がっかりなホワイトハウスを後にして、ボクたちはワシントンDCを象徴するという「モール National Mall」と呼ばれるエリアに向かいました、といっても道路はさんですぐだけど。

 

この一帯は巨大緑地みたいになっていて、そこにいろんなモニュメントやら記念碑やらが点在している場所。

 
ホワイトハウスから一番近いのが、多分このワシントン記念塔Washington Monument

WP_20171103_037
って、勇んで真下から撮ったら、なんの写真か全然わからんね。

ちょっと離れて撮った方がよさそうです。

WP_20171103_039
よーく見ると、真ん中よりちょっと下あたりから、石の色が違うでしょ?

これ、南北戦争による資金難で工事が中断したので、変わっちゃったらしい。

 

この記念塔、整理券をゲットして上に上ることもできるらしいのですが

WP_20171103_035
残念ながら
2019年までクローズです。

 

桜の季節に来ると、こんなにきれいらしい、見てみたいね

WP_20171103_041
 
ここがちょうどモールの中央辺り、東を見ると国会議事堂が小さく見えています。

WP_20171103_038
 
議事堂は後で行くので、とりあえず西の端にあるリンカーンを拝みに行きます。

WP_20171103_046
中央の白い建物、遠いな…


手前に噴水があって、その周辺が

WP_20171103_047
第2次世界大戦記念碑National World War Memorialです。

WP_20171103_048
壁のところどころに、当時要職にあった人々の戦争に関わる言葉が彫られていたり、花輪が置かれていたりします

WP_20171103_052
これは
4000個の金色の星で、戦場で亡くなった40万の人々を表わすそうです。

WP_20171103_054
左右に、大西洋戦
Atranticと太平洋戦Pacificの塔があって

WP_20171103_060
塔の下の小さな水辺の周りに、激戦地となった地名が刻まれています。

WP_20171103_057
Pacific
側に、硫黄島、沖縄、日本の文字も刻まれていました。

WP_20171103_055
ちなみにこの塔、下に回り込んでみると

WP_20171103_050
こんな感じで空が見える造りになっています。

 

マッカーサー元帥が、大戦の終結を語った言葉

WP_20171103_056
パールハーバーに関するルーズベルト大統領の言葉

WP_20171103_062
何もできないけど、今の平和に感謝して、噴水に向かって黙とう。

WP_20171103_051
勝ったアメリカだって、この戦争は大変だったんだよな、としみじみ思いました。

 

この辺りは特に子どもたちがいっぱいいました、秋だしね、社会見学か、遠足か。

走るわ列は外れるわで、引率の先生大変そう()
見ていると、アジア
系の比率が極端に低い、黒人か白人かどっちかくらいの勢いです。

やっぱり西海岸はアジア系多いんだなと気づきました。

 

さて、いよいよリンカーンへ、と思ったが、改めて遠いな…
WP_20171103_066
やっと近づいてきた

WP_20171103_067
階段を上って

WP_20171103_069
中入るよ

WP_20171103_070
どーん

WP_20171103_071
世界史の図説で見た、これ多分

WP_20171103_072
一番近くまで行ってみた

WP_20171103_073
ガイドにはリンカーン記念館
Lincoln Memorialって書いてあったけど、この人しかいないんで()

WP_20171103_076
左右の壁には彼の演説が書いてあって、像に正対して左側に当たる壁にあるのが、ゲティスバーグの演説です

WP_20171103_079
下の3行に注目

WP_20171103_080
(前略)
government of the people by the people for the people shall not perish from the earth.

「人民の人民による人民のための政治」という有名な一節が刻まれています。

 

そういえばこれをもじって「生徒の生徒による生徒のための生徒会」という演説をしていた立候補者がいましたね、これちゃんと見に来たのかな~

 

リンカーンがまっすぐ見つめているその先に

WP_20171103_081
ワシントン記念塔があるという位置関係です。

 

ちょっと休憩してから、南西方向に歩きつつ、点在する碑を見て回ります。

続きは明日☆

ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。