRのキャッチフレーズで
「そうだ、京都、行こう。」
って味のあるコピーがあったと思いますが、まさにその気分で京都行ってきました。

今回どうしても行きたかったのが、通称鈴虫寺、正式名称華厳寺、というお寺。
WP_20170816_005
このお守り、手に挟んでお寺の方を向いてお参りすると、お地蔵さんが願いを叶えに来て下さるんだそうな。
以前行った人に頂いたものですが、お願い事するなら自分で行っておきたいな~と。
こういう気休めがボクは大好きなのです(笑)。

阪急の松尾大社駅が最寄り駅
WP_20170812_001
で、振り返ると松尾大社があるんだけど
WP_20170812_002
今回はスルー、ごめんなさい。
のんびりしたいけど、あまり時間がないのだ…

バスも走ってるみたいでしたけど、15分程度で歩けるらしいってことで
WP_20170812_005
こんな住宅街を通り抜け、ホントにこれであってるのかと思いきや
WP_20170812_003
どうもあってるらしい。

突然こんなお店が角にあったと思ったら
WP_20170812_008
え~
WP_20170812_009
階段の上の入り口まで、ずらっと人が並んでるんですけど…
このお寺、こういうルールになっております。
WP_20170812_011
そう、このお話を聞くってのがこのお寺の特徴。
なので、250人以上この列があったとすると、さらに次の回まで待たなきゃいけない。

うーん、この階段だけなら100人いないと思うけど、上の門を入ってからお堂までの距離感が全くわかりません。
とはいえここをスルーしたら来た意味ないので、覚悟を決めて並びます。

ボクたちが並んでいる20分くらいの間に、階段と同じくらいの長さの列が、道にもずらっとできました。

周辺は竹林
WP_20170812_012
WP_20170812_013
この日はやや曇りだったため、カンカン照りの暑さではなかったものの、夏の京都ですからね、暑いは暑い。
ということで、若いお坊さんが
WP_20170812_016
うちわを配ってくれました。
裏側には
WP_20170812_015
インスタグラムもフェイスブックもやってますって。
確かにHPも充実してました、日本のお寺も変わりつつあります。

ようやく列が動き始めて、階段の一番上まで来ました
WP_20170812_017
成せばなりますか、って、鈴虫をそんなに1年中鳴かせたいか(笑)?
左側に赤い文字で書いてありますが、ここのお地蔵さん、わらじを履いているのだそうです。
それは、各家々に願い事を叶えにやってきてくれるからだそうな。

中に入ったら広くはなくて、門からすぐのところが本堂でした
WP_20170812_020
中は撮影禁止ですが、この本堂の中のクーラーの効いた部屋で、鈴虫がリンリン鳴いてました。
最初人工音源かと思っちゃったほど、結構な音量でした。
5千匹くらいいるんだって。

拝観料500円を払って畳の部屋に入ると、ちゃぶ台の高さの長テーブルがずらっと並んでいて
WP_20170812_023
お茶とお菓子が供されます。

ちなみに、ボクたちが入った時、部屋はまだ半分程度の埋まり具合だったので、相当並んでいても1回で入れるものと思われます。
少なくとも、階段の長さの倍までは入れるかと。

しばらくしたら、お坊さんが出てきました。
正直、住職さんかどうかはわかりません、同じお坊さんが全ての回の講話をしているとは思えないので。

この方がですね、めっちゃおもろかった。
関西弁で面白おかしく話すから、まるで落語を聞いているみたい。

話の内容自体は、おかげさま、とか、感謝、とか、生かされている、とか、行動が大切、等々、目新しいものではありませんでした。

だけど、軽いタッチの中に、すごく心に染みるものがありました。
わかってるよ、そんなこと、日々実行できたら苦労せんわ!と言いたくなる気持ちが、いつの間にか、できることからやろうかな、そんな気持ちにさせてくれました。

こういう言い方をしたら大変失礼かもしれないけど、この日話をしてくれたお坊さんは、真剣に修行に取り組んで、日々精進で生きている方なのではないかと。
言動一致だからこそ、道徳的な話が、抵抗なくこちらの心にスッと入ってくるのではと思いました。

まぁその時はアハハと笑って終わっちゃったんだけど。

このお話の中で、冒頭の幸福お守りの願い方についても諸注意ありました。

わらじを履いて家まで来てくれるから、住所と名前を正しく言ってお願いしないといけないんだって。
それってさー、海渡れるの?アメリカの住所でわかるの?
って突っ込みどころ満載でしたが、まぁ日本だって区画整理で住所は変わるし、本州以外なら海は渡るんだから、アメリカだって来られるだろうと勝手に解釈。

