z1h











Mizuno REBULA 3 SELECT+ New Update


さて、ミズノのサッカースパイク

レビュラ3のテイクダウンモデル(一番下の廉価モデル)

「レビュラ3SELECT」が「レビュラ3SELECT+」にアップデート。

アッパーの素材や設計などが改良され、

さらなる履きやすさと機能性をプラスアルファした新テイクダウンモデルに進化しました。


レビュラ3 SELECTプラス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レビュラ 3 SELECT+
価格:¥7,656円(送料無料) (2019/11/8時点)


定価 9,570円

サイズ展開は24.5~29.0cm

重量は245g(27cm)

レビュラ3のワイドラスト採用、テイクダウンモデル!


レビュラ3セレクト+ 0-1













以前までのレビュラ3SELECTでは

アッパーの素材に耐久性に優れた人工皮革を採用。

分厚くてハリ感が顕著な人工皮革が採用されていてフィット性はイマイチでしたが、

テイクダウンモデルらしくアッパーの耐久性は上々でした。


z1hs










新レビュラ3SELECT+では

アッパーの素材に耐久性とそこそこのソフトさも備えた新しい人工皮革を採用。

以前よりも質感がソフトになりながらも

アッパーは人工皮革らしい耐久性を有したアッパーにアップデートされました。

以前まではランバードラインはアウトフロントにデザインされていましたが、

今回からはランバードラインはアウトサイドに移っています。


レビュラ3セレクト+ 0-2













以前までのレビュラ3SELECTでは

アッパーの人工皮革に凸フレーム状のデボス加工を採用していただけの

テイクダウンモデルらしいアッパー設計でしたが、


z2










新レビュラ3 SELECT+では

人工皮革アッパーの内部にテイクダウン仕様のCTフレーム(低反発スポンジ)を内蔵。

以前までの凸状デボス加工からCTフレームへアップデートすることで

テイクダウンモデルでもCTフレームのボールクッション性を体感できるようになり、

アッパーの機能性が向上しました。

(JAPAN、ELITE、PROのランクには3DCTフレーム内蔵ですが、SELECT+はベーシックなCTフレームのみ内蔵です)


レビュラ3セレクト+ 0-3













以前までのレビュラ3SELECTでは

シュータン部分に伸縮性を備えた合成繊維が採用され、

それが内部で足の中足部の両サイド~甲部分をグルっと覆う形状になっていましたが、


z3









新レビュラ3SELECT+では

シュータン部分に人工皮革のショートタンを採用することで

以前よりも着脱を容易にし、また甲部への違和感も軽減して

さらなる足入れ感の良さをもたらすことを追求しています。

インソールにはゼログライドライトインソール採用。

ラスト設計にはウィズ3E相当の幅広ワイドラスト採用です。


z1








アウトソールに関しては以前までと同じテイクダウン仕様のMDソール搭載。

土グラウンド・人工芝・天然芝対応です。

フルウレタン樹脂で構成されたソールプレートで

耐摩耗性や強度を確保しながらソール中足部にD-フレックスグルーブと

拇指球下にローテーションリブを採用。



練習用でガンガン使えるスパイクがアップデート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レビュラ 3 SELECT+
価格:¥7,656円(送料無料) (2019/11/8時点)


価格は据え置きのまま

・アッパーがよりソフトになり、

・アッパーにCTフレームが採用されて機能性が向上し、

・シュータン部分に改良が施されて足入れ感もUP

というのはなかなかGoodなアップデートだと言えます。


それではまた次回!Gracias. Adios!