2014年09月21日

アシックス リーサルスナイパー3 SK 















asics LETHAL SNIPER III SK (リーサルスナイパー3 SK)

(レッド×ホワイト×ブラック×フラッシュイエロー)

Hola!
Como esta?

今回は アシックス リーサルスナイパー3 SK についての考察です。


アシックス リーサルスナイパー3 SK 













90分間プレスし続けることのできる「運動量・走力」と、
ギリギリの場面でも競り勝つことのできる「球際の強さ」をコンセプトに開発されたスパイクが
asicsリーサルスナイパーです。

そして、「リーサルスナイパー」シリーズの3代目モデルでは、
新たに「パワー&コントロールゾーン」を搭載することで、
後方からパスを供給し攻撃の起点となる機能性が追求されているのがポイントです。

今回考察するのはアッパーの素材に人工皮革(EX-SKIN)を採用した
ミドルモデルの「リーサルスナイパー3SK」です。

定価¥12,420円。

パワー&コントロールゾーン、「HG10mm」構造、スナイパースタッドなど
リーサルスナイパー3の主要機能は搭載しつつ、
ストレッチフィットタンは省き、アッパーの素材がEX-SKINとなっているのが
ミドルモデルです。


それではリーサルスナイパー3 SKの性能を見ていきます。


アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アッパーの素材には
EX-SKIN (イーエックススキン)人工皮革が採用されています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













TEIJIN CORDLEY(帝人コードレ)と、
アシックスが共同開発した人工皮革が「EX-SKIN」です。

アッパーの耐久性、耐水性はもとろんのこと、
革の柔らかさも追求されている人工皮革素材です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













3代目モデルのEX-SKINには、
独自のエンボスラインが配置されており、
アッパーの柔軟性向上が図られています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 












アッパーの指で押さえてみても
十分なソフトさを感じることができます。 

人工皮革にしては結構柔らかめの感触。 流石のEX-SKINです。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アッパー中後足部の素材には
エナメル質の人工皮革が採用されています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アシックス リーサルスナイパー3 SK 













リーサルスナイパー3SKのラスト(靴型)についてです。

アシックスの「レギュラーラスト」採用です。

日本人の足型を徹底的に測定し、
その標準的な足型をもとに設計したラストです。

レギュラーラストなので靴幅は標準的な幅(E程度)で、
甲の高さも標準的な高さです。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アッパー甲部には「パワー&コントロールゾーン」パネル搭載です。


アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アシックス リーサルスナイパー3 SK 













六角形状にレイアウトされた多数の樹脂パネルが
ボールを的確に捉え、正確なボール供給をサポートします。




アシックス リーサルスナイパー3 SK 













シューレースはややオフセンター寄りの配置です。

シュータンは、人工皮革素材の「ショートタン」を採用しています。
ミドルモデルには「ストレッチフィットタン」は採用されていません。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













リーサルスナイパー3SKの「パワー&コントロールゾーン」パネルと、
アディパワープレデターの「プレデターラバー」を比較してみると、

採用面積の広さではアディパワープレデターに軍配が上がりますが、
パネルの厚みでは「リーサルスナイパー3SK」に軍配が上がります。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 












リーサルスナイパー3SKの「パワー&コントロールゾーン」パネルと、
トータル90レーザー2の「TPUパーツ」を比較してみると、

パネルの採用面積ではT90レーザー2に軍配が上がります。
パネルの厚みは同じぐらいです。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 














アシックス リーサルスナイパー3 SK 













ヒール部分の外側には、
人工皮革素材が採用されており、
内部にヒールカップが内蔵されている設計です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













そして、ヒール部分には
リーサルスナイパーシリーズの特長でもある
「HG10mm」構造が採用されています。

カカト部にsolyteミッドソールを搭載したことによって、
前足部よりもカカト部分が10mm高くなっている独特のヒールアップ構造です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