あと、例えば「いい人と出会えますように」って願っちゃダメで、「ふさわしい人と出会えますように」って願うんだって。
これ、なんかちょっとわかる気するよね。
自分が願っていることが、本当に自分を幸せにしてくれることなのかって、実はよくわかんないもんね。

それと、子授けをお願いする場合
妻:どうか子供が授かりますように
夫:サマージャンボが当たりますように~
これはやめてーな、だって(笑)。

ちなみに、願いが叶ったらお礼参りに来て、このお守りはお返しします。
そのお礼参りですけど、お坊さん曰く
「時期考えてな~ゴールデンウィーク来たら3時間待ちやって、夕方5時になっても閉門でけへんくてな~そしたらどないなりますぅ?残業ですわ~(笑)」
だって。

3時間待ちってどんだけ並ぶんだろうね。
ゴールデンウィークは絶対行かない方がいいと思います。

こうしてお話が終わって、みんなこぞってお守りを買って(笑)、小さいけどお庭をくるっと回って帰ります。
WP_20170812_024
かえるさん
WP_20170812_029
門を出てすぐのところに
WP_20170812_031
これがその幸福地蔵さん
WP_20170812_033
わらじ見えるかな~
わらじ
確かに履いてます。

では、再び長い列を見ながら階段を下りて、駅の方へ戻りましょう。
WP_20170812_036
目には涼しげだけど、暑かった…

行きたいと思ってはいたものの、おもしろいという期待はしてなかったので、なかなかのクリーンヒットでした。
お寺自体はこじんまりですが、お坊さんの言う通り「行列のできる寺」だったし、その意味も分かりました。
キリスト教でいう日曜礼拝みたいな制度はないけど、仏教版のそういうものって求められているような気がします。

観光地じゃない京都もいいもんです。
っていいつつ、この後、観光地嵐山に向かったのでした…


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

横浜で結婚式がありまして。
結婚式自体が久々なのに、チャペルなんてもっと久々だ。
WP_20170810_008
年を経るごとに、着物で和式の結婚式が増えていった印象があります。

この日はあいにくのお天気で、ガラス窓が曇っていい絵が撮れなかったので、せめてお料理でも取っておこうと思ったのに
WP_20170810_016
最初の海の恵みの宝石箱だけ撮って
WP_20170811_001
余興&食べる方に夢中になってすっぽ抜け、メインの2品、真鯛とホタテのマリアージュ
WP_20170811_006
牛フィレ肉とロース肉のロースト
WP_20170811_008
だけ撮りました、以上、みたいな(笑)。
この後デザートビュッフェもあって、アイス3種にチーズケーキにムースにといろいろ食べました。
写真?忘れた…

新郎新婦が幸せそうで、素敵な結婚式でした。
新婦が大のディズニー好きだそうで
WP_20170811_013
か~わいい♡
新郎はそういう趣味はなかったのに、新婦と一緒にディズニーランドに行った写真とか出てて、友人に突っ込まれまくりでした、聞いてねーよ!びっくりだよ‼ってことで。

人は変わるもんです。

さて、近くに泊まったので、横浜中華街をご案内~と思いまして
WP_20170811_018
うーわ、この謎な電話ボックス、まだある、確か最後に見たの10年前だよ。

中華街には門がいくつかありますが、そのうちのひとつ、関内側に近い門
WP_20170811_022
WP_20170811_066
この向かい側、なんと警察署
WP_20170811_069
突然建物の雰囲気が違うので、何かと思っちゃいます。

その道路隔てて隣にあるこのお店
WP_20170811_067
門から外になるので穴場なのですが、割と有名店のようです。
かなり昔に案内されていったのですが、味までは覚えてません…

再び門から中に入って、少し行った左側にある萬珍楼
WP_20170811_026
聘珍楼と並ぶ有名店です。

と、順に巡ろうと思ったのですが、あいにくの3連休中日、めっちゃくっちゃすごい人&微妙な天気によるすんごい湿気と暑さ…
日本人ですが耐えられなくなって、中華街散策は断念。

んで、こんなとこを見つけました
WP_20170811_031
これ、ボクがこの界隈をよくほっつき歩いてた時代にはなかったのですが、横浜大世界ってのと2大プロジェクト?で作っているような噂は聞いたことがありました。

