1 X99.1FG 0-1













adidas adizero F50 × X 99.1 FG Limited Edition


今回はエックス99.1 FG についての考察です。


1 X99.1FG 0-2













爆発的なスピードを求めるプレーヤー向け

「エックス」シリーズの史上最軽量限定モデル。

定価 32,400円

品番 EE7860

2019年9月10日発売

MADE IN CHINA(中国製)



1 X99.1FG 0-3













箱はホワイトボックスで、LIMITED COLLECTION仕様の箱。



1 X99.1FG 0-4













メッシュの「黒×白」のシューズバッグが付属されています。

その他の付属品はありません。


それではエックス99.1FG の性能を見ていきます。


1 X99.1FG 0-5













アッパーの素材には軽量化が施された薄型構造の合成皮革アッパーを採用。



1 X99.1FG 0-6













ウーブンポリエステルメッシュをクロス状に織り込んだ素材をベースに

表面に薄型PUフィルムコーティングを施した薄型アッパーです。



1 X99.1FG 0-9













アッパー内部には「スケルトンインナー構造」を採用。

アッパーの内張りのベースは起毛素材で、起毛素材をくり抜いて採用することで軽量化を促進しながら

両サイドや前足部の保形性をサポートするケージとしての役割を備えています。

そしてアッパーの内張りの裾野にはやや厚みのある起毛素材を使用することで

アッパーの横流れや足の棚落ちを防止し、軽さを実現しつつもプレーに必要な安定性や保形性も配慮した設計です。



z4












アッパーは内部が透けてしまうほどに薄いですが、

これはスケルトンインナー構造によるもので

クリアタイプのPUフィルム+ウーブン+くり抜いた起毛素材の3つの素材によって構成された

X99.1ならではのアッパー設計によって、この透け感のあるアッパーが実現されています。



1 X99.1FG 0-7













アッパー中足部の両サイドには

光の当たり具合・光の反射の角度によって色味が変化する

パラレル調の3ストライプスをプリントデザイン。



1 X99.1FG 0-9-1













アッパーを指で触ってみると

アッパーの薄さを感じれながらも適度なハリ感と保形感もあり、

今回は実使用にも耐えうる耐久性が確保されている印象です。



19 X99.1FG 0-1













ラスト(靴型)についてです。

FGタイプはインターナショナルラスト採用。

前足部の靴幅はやや狭めの幅(D~E程度)

甲はやや低めの設計です。

現行のX19.1FGよりも横幅はやや狭く、つま先の高さもやや低めで、よりタイトな足入れ感になっています。

サイズはX19.1FGは26.5cmでちょうどいいサイズ感ですが、

このX99.1FGは26.5cmで指先ジャストのサイズ感です。



19 X99.1FG 0-2













シューレースは若干のオフセンター配置。

ハトメ穴とハトメ穴の間のアイレット部分にはくり形状が採用されています。

シューレースはパワーホールドタイプ。



19 X99.1FG 0-4













ハトメ穴があるエリアの裏面には合成繊維の補強が配置されており、

ハトメ穴が簡単にちぎれないように配慮された設計です。



19 X99.1FG 0-3













シュータンはショートタン仕様。

甲周り一体設計ではなくショートタン形状なのはポイントです!

