1 エックス18+ FG 0-1













adidas X 18+ FG/AG Laceless Boots

(フットボールブルー×ソーラーイエロー×コアブラック)カラー


性能、機能性、素材、重量などの考察記事です。


1 エックス18+ FG 0-2













爆発的初速・スピードを生み出すスプリントスパイク

X18シリーズのレースレス仕様プレミアムモデル。

定価 37,800円

MADE IN CHINA(中国製)

2018年5月31日発売


それではエックス18+FG/AGの性能を見ていきます。


1 エックス18+ FG 0-3













アッパーの素材はSKELETALWEAVE(スケルタルウィーブアッパー)を採用。

優れた形状記憶性・ホールド性を生み出し高速スプリントに貢献します。



1 エックス18+ FG 0-4













薄く、軽量な繊維をクロス状に織り込んだウーブン素材をベースに、

下地にメッシュレイヤーを採用しつつ、表面にPUフィルムコーティングを施したアッパーが

スケルタルウィーブアッパーです。

ソフトさよりも保形性やホールド性を重視したアッパーで、

レースレス設計の弱点である”足ブレ・足ズレ”を抑制することが追求されています。



1 エックス18+ FG 0-5













甲エリアには薄型PUスキン素材を採用。

レースレス設計のシームレスさが組み合わさることで足の甲へのコンプレッションフィットを可能にします。

甲のPU素材をイン側寄りに配置することでアウトフロントのボールコンタクトゾーンをより広く確保し、スピードプレー時のボールタッチをサポート。



1 エックス18+ FG 0-6











アッパーの内張りには起毛素材を採用。

スケルタルウィーブアッパーには保形性やハリ感がありながら

内張りは起毛素材によってソフトな足当たり・足入れ感をもたらすことを追求。



1 エックス18+ FG 0-6-1











アッパーのアウトサイド面は起毛素材の内張りを採用せずに

下地のメッシュにパンチング加工を施してアッパーの透け感を演出しています。



1 エックス18+ FG 0-7











アッパーを触ってみるとしっかりとした保形性を感じます。

アッパーの柔らかさではX18+よりもX18.1のスピードメッシュアッパーの方がソフトです。



1 エックス18+ FG 0-8













アッパー前足部~中足部までスケルタルウィーブアッパーを採用。



1 エックス18+ FG 0-9













インサイドの底面にはPUフィルムを二重にしたサポートエリアを採用。

ダッシュ時の足の屈曲に伴うアッパーのたわみを軽減しつつ、

足へのプレッシャーポイントを補強し、スプリントをサポートします。



1 エックス18+ FG 1-1













ラスト(靴型)についてです。

FG/AGモデルはインターナショナルラストを採用。

前足部の靴幅は標準幅(E程度)

甲は標準的な高さです。

サイズ感は26.5cmを選んでちょうどいいサイズ感です。

(X18.1FG/AGも26.5cmでちょうどいいサイズ感)



1 エックス18+ FG 1-2













シューレース(靴紐)のないレースレス構造を採用。



1 エックス18+ FG 1-3













シュータン・シューレースの無い、甲周り完全一体設計を採用。

甲エリアや履き口の素材は薄型PUスキンです。

柔らかく伸縮性もありながら薄くもあるPUスキンが足の甲から足首周りをホールドしながら包み込むことでシューズと足との一体感を高め、優れたフィッティングをもたらします。