最近の横浜みやげのトレンドでも覗いてみよっかなーと思って入ると
WP_20170811_035
懐かしい!横濱はありあけのハーバー。
当時の上司に、実家帰るならハーバー買ってけと言われ、何それ?と思って見つけて買って帰ったら、意外と美味しくてびっくりしたという。

当時も黒船ハーバーっていうチョコ風味のはありましたが、今回新たに
WP_20170811_034
アイスクリンハーバーなるものが出てました。
んで、なんと試食会をやっていて一口頂いたのですが、うーん、元のハーバーを冷蔵庫で冷やしただけにしか思えないのだが…

かさばるし、少々重さもあるし、賞味期限もどうだったかな、そんなに長くなかったような。
というわけで、アメリカに持ち帰るのは断念しましたが、日本帰ったらまた買いたいおみやげです。

これも試食会やってたんだけど、ボクは初めて見ました。
WP_20170811_049
味は普通に食べられました。
観光地のおみやげとしてはおいしいと思うけど、このお菓子自体はそんなに珍しい味はしませんでしたし、横浜かと言われるとよくわからないかも。

あ~これ、まだあるんだ。
WP_20170811_050
一瞬ホワイトチョコアーモンドに見えるんだけど、違うんだよね、チョコじゃないんだよ。
なんか、ほのかに甘く、口どけが悪い、ふしぎーな味わいの白いのでコーティングされてるの。

初めて食べた時は、なにこれまずっ!と思ったけど、1箱食べ終わる頃には、何となく後引く感じになってました。
夏でもあげられるという点ではいいおみやげですが、おススメできる代物ではないかも。

横浜三塔物語のケーキ
WP_20170811_052
お世辞にもおいしそうじゃなかったけど、食べたことないのでわかりません。
第一、横浜三塔ってそんな有名じゃないよね?
県庁、税関、開港記念館の三塔を指します。
三つの塔を巡ると願いがかなうとか書いてあったりしますが、県庁や税関行ってどーすんのって話で。

でも、建物自体は見ごたえあります。
今回写真撮ってこられなかったので、いつか日本に帰ったらレポします(笑)。

この霧笛楼のレンガのお菓子も有名です。
WP_20170811_053
が、ごめん、ボクあんま好きじゃない…
元町に喫茶店があるらしく、そこのケーキは美味しいって話だけど、行ったことがありません。
ここはパッケージの絵が
WP_20170811_056
いかにも港町横浜って感じだったりして、いいなとは思います。

この赤い靴ブランドも有名で
WP_20170811_061
オシャレな感じではあります。
WP_20170811_060
他にも、赤い靴の形のミニチョコとか、赤い靴をプリントした靴下とかもあります。
ボクはここのお菓子自体にあまり魅力を感じないので、買ったことがありません、いわゆる食わず嫌いです、おいしかったらごめんなさい。

これも初めて見た、やたら売り出していたチーズケーキ
WP_20170811_062
これもアメリカには運べないな~食べてみたいけど。

なんじゃこりゃ
WP_20170811_065
パンダラーメン!
なんと麺が黒い
WP_20170811_064
いかスミラーメンかいっ!

ダメ押しパンダの白黒カレー
WP_20170811_057
これ白いルーもあるってことなんだろうか、もう意味が分からん。
パンダなら何でもいいのか中華街(笑)。


この建物、2階がベビースターランドとかいうところでして
WP_20170811_038
こんなん売ってんの
WP_20170811_039
まぁポテチにチョコかけてもいけるんだから、ありなんだろうけど。

懐かしのパッケージも
WP_20170811_040
ここでは製造過程が見学できるそうで
WP_20170811_041
WP_20170811_042
ガラスを通して見られます、が、すごい人だったのでほとんど覗けず断念。

できたても味わえるそうな
WP_20170811_044

ホシオくんという名の不思議なキャラクターグッズも売ってました。
WP_20170811_045

そして中華街らしく担々麺味も
WP_20170811_047
これなら買ってみてもいいなと思ったけど、アメリカに持ち込めるか怪しかったので断念。

って今回断念だらけじゃんね(笑)。
ま、いいです、本命の結婚式はちゃんと出たから、あとは余興ってことで。

あんま参考にならない横浜みやげ特集でした☆


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

ボクが住んでた頃とはずいぶん変わっちゃった名古屋駅、通称名駅。
あ、めいえき、と読みます、なえき、じゃないです。

ついでに、名古屋で「めいだい」と言ったら名大=名古屋大学です。
明治大学じゃありません。

んで、ボクが長年、定期的に診てもらってる先生がいる病院が、この名古屋駅のタワーの中に引っ越したとか。
ちょっと診てもらいたかったので、行ってきました。
WP_20170808_044
WP_20170808_040
厳密にはこのJRゲートタワーじゃなくて、それを経由したさらに先のビルだったらしいんだけど、迷路みたいでよくわかんない。

