プー太郎"こぐれん"のカリフォルニア生活記 続編

相方のアメリカ赴任についてきた、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。 過去ブログはhttp://koguren4.exblog.jp/

カリフォルニアの州都ってどこでしょう?

サンフランシスコ?ロサンゼルス?

じゃなくて、タイトルの通り、サクラメントなんです、どこそれ?って方も多いのでは。

まぁ日本にいたって、静岡の県庁所在地が浜松だと思ってたりするので(←ボクだけ?ごめんなさい、静岡市民の皆様)、カリフォルニアの州都なんて知ったこっちゃない。

と思ってましたが、見どころもあるみたいなので、ちょっと頑張って行ってみました、ウチから北に2~3時間ほど疾走。
…の予定が、出かけたのも遅く、渋滞にも巻き込まれ、着くころには夕方に(笑)。

そう、初めてベイブリッジを渡りました。
WP_20170609_010
サンフランシスコ側から渡る時は、残念ながら下の階、サンフランシスコに入る側は上の階を走れるようです。
とはいえ、しばらく行くと青空のもとに出ます。
WP_20170609_014
イーストベイ側に渡ってからもひたすら疾走し
WP_20170609_018
ナパの手前辺りで、通行料を取られる橋に出会い
WP_20170609_021
一路北へ
WP_20170609_028
この景色を見て納得しました、サクラメント産のコシヒカリがたくさんあるのもわかるなって。
(関連記事:お米事情@カリフォルニア

そんなこんなでやっと着き、午後5時まであいている州会議事堂になんとか滑り込みました。
WP_20170609_034
実はこれ、正面から見て、向かって左手側から撮った写真。
大きなパブリックパーキングのストラクチャーが、道路を挟んで左手側にあったのです。

改めて正面から撮りなおしたらこんな感じ。
WP_20170609_115
目の前が工事中でした。

正面の脇にある通路から、手荷物検査を経て中に入ります、タダです。
トラベルサイトの口コミで、職員が親切だって記述を複数見たのですが、確かにフレンドリーで丁寧でした、アメリカのパブリックワーカーとは思えん(失礼!)。

中は結構立派で
WP_20170609_037
かつての執務室なんかも見ることができます
WP_20170609_042
WP_20170609_044
知事のオフィス
WP_20170609_089
知事のプライベートオフィス
WP_20170609_086
秘書室
WP_20170609_081
その他にもギャラリーっぽくなってる部屋もあって
WP_20170609_083
WP_20170609_039
WP_20170609_041
こんなに見学に回している部屋があって、どこで仕事してんだろうって感じ。


ドーム部分は吹き抜けになっていて
WP_20170609_050
真ん中には像がありました。
WP_20170609_048
上から見ると
WP_20170609_051
このドーム部分を境に、見学部分とオフィス部分と別れてるみたいな感じでした。
明確に立ち入り禁止とかにはなってないんだけど、足を踏み入れると、あ、ちょっと違う、みたいな。

階段を上っていく途中や、廊下のあちこちに、歴代の州知事の肖像画が掛けてあります。
一番上まで来たら
WP_20170609_111
ん?あの奥の人
WP_20170609_054
廊下が狭くて正面から入りきらないのですが
WP_20170609_110
日本でも多分有名なカリフォルニア州知事、シュワちゃんですね~

他の人は金の額縁に名前が刻まれてて、膝辺りまで描かれているんだけど、彼だけは上半身、額縁ナシの名前ナシ、ひときわ目立っていました。
個人で雇って描かせたとかなのかな。

実はこの方もカリフォルニア州知事だったことがあります。
WP_20170609_052
レーガン元大統領。
この方はのちほどまた登場します。

この日は州議会の本会議場も見学できました(平日夕方でした、そのせいかはわかりませんが)。

赤を基調とした上院
WP_20170609_064
右手上に見えているのは、ワシントンの肖像画。
1人1人の机の上にはパソコンが。
WP_20170609_063
WP_20170609_065
傍聴席部分から見学できます
WP_20170609_061
すっごい静かだし、人も少なくて、監視係?の人とやたら目が合ってしまいました…
WP_20170609_058
日本の国会議事堂と似てるかもしれません、うろ覚えですが。

一方、緑と白が基調の下院
WP_20170609_067
基本的な造りは同じですが
WP_20170609_066
若干縦長な気がするのは気のせいだろうか
WP_20170609_072
こちらも傍聴席部分から見学ができます。
WP_20170609_073
こっちの方が身近な、モダンな感じがしました。


さて、主な見どころは終わりかな…と思ったのですが、いや、待て、ワキさんのブログ記事ドライブtoサクラメント その7 州会議事堂へによると、レーガン大統領の銅像がある、ハズ(貴重な情報ありがとうございます)。

というわけで、知らなければ降りないであろう地下に迷い込むと
WP_20170609_090
職員の食堂か休憩室と思しきところがあって、さらに奥に
WP_20170609_092
ジャーン、いました
WP_20170609_091
部屋の真ん中にどーんと
WP_20170609_095
ちょっと引いてみると、おもしろい格好してるよね。