さらにレースレス構造によってアッパーが自分の足の形状に忠実にフィットすることでより優れたボールインパクト性や蹴り心地も可能にします。



1 エックス18+ FG 1-3-1













甲部の内張りには薄型の合成繊維を採用。



1 エックス18+ FG 1-4













ヒール部分の外側にはソールと一体化したヒールカウンターを搭載。

樹脂製の強固なヒールカウンターがカカトをホールドし、安定性を確保。



1 エックス18+ FG 1-5













履き口には鷹の爪を模したクロータイプの履き口を採用。

ソールと一体化したヒールカウンターと履き口周りのPUスキン素材がカカトやくるぶし周りをロックし、

優れたホールド力と一体感を生み出します。

ヒールバックには凸凹のリブデザインを採用。



1 エックス18+ FG 1-6













ヒール部分内側のヒールライニングには起毛素材を採用。

3D形状のクッション材も内蔵することで起毛素材とともにソフトさを生み出し、

カカトをピッタリと、かつ、ソフトに包み込むフィット性を追求。



1 エックス18+ FG 1-7













中底は前部にのみ搭載の「フォアフットプレート」を採用。

従来のフルレングスタイプの中底を極限まで削ぎ落とし、

スパイクを保型するために最低限必要な前部の底面にだけ

軽量で薄い素材のフォアフットプレートを搭載しています。



1 エックス18+ FG 1-8













インソールはコンフォートタイプのインソールです。

インソール表面には起毛素材を採用し足裏へのフィット性に配慮。

滑り止め機能はありません。

インソールの重量は14g。



1 エックス18+ FG 1-9













アウトソールは天然芝と人工芝対応のFG/AGソール。

エックス18から新たに採用されたスプリントフレームアウトソールです。



1 エックス18+ FG 2-1













レースレスのエックス18+のソールにだけメッキ塗装を採用しています。

ソール中央にはリブ構造を採用し剛性・安定性を確保。

リブ部分には丸形状のパンチングデザインを採用。



1 エックス18+ FG 2-2













スタッドは片足11本で、2種類の鋭角スピードスタッドを採用。

前から1列目と2列目のスタッドはトライアングル形状にくぼみを設けた鋭角スピードスタッドが優れたグリップ性と爆発的なスプリントに必要な強い蹴り出しに貢献。



1 エックス18+ FG 2-3













前から3列目のスタッドにはダイヤモンド型スタッドにくぼみを設けた鋭角スピードスタッドを搭載。

さらなるグリップの強さを追求。

前足部には2種類の形状を組み合わせたスピードスタッドシステムによってスピードプレーヤーの加速・スプリントをアシストします。



1 エックス18+ FG 2-4













ソール前足部の1列目のスタッドは縦方向への強い蹴り出しにより効果を発揮する向きになっており、

2列目のスタッドは横方向の動きに対して優れたトラクション性を発揮する向きになっていて

3列目のスタッドはダイヤモンド型がベースになっていることで4点のエッジがあらゆる方向に対して鋭いグリップを発揮する設計になっています。



1 エックス18+ FG 2-5













そしてソール後部のスタッド4本には丸状の円柱スタッドを配置。

丸型スタッドがカカト着地の安定したグリップ性とスムーズなトラクション性をもたらし、

カカト着地から前足部の蹴り出しまでの体重移動や連動性を促進します。



1 エックス18+ FG 9-2











エックス18+FG/AGの重量は190g(26.5cm)。

アディダスのエックスシリーズ史上、最軽量の重量数値を実現しています。

ちなみにX18.1FG/AGは199g(27cm)、

エックス18.1ジャパンHGは220g(26.5cm)です。



1 エックス18+ FG 9-1











【まとめ】
軽量スケルタルウィーブアッパーにレースレス構造が組み合わさり、

甲エリアと履き口周りのPUスキンによるホールド性も相まることで

優れた一体感、足入れ感、ホールド性を実現。

鷹の爪を模したクロータイプの履き口がカカトや履き口周りを強くホールド。

アウトソールはX18シリーズから新たに採用された軽量スプリントフレームアウトソールで

2種類の鋭角スピードスタッドとソール後部の4本の丸型スタッドが加速やスプリントに貢献。

X18シリーズのレースレス仕様プレミアムモデルらしい機能性・作りになっています。


エックス18+FG/AGを実際に履いてプレーしてみたレビュー記事はまた後日。


それではまた次回!Gracias. Adios!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エックス 19.1 FG 【adidas】
価格:¥20,412円 (2019/8/13時点)