プー太郎"こぐれん"のカリフォルニア生活記 続編

相方のアメリカ赴任についてきた、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。 過去ブログはhttp://koguren4.exblog.jp/

いよいよ、カリフォルニア生活記を閉める日がやってきました。

今回は、エキサイトブログでやっていた前編ブログと合わせ、よく読まれている記事と、ボク的に力作だ!と勝手に思っている記事のおさらいです。


まず、殿堂入りのツートップはこちら

ハーシーのキスチョコ11種類食べ比べ

スターバックスのご当地マグカップ34種一挙公開 ~アメリカとその周辺諸国編~

これはアップされてから時間が経った現在も、最新記事の平均PV以上を叩き出しているので、まとめ的なサイトでリンクを貼って頂いていると思われます。
スタバのマグカップなんて、友人の家に上がり込んで写真撮影したシロモノでして、自分では何も集めていないという(笑)。
素晴らしきネタをくれた友人に感謝です。


古いのに、テーマ的にも地味なのに、案外今でも読まれている記事

Permanent Pressって? アメリカで乾燥機を使うの巻
ウチの乾燥機にPermanent Pressってモードがあって、どうもデリケートな衣類を低温で乾燥してくれるシロモノらしい、と知った時の記事。

CVS pharmacy のカード
CVSってドラッグストアの会員カードを作ったお話。
久々に見ると、今よりだいぶ英語ひどいことがバレバレな記事ですね。

会員カード絡みでは、この記事もお役に立てるかも
セーフウェイSAFEWAYとラッキーLuckyの会員制度とタダの商品
ついでにセルフレジの使い方もどうぞ。


食品関係はいろいろ書きましたが、周囲の疑問にお答えして書いた記事がこちら

日系スーパーに行かないでどうやって暮らすのか 

日々使っている調味料たち ーカリフォルニア現地調達を中心にー

PVも結構伸びましたので、ベイエリアで日系スーパーに行かないって不思議、って思っていらっしゃる方は、案外多かったようです。


比較記事で周囲から殿堂入り評価を頂いたのがこちら

醤油徹底比較@カリフォルニア
冷蔵庫に醤油瓶を細々7本ためるって、我ながらアホな光景でしたね。

TRADER JOE'Sのリンゴ7種食べ比べ
これもまな板いっぱいにリンゴが広がる、アホな光景にお目にかかりました。

特に評判だったわけではないけど、自分的には工夫した(笑)比較記事

コーヒー豆の挽き方、どれにする?
実験しなくても、ネットで調べれば、最適な挽き方がどれかわかったよね、というしょーもないオチです。


人の成功談より、失敗談の方が役に立ったりするよね~(爆)

食洗器が泡地獄
食洗器に普通の手洗い用の食器洗剤入れちゃダメダメよっていうお話。

毒物情報電話サービス@カリフォルニア
塩素系掃除用洗剤が目に入ってパニックした時に相方がかけてくれた、電話相談窓口のお話。
日本語でも対応してもらえるようです。

これが運悪く週末で、眼医者の予約もすぐには取れないので、急ぎで診てもらった病院の話がこちら
予約なしで診察してくれるUrgent Careシステム
歯医者と不妊治療以外で唯一行った病院となりました。


最大の失敗談と言えば、運転免許試験に落ちまくった上に、ポリスに切符切られたことでしょうか。
少々古い話で前編ブログになりますが、運転免許、交通関係のフォルダ内に、全てまとめてあります、ご参照ください。

なお、運転免許の期限の延長に関してトラブった話は
カリフォルニア州運転免許証の更新
にまとめてあります。
ボクの場合、これは更新ではなくて、単なる延長手続きだったらしいです。
記事のコメント欄もご参照ください。


旅行系の記事で殿堂入りしているのがこちら

パソロブレス ~アメリカで温泉&歩いてワイナリー~ 

パソロブレス ~テラスで露天風呂、パソロブレス・イン~

恐らく、いい場所だと話には聞くけど、ガイドにあまり載っていないので、検索かけられてるのかなと。
実際ボクも、行きつけの場所にしたいと思ったほど気に入りました。
他にも行きたい場所がありすぎて、結局1回しか行かなかったけど、また行きたいです。


昨年末から今年の初めにかけて、一大ドライブ旅行をした記事も細々アクセスを頂き続けてますが、特によく読まれているのがこちら

アメリカドライブ旅行 ~ブライスキャニオン国立公園 Bryce Canyon National Park~ 

アメリカドライブ旅行 ~モニュメントバレー Monument Valley~

グランドキャニオンやデスバレーに比べて、情報が少なめだったりするのかな?