やれやれ、結構時間押してましたが、なんとか全体を見て回れました。
1階の出口につながる廊下には、各カウンティ(群)のパネルがずらり
WP_20170609_097
両脇、十字路越えてさらにありました、一体いくつあるんじゃい?
まぁ同じくらいの大きさの日本に47つも都道府県があるんだから、同じか。

我らがサンマテオカウンティは
WP_20170609_098
なんか、観光じゃないんだね、って感じ。
industryがオラクル本社になってます。

サンフランシスコ
WP_20170609_100
ブリッジを中心に観光名所がずらり。

シエラネバダ山脈のシエラ群
WP_20170609_103
見ての通り。

ロサンゼルス
WP_20170609_102
はぁ、よくわかりません。

カリフォルニア州としては
WP_20170609_104
こんな感じみたいですよ。
そう、中央下のクマちゃんが、州旗にもなっている象徴的なクマちゃんです。
WP_20170609_106
WP_20170609_108
というわけで、さすがはカリフォルニアの州会議事堂、なかなか見ごたえありました。

サンフランシスコからだとちょっと遠い上に行きづらいので、日本からお越しの際に足を延ばすのは難しいかもしれませんが、お住まいであればおススメです。
California State Capitol Museum:平日8時~5時、週末9時~5時)

この裏が公園になっていたので、そちらの散策レポはまた次回。


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

以前、花形のズッキーニ、だとボクが思っていた、正確には夏季限定かぼちゃのレポをしましたが
(関連記事:夏のかぼちゃ?Summer Squash )
その時買いそびれた丸形が入荷されてたので、ついでにいろいろ買ってきました。
WP_20170619_003
一番左は、比較のために買った正真正銘のズッキーニ、残りはすべてかぼちゃくくりです。
確かに、丸形はかぼちゃに見えなくもない。
ズッキーニも旬なのか、普段より立派です。

ちなみに、左から3つ目のお尻の先まで黄色ちゃんは、年中売ってます。

こうやって並べてみると、ズッキーニはしゅっとしててきゅうりの仲間な感じがしますが、カボチャの方は確かにひょうたんっぽい形してます。


ひとつずつ切ってみます。
ズッキーニから
WP_20170619_013
こうしてみると独特だね、きゅうりとも、なすともちょっと違う。
一応これ基準値?ということで。

となりのまだら色の
WP_20170619_016
さほど変わりません。

お尻の先まで黄色いの
WP_20170619_012
やっぱ似てるね、種が多めかな。

お尻の先だけ緑なの
WP_20170619_010
黄色いのと変わらないね(笑)。
この緑部分って、光を当てないようにしてわざと作ったとか、そんな感じ?
色の変わり目が直線だし、中はなんら影響してないし。

丸形行きます、濃い緑のズッキーニっぽい方
WP_20170619_008
ちょうど種の境目の薄膜?みたいなのに当たったっぽいけど、まぁ似てるか。

白っぽい方
WP_20170619_006
同じだね。

んじゃ、また同時に加熱。
WP_20170619_020
蒸すとすぐ火が通っちゃうんだよね。
一応、並び順だけ合わせてあります、最初の写真と。

で、基準値のズッキーニから食べてみる。
なんか、これが普段より甘いし、心なしかかぼちゃっぽい味するよ(笑)。
そもそもズッキーニも、ウリ科カボチャ属らしい。

まだら模様のは、やや甘みは少ないものの、味の系統はズッキーニと同じ。

全黄色は、甘みが強め、カボチャの方向性にシフトしてきた感じ。

お尻だけ緑は、やや水分が少なくて、味の方向性としてはズッキーニ方向に少し戻る感じで、甘みも抑えめ。

緑の丸いのは、特に柔らかくて崩れちゃう感じ、食感が若干もそっとしてて、かぼちゃ方向にシフト、だけど甘みは意外と少なめ。

白っぽい丸いのは、緑の丸いのよりやや甘かったけど、基本同じ。

ここまで食べてきて、最初のズッキーニに戻ると、確かに甘くない。
なので、全体的にかぼちゃに分類されている方が甘みが強いってことは言えそうです。
中でも、通年売っている、全部黄色なかぼちゃが群を抜いて甘かった。

緑のズッキーニと、黄色のかぼちゃ、通年隣同士で売られているこの2つだけを比較したら、少し味の方向性が違うかも。
…という程度です、この6つを明確に料理で使い分けるなんて、ボクにはできません。

ってことで、ズッキーニを6個、一気に切ってしまった状態になっちゃいました(笑)。
今は便利な世の中なので、ズッキーニでレシピ検索したら、いーろいろ出てくるし。

トマトと一緒にチーズ焼き、豚肉と一緒にクリームスープ煮、とやって気付いたのですが、乳製品と意外と合います。
ズッキーニ、シンプルに炒めている方が多いかもしれませんが、乳製品と掛け合わせるレシピもおススメです。

