2009年09月03日

六畳暮らし

僧「先生。あの少年は入門者でもないのに、なぜここに?」
老師「わしが村から連れて来たのだ。あのように体が不自由なうえに口もきけず、心無い者に虐められておったのでな」
僧「生まれながらに、大きな不幸を背負っているのですね」
老師「なぜ不幸だと思うのだ?あの子には雀や子羊や、優しい仲間が大勢おる。あの子は物の言えぬ口と、ねじれた手足を持って生まれた。しかし自然は、生き物と心を通わせ合うという素晴らしい力を与えた。それは富や名声よりも、王侯貴族となるよりも遥かに素晴らしいことではないか」


僕の当時の生活は・・・。
バイトは日給五千円。
貯金などない。もちろん仕送りもない。
学生時代は、ある家に間借りしていたのだが、そこを引っ越して古いアパートに入っていた。
生まれて初めての、完璧なる一人暮らしというわけだ。
そこは六畳一間。ちっぽけな台所付き。
当然、風呂無し。
そしてトイレと電話が共同。
いやはやの、床ミシミシ安アパートだった。
それでもそれなりに貧乏暮らしをどこか楽しんでいたのだから、呑気なものだ。
銭湯とコインランドリーの生活。
テレビとビデオデッキの独身バイト暮らし。
それ自体の苦しさや飢餓感などは、今も思い出せない。
仕事に追われ、仕事を追いかけ、ただただ忙しく、馬鹿のような自分なりの充実感・・・そんなものがあったような、若輩の日々・・・。
編集部のテレビでもっぱらウケていたのが、「スケバン刑事」。
僕は帰宅途中、駅のガードの辺に張られていた映画のポスターが妙に忘れられない。
「ブラックレイン」。
松田優作はまだ生きていた。
それから少しして、いきなり死んだ・・・。




kohe000 at 14:39│Comments(0)TrackBack(0) 孤独 | 二十代

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字