サンフランシスコは、いずれのブログでもサンフランシスコフォルダにまとめてありますが、よく読まれていたのがこちらでした

サンフランシスコ ~観光バスツアー3社比較~
まだあまり慣れていない時期に、観光客気分で乗ってみると面白いと思います。


住んでいる皆様から役に立ったとお褒め頂いた、交通機関についての記事がこちら

サムトランスバス SamTrans Bus ガイド編

サムトランスバス SamTrans Bus 使ってみた感想編

バスも使ってみると楽しいもんでしたが、フォスターシティにお住まいの方には不便かも。


ということで、ざざっと駆け足で振り返ってみました。

やっぱり、お役立ち系?は生活に慣れてなかった頃の前編ブログに多めですかね。
続編はつぶやきに移行してたかも(笑)。

今のところ、このブログも前編ブログ同様、このまま残しておくつもりですが、情報は古くなってしまいますのでご了承ください。
あとは、現在進行形および未来のブロガーさんに期待!


最後に、ボクのブログを訪問してくださった皆様、ランキングポチっとしてくださった皆様、コメントを下さった皆様、スクールで声かけて下さった皆様、本当に心より感謝申し上げます。

どうもありがとうございました。

このブログなくして、ボクのカリフォルニア生活は成立しませんでした。
そして、未来につながろうとしています。


予告通り、日本版に移行します。

元・プー太郎"こぐれん"の日本再発掘記

では、またのご訪問、お待ち申し上げております☆


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

前回のブログで、次回まとめ&日本版へ移行しますって予告しちゃいましたが、その前に書かせてください。

同じ時期に帰国した友人と久々に会って(いや、そんなに久々じゃないはずなのだが、日本で会うのが初めてで妙に久々感があった)、その時に聞いた話。

なんと、航空便に入れてたお皿3枚とグラスが割れてたんだって…

マジか…割れるんだ…

ボクの船便でも、棚に少し傷がついたり(しかも中の板にどうやってついたのかって疑問はあるが)、帽子が曲がったりと、多少のことはあったけど、弁済対象になるほどの壊れはなかったんだ。

が、友人のは、完全に割れていたらしい。

しかも、届けてくれた日本側の配送業者に、船便と違って航空便は投げたりするので、割れ物は船便がおススメとか言われたらしい…
ってか、それ、アメリカで梱包する時に言えよ!!って感じだよね。

海外便と、日本の国内便は、取り扱い会社が違うことがほとんど(グループだとしても)なので、両者の齟齬はちょいちょいあるんだろうけど。

友人は、お皿は日本から持って行ったもので、諦めもつくらしいのですが、グラスに関してはアメリカで入手した記念の品だったので、お金もらってもね(泣)ってことだったようです。

ボクもアメリカで説明受けた時に、割れ物を船便になんて言われなかったし、業者によっても違うかもだし、一概には言えないんだけど、もしかしたら船便の方が安全?なのかも。

友人の荷物は、業者の梱包もちょっと緩かったみたいで、開封している時に、よくぞ壊れなかったと思うような箱もあったそうな。
複数枚重ねてあるお皿とお皿の間が、特に梱包が甘いなって感じたそうです。

そんなの聞いちゃうと、自分で梱包した方が安全って思うけど、でも、本来だったらプロの方がツボを心得ているはずだし…
自分で梱包して壊れたら保証対象にならない場合もあるらしいし、悩ましいところ。

ボクのも、日本で一般的なプチプチの緩衝材を一切使わず、全部薄い紙で包んでたので不安はありましたが、ぎっちり詰められていたし、紙もかなりの量使われていたので、むしろ開封作業が大変でした。

業者依存なのか、包んだ人依存なのか、運送ルートでの運不運依存なのかわかりませんが、引っ越し荷物に関してはある程度の覚悟が必要みたいです。


もひとつ恐ろしい話が、友人の友人がやはり同じ時期に本帰国したそうなのですが、航空便が2箱足りなかったんだって!!
で、船便が2箱多かったんだって…なんじゃそりゃ。
急ぐから航空便にしたのに、意味ないじゃんね。

何となくだけど、アメリカ→日本の方が、日本→アメリカの時より、トラブルが多いような印象です。


ボクの最大の謎は、電動鉛筆削り器が見つかんないよ~ってことです(爆)。

マジ不思議で。

たまにマークシートの試験とかあるからさ、鉛筆ってまだ必要で、それで電動の鉛筆削り器を買ったんよ、アメリカに行く前の話ね。
んで、自分としてはトランクルームに入れたつもりだった。

アメリカで、案外鉛筆を使う機会があって、持ってくりゃよかったな~って思って、一応実家に送った荷物を見てもらったんだけど、そこにはなくて。
ありゃ、トランクルーム入れちゃったか、じゃ仕方ないなって思ってたわけ。

で、今回トランクルームの荷物を回収したけど、入ってない。
実家から回収した荷物にも入ってない。
も一度実家を探してもらったけど、やっぱない。
もちろん、アメリカからの便には入ってない。

んーーー???絶対捨てるわけない、必要だったんだから。
どこいったんだ??