ちなみに、Solyte(ソライト)ミッドソールは、
EVAミッドソールと同等の衝撃吸収性を備えつつ、
EVAよりも軽量な素材です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













カカト部が10mm高くなっているヒールアップ構造と、
Solyteミッドソールが相まることで

膝への衝撃を軽減すると同時に、
太腿二頭筋(太ももの裏側にある縦に伸びる筋肉群)への負担を
やわらげることを可能にしています。

ヒールアップさせた「HG10mm構造」が
”プレスし続ける運動量”を足元からサポートしてくれる寸法です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













ヒール部分内側のヒールライニングには、
人工皮革素材を採用しています。

シンプルなヒールライニング設計です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 















中底は、フルレングスのシンプルな中底を採用しています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













インソールもシンプルなインソール採用です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













アウトソールは、土グラウンド・天然芝・人工芝対応のソールです。

アウトソールの素材には、
軽量の合成樹脂「Solyte Polymer」(ソライトポリマー)を採用し、
スパイクの軽量性を追求しています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













さらに、リーサルスナイパーシリーズのアウトソールは
優れたソール剛性を備えているのがポイントで、
ソールの強度と耐久性は高いレベルを確保しています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













スタッドは片足16本で、円柱スタッド採用です。

90分走り続け、相手プレーヤーとの激しい競り合いを繰り返す選手の為に、
グリップ性に優れたスタッド形状・スタッド配置になっています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 













さらに、母指球(親指の付け根)下と、親指下には
3点トライアングル状に配置された3本の小さいスタッドを搭載しています。

いわゆる、「SNIPER STUD」 (スナイパースタッド)です。

スナイパースタッドは
あえて小さいスタッド形状にすることによって
よりグラウンドに突き刺さりやすいスタッド構造になっており、

このスナイパースタッドが前後左右方向への優れたグリップを可能にし、
球際での強さを可能にしています。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 












リーサルスナイパー3SKの片足重量は

約240g(27.0cm)で軽量です。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 












標準装備のシューレースは蛍光イエローですが、
今回は赤色のシューレースに替えてみました。


アシックス リーサルスナイパー3 SK 












アッパーのベースカラーが赤なので、
赤シューレースがバッチリと合っています。

インプレッションはこれで臨みます。



アシックス リーサルスナイパー3 SK 









【まとめ】
アッパーの素材にEX-SKIN+エナメル質の人工皮革を採用することで
優れた耐久性とホールド性を可能にしていて、
レギュラーフィットラストが日本人の標準的な足型にマッチ。

そんな中、リーサルスナイパー3SKのキーポイントは、
ヒール部分の「HG10mm構造」、スナイパースタッド、
「パワー&コントロールゾーン」です。

膝や大腿など下肢への負担を軽減する「HG10mm」構造、
そして、独自のソール設計、スタッド形状・配置が組み合わさっている
リーサルスナイパー3SKのソールは
他のアシックススパイクとは一線を画した機能性を備えていると言えます。

そして、3代目モデルから新たに採用された「パワー&コントロールゾーン」が
ボールを的確に捉えることで、正確なボール供給をサポートするのも魅力の一つ。


アシックス リーサルスナイパー3 SK インプレ・レビュー









リーサルスナイパー3SKを
実際に履いてプレーした感想・履き心地などの
インプレッション(レビュー記事)はまた後日。


それではまた次回!Gracias. Adios!


サッカーショップ加茂





Koheikoheisblog at 00:03│コメント(0)トラックバック(0)アシックス スパイク │
日本代表 着用スパイクデータ
日本代表










Kohei's Blog内検索
各種ブックマークはこちら



「Koheis Blog」をお気に入り登録
お問い合わせメールフォーム
がんばろう日本
NIKE MAGISTA
QRコード
QRコード
COPYRIGHT
当ブログ内に掲載されている
すべての文章・画像の
無断転載、転用を禁止します。

Copyright 2009-2014
Kohei's Blog
All rights reserved.
お試しセット
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: