ボクはかれこれ2年ほど前に、アダルトスクールの課外授業で図書館に行った時に図書カードを作り、その時理解した範囲で図書館を使ってました。
その詳細についてはフォスターシティの図書館紹介の記事の中で書いてます。

おおむねこの中の理解、つまりサンマテオカウンティ内の図書館は、ひとつのグループと考えられるので、どこで借りてどこで返しても自由、っていうレベルで、特に困ってはいませんでした。

が、最近、ネット上のサービスを使おうとして、あることを知りました。

San Mateo Public LibraryとSan Mateo County Librariesって、システムが違うのね…

ネット上で、図書カードの番号と暗証番号でログインしようとしたら、そんな番号ないよっ!ていわれちゃって、なんでだ~っていろいろいじってて気づきました。
上記のふたつのシステムは、別々のHPを持っているので、ボクのカードでSan Mateo Public LibaryのHPからはログインできないんです。

ちなみに、詳細はこうなってるらしい。

San Mateo Public Libraryは以下の3館
Main Library(ボクが中央図書館と呼んでいる、3rd avenueにある図書館はこちら)
Hillsdale Library
Marina Library

San Mateo County Librariesは以下の12館
Atherton
Belmont
Brisbane
East Palo Alto
Foster City(前回記事になってる図書館)
Half Moon Bay
Millbrae
Pacifica Sanchez
Pacifica Sharp Park
Portola Valley
San Carlos
Woodside

これ見て、あれ?バーリンゲームBurlingameの図書館がないよ?って思った方もいらっしゃるのでは。
バーリンゲームの図書館は、San Mateo Public Libraryと同じく、独立組織のようです。

じゃあなんでこの独立組織の間で貸し借り自由なのかというと、これらを全部ひっくるめたPeninsula Library Systemってのがあるらしい。

そのシステムに属するのは
San Mateo Public Library
San Mateo County Libraries
Burlingame Public Library
Daly City Library
Menlo Park Library

Redwood City Public Library
San Bruno Library
San Mateo City Library(組織図に出てくるが、どうもSan Mateo Public Libraryのことらしい)
South San Francisco Public Library

これがわかって、ふたつの謎が解けた気がしました。

ひとつは、最初の頃、サンマテオの中央図書館と、フォスターシティの図書館で、貸し出し手続きの画面が微妙に違うのはなんでだろうと思ってたこと。
(ちなみに、今は同じ画面になってます。)

もうひとつは、フォスターシティの図書館の自動返却機で、時々返却を受け付けてくれない本があること。
中に持って行ってカウンターで出せば返却できてしまうので、バーコードが劣化してんのかなとしか思ってませんでした。
今思うと、サンマテオ中央図書館で借りたやつか、どっか別組織から取り寄せたやつが、返却できなかったんじゃないのかなと。

ちなみにサンマテオ中央図書館の返却ボックスは、ただ突っ込むだけでバーコードの読み取りはないので、どこのでも返せてしまいます。
今まで、フォスターシティで借りた本を返したこともあったと思うけど、トラブルになったことはありません。

ってことで、今更知った図書館のシステムについてでした。
といっても、普通に本を借りて返すだけなら、自分の生活圏にある図書館全部オッケーくらいの理解で支障はないと思いますけど…


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。