バレンタインも近いことですし、スーパーで見かける板チョコ特集。
まずはサンフランシスコのローカルみやげとして名高い?ギラデリの板チョコから。

ベースがダークチョコで、シーソルト&ナッツ
WP_20171030_073
ひとかけらが割と大きめ、ナッツが入ってるのが見えます
WP_20171030_074
ダークと言えどもカカオが濃い!って感じとは違うので、苦みとかクセはあんまないです。
ギラデリの割には甘さ控えめ。
アーモンドが香ばしくて、時々塩が主張する、悪くはないけど、すごくまとまってるって感じでもないかな…

同じくダークチョコでヘーゼルナッツ入り
WP_20171106_001
かけらを裏返すと、結構ごつごつ入ってるのがわかります
WP_20171106_003
ヘーゼルナッツって、よく甘いクリームにもなってたりするじゃん?
やっぱり甘いミルクチョコとかの方が合う気がする。
これみたいにダークチョコと組み合わせちゃうと、ダークにナッツが負けちゃうし、チョコのクセも引き立っちゃう感じがボクはした。

チェリータンゴってネーミングがかわいい
WP_20171110_008
チェリーがしっかり香ります、アーモンドとダークチョコとうまく相まって大人味。
お酒のおつまみにもよさそうな味ですが、甘いチョコが食べたい、って時は方向性が違うかも。

ダークチョコでシーソルトキャラメル
WP_20171128_001
これはやや小さめで厚みがある板チョコで、中にクリームが入ってます
WP_20171128_008
なんか、おいしそうな見た目の割に、ボクはイマイチでした。
チョコとキャラメルソースの両方から酸味を感じてしまい、逆に塩はあんま感じられなかった。
ギラデリのダークチョコは、若干酸味があるような気はしてたけど、ここへきてとても気になってしまいました。
バランスとしては悪くない気がするんだけど。

ミルクチョコでシーソルトアーモンド
WP_20171213_012
あ、ボクの好きな味(笑)、要は甘ければいいのかって話も…
塩気で甘みが余計に引き立つので、やっぱギラデリ甘いなと思う一枚だけど、なんかミルクチョコベースの方が好きなのかもな。

ギラデリはお土産用としては、袋に入って中が個包装になっているこんなのとか
WP_20171115_009
もっと大きくていろんな種類が入っているこんなのとか
WP_20171115_011
が便利かと。
いろんな味が楽しめるのですが、ベースのチョコは同じなので、食べ続けるとなんか飽きる、ってどれもそうか。

要はギラデリに飽きてきたので(笑)、別の種類を買ってみました。
これもよく見かけるシリーズのアーモンド入り
WP_20171101_001
アーモンドはホールレベルでしっかり入ってますが、入り方にむらがあります
WP_20171101_003
とにかくチョコがまったり甘くてクリーミー。
アーモンドがあるからいいけど、純粋にチョコだけだとちょっとくどいかも。
他にもフレーバーがあるんだけど、続けて食べてみる気にならず。

次は包装紙のデザインが封書と切手みたいに見えるシリーズ。
ラズベリーを買ってみた
WP_20171203_008
裏にごつごつ出るほど、フリーズドライのラズベリーがしっかり入ってます。
WP_20171203_002
フリーズドライってのも珍しいと思うんだけど、かなり酸味が強めで、好みが分かれるかもなって感じ。
ボクはあんまり好きじゃないかも。
55%チョコの割には、ダーク目に感じます。

珍しそうなところでプレッツェル
WP_20171205_008
正直、割りにくく、食べにくい
WP_20171205_007
プレッツェル部分はしょっぱいので、ポテトチップスのチョコがけを想像してもらえればいいかと。
ただ、塩が粒々で効きすぎなほど舌に残るので、チョコとの一体感があまりないかも。
33%チョコなので、甘くなった上に、何となくチョコの質も下がったような気がしたのは残念。

塩アーモンドバター
WP_20171207_008
なんかひとかけらが他のより大きいと思ったら、中にアーモンドバターが入ってました
WP_20171207_013
なんかアーモンドバターがチョコに負けてしまっててよくわからず。
バター部分だけ舐めてみれば、確かに塩気のあるナッツ系のバターではあるけど、チョコとの分量比が悪いのかな。
全体としてもなんだかおいしくない印象。

77%カカオのシンプルなダークチョコ
WP_20171210_011
あ、これはちとガッカリ、なんか酸味が気になるし、カカオの質がいい感じがしませんでした。

このシリーズは、フレーバーの入ってないシンプルな板チョコだけでも
WP_20171207_001
細かくパーセンテージ別に4段階あるし、フレーバー系はもっとたくさんあるんだけど、4種類食べたところでヒットに恵まれず退散。

お次はフレーバーのネーミングが目を引くこちらのシリーズ
WP_20171221_022
ブラウンバターって珍しくない?
WP_20171222_003
これ、ブラウンバターなのかわからないけど苦みがあるし、酸味も感じられてクセがある。
正直、塩入のブラックチョコって感じした。
酒とは合うかもしれないな、なんて。

キヌアも他で見たことないけど
WP_20171223_037
なんかパフみたいなの入っててイメージと違った
WP_20171223_038
食べてみても、クランチチョコの食感でした、キヌアってナッツの一種だと思うんだけど。
これだと甘めのチョコの方が合いそうだけど、カカオ60%の割には甘くなく、香りもさほどしないのでイマイチ。

このシリーズの箱の裏には
WP_20171223_035
こだわりのアピールポイントがびっしり書いてありました。

最後、種類はまた変わりましてこちら
WP_20180106_011
この包装紙さ、買う気になる?
実はセーフウェイのタダであげるよクーポンが来たからもらったけど、自分じゃ買わないだろうな~。
しかもこのシリーズ、カカオ分が異なるダークチョコ2種類しかないの。
味は悪くはないけど、厚みがあって割りにくいし、買う理由はないかな。

とまあいろいろ食べてみたけど、ちょっといい板チョコほど、全体的にクセというかなんというか…があって、毎日食べてると飽きが来る←食いすぎじゃ!

ハーシーとかしっかり甘いジャンク方向と、チョコレートショップで売ってるような高級カカオ香るチョコ、この中間に位置するスーパーにあるちょっと高めのチョコって、案外難しいポジションなのかも。

振り返ると、ギラデリは案外、どのフレーバーでも万人受けするように出来ていた気もします。
後から食べた他のシリーズの方が強烈だったので…
お土産で名を馳せるだけのことはあるのかもしれません。

日本より圧倒的にフレーバーが多いと思われる、アメリカの板チョコいろいろでした☆


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。