途中にあったスタバの飲食スペースが
WP_20170808_038
なんかオシャレ。

病院の待合室から見た光景。
WP_20170808_006
左上辺りの、ビル街の中にある緑こんもりは、名古屋城とその周辺です。
実はお城写ってるんだけど、写真小さくて厳しいね。

診察終わってちょうどお昼時になったんだけど、このゲートタワーの中にあるコンビニの弁当が、ビジネスマンやOLの間でなかなか人気なのだとか。

JRゲートタワーの中にあるだけあって、行ってみたらBellmart Kioskって、完全に駅のコンビニなんだけど。
12時過ぎに行ったら激込みで、30分もしたらあっさりすくという、いかにもビジネスマン御用達のお店。
WP_20170808_015
確かに弁当すごい積んである。
WP_20170808_014
よく見ると、みそかつエビフライ570円とか、名古屋風味あんかけバーグ500円とか、お手頃ご当地グルメまであります。
極めつけはこれかな
WP_20170808_027
ミニひつまぶし780円。
ここまでやるか、みたいな。
東京と比べてもリーズナブルだと思うし、これだけ人が来るってことは、味も悪くないのでしょう。

他にもお寿司とか
WP_20170808_033
サラダ
WP_20170808_035
パンもパン屋の本格的な品ぞろえ
WP_20170808_024
こんな有名どころ?のクリームパンもうまそう。
WP_20170808_029
奥に数席ながらイートインコーナーもあって
WP_20170808_025
って右側ワインの棚だったりするけど。

席の目の前は都会のオアシスな景色になっております。
WP_20170808_011
やっぱりここ、食べてみたいよね、ということで
WP_20170808_018
いただきます(笑)。
お寿司とサラダ、これで約700円。

オクラサラダは、ねばねばしてて、なんか日本のサラダらしいな~と思った。
お寿司も、ネタ薄めかな、シャリ大きめかなって思うけど、味自体は悪くなかった。

400円台のお弁当もちょいちょいあるので、これならみんな通うかもね。

他にも店内を散策してみると
WP_20170808_010
ういろうが名古屋名物であることは認める、が、バーにするかっ!

全国展開している青柳ういろうの方が有名かも知れませんが、大須ういろの方が地元って感じするよね。
ラジオで昔流れてた「わーい、3時だ!大須ういろの時間だ」という子供の声の、一瞬で終わるCMは、今もやっているのだろうか…

他にも名古屋名物エビせんべい「ゆかり」
WP_20170808_036
こちらも全国展開で既に名古屋って感じじゃないですが。
Shrimp Crackersっていうんだ。

名古屋以外にもなぜか箱根ラスクがあったり
WP_20170808_031
獺祭をここで買う?な日本酒ラインナップ
WP_20170808_026
一瞬エルモかと思ったら全然違った
WP_20170808_032
パインアメのパロディ、買わないな~
WP_20170808_037
このメーカーのアイス、日本にもあったんだ
WP_20170808_034
とまあ、さすがは日本のエキナカコンビニな品揃えでした。

んじゃ、帰ろまい。
と思ったが、せっかくなんでナナちゃん人形見て行こう。

ナナちゃん人形とは、名古屋駅の名鉄百貨店の前にある巨大な着せ替え人形で、待ち合わせの定番スポットになっているという、地元じゃ有名な場所。

今日は何を着てるかな?
WP_20170808_048
なんだ~宣伝服か。
ちょっとがっかり、浴衣だったり水着だったりするときもあるので。
WP_20170808_049
缶ビールは手に引っ付けてありました。
ちょっと猫背なナナちゃん。

股の下通りま~す
WP_20170808_051
後ろ側も同じメーカーの宣伝服でした。
デカい写真3連発で失礼。

なお、過去のナナちゃんの衣装をご覧になりたい方は、ナナちゃんコレクションからどうぞ。

ってなわけで、変わりゆく名古屋駅と変わらないナナちゃんレポでした。
万一ナナちゃん撤去なんて日が来てしまったら、絶対駆けつけます(笑)。


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

↑このページのトップヘ