シュータン部分はPUフィルムの中にウーブン繊維が埋め込まれている仕様で、

シュータンの裏面には薄型PUフィルムをV字状に配置した補強も採用されています。

薄いシュータン設計を実現しながら柔らかな足沿いも追求。



19 X99.1FG 0-5













ヒール部分の外側にはソールと一体化したヒールカウンターを搭載。

樹脂製の強固なヒールカウンターがカカトをホールドし安定性を確保。

このヒールカウンターはX19.1FGのヒールカウンターと同じです。



19 X99.1FG 0-6













ヒール部分内側のヒールライニングには起毛素材を採用。

ライニング内部にはやや厚みのあるフォーム材を内蔵して柔らかなヒールライニング設計を実現。

製品タグがヒールライニング部分に張り付けられています。



19 X99.1FG 0-7













中底はフルレングスですが、

樹脂製のプレートではなく不織布の補強を配置しただけの軽量仕様の設計。

中底でも軽量性が重視されています。



19 X99.1FG 0-8













インソールは薄型設計で、

パーフォレーション仕様のライトウェイトインソールを採用。

インソールの重量は片足11g。



19 X99.1FG 0-9













インソール表面の中足部に印字されている

『299792458 M/S』は光の速さを表しています。

(光の速さは299792458 m/s、つまり秒速約3億m(30万km))

アディダスエックスはまるで光の速さのようなスピードをもたらすことを追求したスパイクだということを表現した印字です。



19 X99.1FG 1-1













アウトソールは天然芝用のFGソール。

X19.1やX19+と同じ、軽量スプリントフレームアウトソールです。



19 X99.1FG 1-2













ソール表面にメッキ塗装を採用し、煌びやかな見た目を演出。

(このメッキ塗装は使用していくうちに剥がれてきますが使用には問題ありません)

ソール中央にはリブ構造を採用し剛性・安定性を確保。



19 X99.1FG 1-3













スタッドは片足11本で、2種類の鋭角スピードスタッドを採用。

前から1列目と2列目のスタッドはトライアングル形状にくぼみを設けた鋭角スピードスタッド。

優れたグリップ性と爆発的なスプリントに必要な強い蹴り出しに貢献します。



19 X99.1FG 1-4













前から3列目のスタッドはダイヤモンド型スタッドにくぼみを設けた鋭角スピードスタッドを搭載。

さらなるグリップの強さを追求。

前足部には2種類の形状を組み合わせたスピードスタッドシステムによって

スピードプレーヤーの加速・スプリントをアシストします。



19 X99.1FG 1-5













ソール前足部の1列目のスタッドは縦方向への強い蹴り出しにより効果を発揮する向きになっており、

2列目のスタッドは横方向の動きに対して優れたトラクション性を発揮する向きになっていて

3列目のスタッドはダイヤモンド型がベースになっていることで4点のエッジがあらゆる方向に対して鋭いグリップを発揮する設計になっています。



19 X99.1FG 1-6













そしてソール後部のスタッド4本には丸状の円柱スタッドを配置。

丸型スタッドがカカト着地の安定したグリップ性とスムーズなトラクション性をもたらし、

カカト着地から前足部の蹴り出しまでの体重移動や連動性を促進します。



19 X99.1FG 1-7











エックス99.1 FGの重量は180g(26.5cm)。

X19+FGの重量は190g(26.5cm)。

アディダスのエックスシリーズの中では、最軽量の軽さを実現しています。



19 X99.1FG 1-8











【まとめ】
アッパーの素材には軽量薄型構造のウーブンメッシュアッパーを採用し、

スケルトンインナー構造を組み合わせることで透けるほどに薄いアッパーを実現。

起毛素材の内張りやPUフィルムのサポート力などでアッパーの保形性を確保しつつ、

薄型ショートタンを採用することで着脱のスムーズさを発揮。

中底は軽量仕様、インソールも軽量仕様のライトウェイトインソール。

アウトソールはX19のFGソールを搭載して優れたグリップ性と軽量性を兼備。

以前のアディゼロ99gのアッパー設計を継承しながら実使用にも耐えうる耐久性を確保し、

アウトソールには現行のX19のFGソールを搭載してアディゼロとエックスが融合した限定モデルスパイクに仕上がっているのがポイントです。


X99.1FGを実際に履いてプレーしたレビュー記事、

F50アディゼロ4との比較レビュー記事はまた後日!


それではまた次回!Gracias. Adios!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アディダス  コパ 19.1 FG
価格:¥20,412円(送料無料) (2019/9/10時点)