これがボクの治療の大きな転機となるのですが、サンノゼに鍼治療に通い始めました。
WP_20180407_001
Asao Acupuncture
HPはこちらですが、なぜか目的のページに飛べなかったりすることが多いので、こちらのページを参考に電話かけてもらうといいかも。
びびなびとかにも載ってました、以前クパチーノにあって移転したみたいなので、クパチーノの住所が載っているページもあります。

浅尾先生という、もう長らくアメリカにお住まいの日本人の先生です。
最初の予約は電話で、施術中は留守電になってたりするので、以後ショートメッセージとかでもやり取りしてくれました。

ここに行って、今までの経緯を話した時に、衝撃の事実を聞いたのです。

UCSFは通訳がつくはずですよ!

なんでも、かなりの言語数取り揃えているらしく、日本語もちろんあります。

これはボクにとって、かなりかなり衝撃の事実でした。
後から知りますが、ベイエリアの大きな病院、UCSFのみならず、他にも候補として挙げたスタンフォードメディシンとか、カイザーとかは、軒並み医療通訳がつくのだそうです。

このブログをお読みの皆様の中にも、え?こぐれんさん、そのこと知らなかったの??
って思った方もいらっしゃるのでは。
そのくらい、メジャーなことらしいのです。

さすがにちょっとショックでしたね、それなりにベイエリアでお知り合いもできて、ボクまだ子ども諦めてないんだ~なんて割とオープンにしてたのに、この情報にこの時までたどり着かなったなんて…

おもしろいもんで、この情報が入ってきたとたんに、ネットで通訳付きで治療受けたって話を見たり、友人の友人が不妊治療受けてるって教えてもらったり、ドドドっと情報が集まりだした(笑)。

ま、人生ってそんなもんなのかも、ショックだったけど、これがボクのタイミングだったと受け入れるしかないのです。


ボクは鍼治療ってちょっと抵抗あったのね。
もともとマッサージ派(そんな派閥あるのか知らんが)で、鍼って痛そうだしちょっと…って感じで。
浅尾先生を最初に見つけてきたのも相方なんだよね、不妊治療もやってるって書いてあるよって。
WP_20180127_001
結局、UCSFの説明会以降なんの動きも取れず、来春の本帰国がちらつき始めたので、何でもいいからと行ってみることにしたのです。


最近鍼治療は不妊治療の成功率を上げると注目を集めているみたいで、浅尾先生もかなり不妊治療の患者さんをお持ちのようでした。
それで、病院についての情報も教えて頂けたし、先生の明るい性格もあって、ボクは半分カウンセリング受けてるようなもんでしたね(笑)。
病院を探した記事のラストに書いた追加情報は、浅尾先生に教えて頂いたものです。

鍼治療がどうかとか、先生と合う合わないとかってのは個人差があるので、ご興味のある方は一度ご自身で行かれてみて、判断されるとよいと思います。
ウチは相方も一緒に行って、鍼でかなりラクになるとかで、今も通ってる(笑)。
不妊治療で行かれる方も、ご夫婦で行かれるとよいと思います、土曜日やってるので。

鍼治療は基本的に保険対象なので、お持ちの保険によって条件は変わりますが、なんらかのカバーがあると思います。
ウチの場合は1000ドル自腹で越えた辺りから安くなりました。

あと、漢方薬も出してくださいます。
漢方の茶色い粉が苦手な方は、カプセルのとかもありました。

ウチからサンノゼは近くはなくて、順調に渋滞なしで40分はかかるのですが、毎週土曜日ここに通うのは楽しかった。
先生に会えるのもそうだし、途中のUS101の景色もあと半年か~みたいな思いもあったかも
WP_20171110_005
帰り道に虹が出た日があったね、なんか今この光景見ると、ちょっと涙出そうになる…
あの頃幸せだったな、楽しかった。
子ども授かりそうな、そんな気したもん。

あ、ごめん、気を取り直して前に進まなきゃね。

ボクたちは鍼治療をやった後は、特に通い始めの頃はどどっと疲れて、帰ってきて昼寝して撃沈してることが多かった。
一度だけ、浅尾先生の近くのベトナム料理屋さんでご飯食べて帰ってきたことがあったっけ
WP_20180127_004
Pho Lynn
WP_20180127_005
なんか土曜のお昼時なのに心配になるほど空いてましたが、フォーは無難においしかったよ
WP_20180127_009
この生のもやしと辛そうな唐辛子を入れるのが最後まで抵抗あったけど
WP_20180127_010
春巻きを頼んだら不思議なモノが出て来て
WP_20180127_007
中身もミミガーみたいなのと野菜でした、食べ応えあった
WP_20180127_008
ただ、この近辺、若干ですが治安が落ちる匂いがしました…
浅尾先生のあるエリアは問題ないのですが、ちょっと外れに行ってごはん食べたりするときは、気を付けた方がいいエリアもあるかもです。

ボクたちは行かずじまいでしたが、近くには有名な大型ショッピングセンターもあるので、元気があればついでにお買い物して帰ってくるのもいいと思います。

そんなこんなで鍼治療をきっかけに、遂にUCSFに乗り込むことになるのでした☆


ご覧いただきありがとうございます、コメントお気軽にどうぞ!


にほんブログ村 


カリフォルニア州ランキング

ランキング参加中☆当ブログはリンクフリーです。