2011年06月10日

告白

本昨日「告白」を読んだ。

ちょっと古い本だけど縁があったんでしょ、先週回ってきたのだ

さすがは”本屋大賞受賞作”ってことで、読み始めたらあっという間!

賞味半日くらいで読み切った。

すこすこ読めるということは面白いと言っていいでしょう。
日頃からそんなに本を読むほうではないと思うけど、それでも数冊は読むから、そんな中でもスピード感は抜群に速かった

帯内容は省略しますが、帯にも書いてある通り2010年の夏に映画化されていたらしい。

松たか子、木村佳乃、岡田将生の3人の顔写真が付いている。

岡田ナントカは知らない人だけど・・・


察するに、先生役は松たか子だな。
これは決まりだろ。

木村佳乃はお母さん役だろうな〜、岡田将生というのは幾つくらいの人なんだろう???中学生のお話だから少年Aではないだろう。とするとウェルテルか・・・。

な〜んて考えていたら、映画版も観たくなったので早速出かけた帰りにTSUTAYAに寄ってレンタル

映画ヨッシャー 全員正解 

ってもともと登場人物凄い少ないんだよね、これ
1つの事件をジワジワと膨らませているから話もカンタン。

松たか子ははまり役でしょう。キレイなんだけどジミ〜な垢抜けない先生役、陰気な感じもしっかり出ていてオッケー

木村佳乃も順当、この人今やってるドラマもそうだけどいっつもいいところの奥さん役だね

岡田将生サンは始めはちょっと軽いな〜という印象だったけど、ミヅホ(美月)に相当アホに見られてるお調子モノの感じはよく出てたかな

ってことで原作を損なわない、まずまずの作品でした。



先に本を読んで、その後から映画を観るパターン、あとは知ってるアニメの実写版化ってキャストがすごーく重要だけど、最近読んだこの本↓↓↓


神様のカルテ「神様のカルテ」も今度映画化するらしい。

そこでだ。ハルさんの宮(ザキ、ちゃんと変換)あおいは雰囲気はアタリかも、ちょっと若すぎてん〜〜〜という気もしなくもないが期待しておく。

しかーし、一止役が櫻井翔というのが、どーも・・・

もう少し年も上目で落ち着いた感じの人がいいな〜と、だってジャニーズの櫻井クンと宮あおいでは、若者の青春映画になってしまいそうで。。。

と言っても仕方ナシ

周りを固めるタツを始めとする先生方、東西主任、男爵、学士や屋久杉クンのキャスティングが楽しみだわい



”男爵”と言われると髭男爵しか出てこない、、、そんなことアルカ〜イ


kohana0 at 12:14│Comments(0)TrackBack(0) ちょっとシリーズ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