結局ブレンドして、どれがどれだかわからないままに、あっさりなくなりました。
加熱するとやわらかくなるし、たくさん食べられちゃうんだよね。

日本とは一味違った夏の風物詩、ズッキーニの親戚?食べ比べの巻でした。


追記
ウィキペディアのズッキーニによれば、アメリカではズッキーニと近似種をまとめてsummer suashと呼ぶ、と書かれています。
ウチの近辺では、通常の緑のモノはズッキーニと表示されていますが、今回食べ比べたものは、ほぼ同じ品種と考えてよさそうです。


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

ハイプロテインって言った方が、むしろわかりやすい?
WP_20170610_008
普通サイズなのに、牛乳4カップ分入ってるよって、ほんとかいな。
WP_20170610_009
色のイメージがよくわかんないけどバニラ味
WP_20170610_011
バニラビーンズが入っていて、すっごくバニラの香り。
だけど、普通に酸味のあるプレーンヨーグルトの味。
毎回書いてる気がするけど、バニラはプレーンなり。

こっちではたまに見かけるコーヒーフレーバー
WP_20170612_011
ふわっとコーヒーの香りが漂います。
WP_20170620_015
よく見ると、コーヒー豆を砕いたらしきつぶつぶが入ってます。
味はバニラ同様、酸味のある普通のプレーンヨーグルト。
ブルガリアヨーグルトに砂糖とインスタントコーヒーをぶち込んだら再現できそうです。
ボクはさほどマッチしているとは思わないけど。

キーライム
WP_20170609_001
こっちではレモンと同程度に見かけるライム&ライム商品。
WP_20170609_003
パッケージの色に反して中身は真っ白。
香りはすごくライム。
だけど、すごいもわっと感があって、重い。
おまけに水分くれーって気分になる。
甘さはその分?控えめに感じられる。

ブラックチェリー
WP_20170611_042
要はアメリカンチェリー
WP_20170611_044
よくお菓子に入っている、甘ーくなってるチェリーの香りがして、ちと苦手。
酸味は強め。
果肉らしきものが入っているけど、エキス吸い取られてへにょってなってて、何かよくわかんない。

このシリーズ、ボクが見つけられたフレーバーはこの4つだけでした。
どれも、他のメーカーでも出してるフレーバーではあるけれど、ベリー系がやピーチがないのに、チェリーやライムってのはちょっと不思議展開。
そして、容器がデザイナーチックなのもおもしろい。


もひとつ、ハイプロテインシリーズ、こちらは容器が珍しい平行四辺形。

こちらもバニラはありました。
WP_20170615_012
バニラビーンズ
WP_20170615_013
このビーンズは妙に気合入ってて、歯に当たって嚙めるって食感でした、こんなの初めて。
結構酸味があって、やっぱり普通のプレーンヨーグルト。

定番のベリー系、いちご
WP_20170616_018
色しっかりしてんな
WP_20170616_019
色もだけど、匂いもしっかりいちご、絶対なんか使ってるだろ。
なのに、なんか味は薄い。
甘すぎなくていい、ともいえるけど。
もわっともったり感がハイプロテインを感じさせます。

もひとつのベリー、ブルーベリー
WP_20170619_022
一層色がしっかり
WP_20170619_024
こちらは味もしっかり。
普通のヨーグルトな感じで、割と食べやすいかも。

このシリーズでは一番びっくりしたココナッツ
WP_20170617_045
ココナッツフレーバーのヨーグルトは初めてじゃないんだけど
WP_20170617_046
ここのは、ココナッツの千切りの小さいのが、実際に入ってます、結構な量。
開けた瞬間に、かなりココナッツの香りが漂った理由がわかりました。
ヨーグルトはもわっと、ココナッツは口の中でもぞもぞ。
斬新だけど、両者が嚙み合ってるわけじゃなかった、ボク的には。

このシリーズも、この4種類しか見つかりませんでした。
ついでに平行四辺形、食べにくいし容器再利用しにくい。
確かにヨーグルト市場は飽和状態感があるので、目につくようにしたい気持ちはわかるけど。


淡々と書いてきましたが、総合評価

ハイプロテイン、なんかびみょー(笑)。

全体的にもわっとしてたり、要は水切りヨーグルトに近い感じなんだと思う。
それをフレーバーでごまかそうとして、余計ちぐはぐになってるような。
運動後に、プロテインパウダーを水に溶かして飲んでいる、そういうイメージでいくならいいかも。
ちょっとさっぱりしたデザート、のつもりだと、どれもこれも何かが違う…気がします。

落ち着いて考えたら、ボク、ヨーグルトにプロテイン求めてないし(笑)。
じゃ買うなよって?
その時はさ、体によさそうだって思ったんです、はい。
売る側の思うつぼにはまって、プロテイン強化週間の巻でした、筋トレもしてないのに


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。

↑このページのトップヘ