でも、段ボール一箱ごとなくなるならともかく、鉛筆削り器一個だけなんてなくなるわけないじゃん。
そんなもん、開封して業者が出すわけないし、出しても盗むメリット皆無でしょ。

いんや、謎です、謎過ぎる。
ってか、鉛筆削り必要なんだけど…今更買う気にならんのだが。


そんなこんなで、引っ越し荷物にまつわるトラブルあれこれを、割り込みで書かせてもらいました。

アメリカで割れ物を記念に購入予定の皆様は、梱包や便の選択、評価額をきっちり書くといった対策をされた方がよいかと。
あと、まさかの紛失や遅れに備えて、日本でどーしても急ぎでいるものは、なるべく手持ちにされた方が無難かも。
って、全部持てないけど急ぎだから、航空便にするんじゃん!って話なんで、意味ないのですが…

健闘を祈ります☆


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

ボクは船便オンリーだったこともあって、食料品を含めおみやげやら買いだめやらはほとんどせずに帰ってきちゃいました。

その方があっさり次の生活に移れるし~みたいな、センチメンタルな割に妙にあっさりしたところがある輩なのですが、本帰国直前に頂いた選別の品々を見ていたら、やっぱり生活のあれこれを思い出して懐かしくなりましたね…

自分じゃ買わないカレッジグッズとか
WP_20180415_011
未だになぜサンマテオカレッジがブルドッグだったのかは謎ですが
WP_20180415_008
別にボクはブルドッグ♡ラブはしてませんけど(笑)。
ちょうどアダルトスクールから、カレッジに生徒を送り出すぞ~の流れに乗っかれてラッキーだったと思ってます。
流れがない中で、自分で調べてたどり着くのは難しかったと思うので。

アメリカでもこんなオシャレな包装してくれたりするんだな~とか
WP_20180415_013
これも自分じゃ買わないカリフォルニアみやげ、貰うと嬉しい
WP_20180415_014
そういえば、返品前提みたいなギフトレシートなる文化があるのを知って驚いたりもしたっけ。

ミエッテって、サンフランシスコのフェリービルディング内にある人気クッキー屋さんだけど、こんなのも出してるんだ
WP_20180415_070
がーっつり甘かったけど、引っ越しとかでヘロヘロの時はうんまかった。

以前スターバックスのご当地マグカップ34種スターバックスのご当地マグカップ追加9種の記事で、友人のマグカップコレクションを取材させてもらいましたが、最後自分がサンフランシスコマグを頂くことになろうとは
WP_20180415_072
ゴールデンゲートブリッジ、懐かしいね、また行くだろうけど。

さらに、多分ボクがアメリカで一番行ったであろうピーツコーヒーのマグも記念にと頂きました
WP_20180624_002
味のあるコースターもあったのね、存在さえ知りませんでした。
ピーツコーヒーは、スタバみたいにご当地マグを大量展開しているわけではないらしく、一つの店舗に複数置いてあります。
頂いたバークレーとサンフランシスコ以外にも
WP_20180416_023
カリフォルニアはともかく、ワシントンD.C.なんて東海岸ですが、普通に近所のピーツコーヒーに置いてありました(笑)。

ピーツのマグは、日本帰ってきてから改めて持ってみると、かなりデカいです。
向こうで飲んでたコーヒーの量が、いかに多かったのかってことを再確認。
滅多なことで倒れなさそうな安定感があるので、ヘビーに使っても大丈夫そう。

以前TCHOの板チョコも記事にしたことがありましたが、ホールフーズWHOLE FOODSに並んでいなかったフレーバーを頂いたり
WP_20180416_013
これはすごくオレンジが香りました、オレンジとチョコって合うよね。
トフィーの影がちょっと薄くなっちゃってたけど。

ミントチップジェラート
WP_20180311_069
チョコは緑じゃなかった(笑)。
そんなにきつくはなかったけど、味は確かにミントでした。
ナッツみたいに見えるのが入ってるけど
WP_20180311_071
ナッツじゃなくて、スカッとした溶けちゃう何か、ミントのフリーズドライみたいなのが入ってた。
他にも頂きましたが、見たことあるかも、っておやつは速攻食べちゃったり(笑)。
いろいろありがとうございました☆


カリフォルニアに住んでみて感じたこと、その時々でいろいろ書いてきたと思います。
書いた時はそう思ったけど、今は…?みたいなこともあると思うけど(笑)。

カリフォルニアとは何ら関係ないんだけど、最後の頃、妙に腑に落ちたことがあります。

ボクの感触としては、生活していく中で徐々に腑に落ちてきたことが、不妊治療で一気に言語化された、という方がしっくりくるかな。

それは、前から書いてますが

「人生に、たらればはない」

この一言に尽きます。
〇〇だったら、〇〇してれば、は、人生にはないのです。
その時できなかったことも含めて、自分の人生だと受け入れるしかないんだなと。


以前から字面的には、そうなんだなって思ってました。
もう過去の自分を責めても仕方ない、その時はできなかった。
その事実を、受け入れるしかないって。

でも、そう思うことを、許せなかった。
それって逃げじゃん、できなかった過去の自分を受け入れて甘やかすから、結局同じことを繰り返すんじゃんって。

それに何より、そりゃー〇〇だったら、〇〇してれば、今はもっといい人生だったのに、って思うから後悔するんじゃん。
その時できなかった自分に、バカアホとっととやれや!って言いたいのが本音じゃんって。


正直ボクは、いや、ボクだけじゃなくて性格的にそーゆー人は一定数いるんじゃないかと期待?してるんだけど、後悔してることが山ほどあるわけ。
あの時勉強してれば、あの時生活を整えてれば、あの時ケガしなければ、あの時あの病気を防げてたら、あの時もっと頑張れてれば、あの時…

若い頃は「一生の後悔」を、命がいくつあっても足りんやんけってくらいしました。

さすがに年とともに、だんだん後悔するパワーも落ちてきたけど、そういう自分も嫌だった。
それに、若い頃の後悔って、案外強烈なまま残ってて。


カリフォルニアに住んで、日本で普通に予想された人生を送っていたら、絶対に出会わない人と出会い、経験できないことをして、思いもしなかったブログを始めて。

そこに行きついた経緯を振り返ると、あの時あれがなかったら…と、自分が望む通り、悪いことが起こっていなかったら、このカリフォルニアはないな、ここでの出会いもないなってことに、リアルに気付いたのです。

十年以上も前の布石に気付くこともあった、あ、ここにつながった?とか。

別にボクは努力しなくていいとか思ってるわけじゃないし、後悔じゃなくて反省はした方がいい場合もいっぱいあると思うけど、でも、どんな出来事も未来につながってて、なかったことにはできないんだなと。

しかも、何が幸せになるかわからないってやつです、ホントに、悪い布石が何に化けるかわかったもんじゃない。

日本にいた頃からなんとなく思っていたことが、ずっどーんと腹に落ちた気がしてます、カリフォルニアで。

とはいっても、やっぱり今でも後悔するし、自分の嫌いなとこもいっぱいあって、なんか螺旋階段をぐーるぐーる、上ってんのか降りてんのかわからん、ってのが実感かもしれません。


人はいろんなところで、その人なりの何かに気付く時期ってのがあると思います。
結婚だったり、出産だったり、転職だったり、もっとネガティブなきっかけだったり。
ボクの場合はたまたまカリフォルニア生活でヤマが来たような気がしています。

環境を変えたら人生や性格が変わるとは思ってませんが、環境が変わることで、見方や考え方が影響を受けることはあると思う。


とはいっても、駐在に同行するってのは、デメリットもあります。
恐らく仕事を犠牲にしている人が多いと思うし、例え日本で再び働けても、空白期間はマイナスでしかありません。
会社や職種によってプラスになる方もいるかもしれませんが、日本ではプラスになることの方がまだ少ないのでは。

出産や子育て、あるいは介護の問題もあるでしょう。

あと、アメリカ生活を楽しめる人ばかりではないと思う。
これは能力の問題ではなくて、性格、向き不向きだとボクは思ってます。
かくいうボクも、特に前半戦は、嫌で不可解でたまらない、書かなきゃやってらんねーってブログ書きまくってた面もあるんです、信じられない?かもですが。


別に、誰かに何かを勧めているわけではないです、ただただ、ボクのつぶやきです。
最後までそんなのにつき合わせるなって?!へい、すんません。

次回、記事の振り返りと、日本版への移行のお知らせをして、このブログを閉めたいと思います☆


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

このページのトップヘ