1 モレリアネオ2β 0-1













Mizuno MORELIA NEO II β

(シルバー×ゴールド)カラー

今回は モレリアNEO2ベータについての考察です。


1 モレリアネオ2β 0-2













「モレリアネオ2 β」はミズノフットボールの絶え間ないイノベーションへのチャレンジを表現したスパイク。

リビルドプロジェクトの第3弾です。

通常のモレリアネオ2をベースにしつつ、

要所に軽量化を施すことで通常版よりも10gの軽量化に成功し片足185g(27cm)の軽さを実現したのが特徴。

『モレリアシリーズ史上最軽量』の謳い文句でしたが、

厳密にいうと初代モレリアネオは180gだったので、

モレリアシリーズの中では初代モレリアNEOが最も軽量です。


1 モレリアネオ2β 0-3













定価 27,000円

全世界3500足の数量限定

日本国内では1000足の限定販売

片足重量は約185g(27cm)

サイズ展開は25~29.0cm

品番 P1GA195850

MADE IN JAPAN(日本製)


それではモレリアネオ2ベータの機能性を見ていきます。


1 モレリアネオ2β 0-4













アッパーの素材にはスコッチガードカンガルーレザーを採用。

撥水加工を施しつつ抜群の柔軟性を兼備したカンガルー皮革です。


1 モレリアネオ2β 0-5













柔らかく、優れたしなやかさを備えているスコッチガードカンガルーレザーが

抜群のフィッティングと卓越した足馴染みをもたらします。

通常のモレリアNEO2は前足部にダブルステッチが採用されていますが、

モレリアネオ2βでは前足部のステッチはシングルステッチになっており、

ステッチの本数を減らすことでさらなる軽量性を追求。


1 モレリアネオ2β 0-6













アッパーの内張りにはポリエステル素材の裏材を採用。

前足部は表革がカンガルーレザー
中層にスポンジ
裏材にポリエステル
の3層構造です。

そして前足部のカンガルーレザーと中足部のメッシュの繋ぎ目部分には

内張りに合成繊維の当て布の補強が配置されています。


1 モレリアネオ2β 0-7













アッパーを指で触ってみてもアッパー前足部は

スコッチガードカンガルーレザーらしく非常に柔らかです。

ステッチがシングルステッチになっている影響もあるのか、通常のモレリアネオ2よりもさらに柔らかく感じます。


1 モレリアネオ2β 0-8













アッパー中足部~後足部には軽量なメッシュ素材をベースに

表面にPUフィルムコーティングを採用した合成皮革アッパーを採用。

それによってさらなる薄型化と軽量化を実現。


1 モレリアネオ2β 0-9













さらにただ単に軽くするだけでなく、

両サイドの内部にインナーケージフレームを内蔵することで

軽量化を実現しながらもプレーに必要な安定性や保形性も確保したアッパーに仕上がっています。


0-3











ただしこのシルバーカラーのモレリアネオ2ベータは

使用の早期段階で

カンガルーレザーと合成皮革の縫製部分に糸のほつれが生じるおそれがあることが判明したためリコールとなりました。





reiz27533













通常のモレリアネオ2はアッパー中足部~後足部にはマイクロファイバー(人工皮革)採用で、

カンガルーレザーと人工皮革が縫製されて接合されていますが、

モレリアネオ2ベータの場合は前足部はカンガルーレザー、

中足部~後足部には薄型メッシュをベースに、表面にPUフィルムを採用した合成皮革アッパーを採用しているのが特長。

その素材の組み合わせの相性や、

縫製時のミシンの針目(縫い目の針の穴の間隔)が合成皮革側だけ数ミリ広くなっている点などが関わって

『使用の早期段階で糸のほつれ』が発生するおそれが生じたと思われます。


もしもモレリアネオ2ベータで新色が出るときにはこの部分は改良されてからリリースされるはずです。


1 モレリアネオ2β 1-1













ラスト(靴型)についてです。

「プロフェッショナルフィット」ラスト採用。

前足部の横幅はやや狭めの幅(D~E)

甲は低めの設計になっています。

私の場合は通常のモレリアNEO2はサイズ27.0cmでちょうどいいサイズ感ですが、

このモレリアネオ2βは26.5cmを選んで指先ピッタリのジャストサイズです。


1 モレリアネオ2β 1-2













シューレースはセンター(中央)に配置で、

「ウエーブフィットレーシングシステム」採用です。

ジグザグ形状のアイレット設計によって

甲部分の締め付けを自在に調整でき、

足の甲への的確な締めつけ感・ホールド性を生み出します。


1 モレリアネオ2β 1-3













シュータン根元(ハトメ端部)に八の字の切れ込みを採用しアッパーの屈曲性をUP。

足を屈曲させたときにもスムーズに足先へ沿うような設計です。


1 モレリアネオ2β 1-4













シュータンにはモレリアネオ2β独自の薄型ショートタンを採用。

シュータンのベースに柔らかな起毛素材を採用。

シュータンの表面に薄型PUシートを採用。

ハトメと連動したウェーブ状のショートタン設計を採用し足に沿いやすいシュータンです。


1 モレリアネオ2β 1-5













通常のモレリアネオ2のシュータンとは異なり、

シュータンに背骨状の抜き加工を施して起毛素材を極力省くことで軽量化を実現。

シュータンもただ単に軽くするだけでなく、

シュータンの裏面の中央に合成繊維の当て布の補強を配置することでシュータンの保形性を維持しています。


1 モレリアネオ2β 1-6













ヒール部分の外側には『ダイナミックフットカウンター』(DFC)とよばれるヒールカウンターを搭載。

アウトソールと一体化したヒールカウンターがカカトのホールド性とサポート性を兼備。

このヒールカウンターは上部と下部で異硬度の樹脂を採用。

ヒールカウンター上部にはやわらかめの樹脂を採用することで、くるぶしやカカトへの足当たり具合を緩和し、カカトへのフィット性を向上。

そして、ヒールカウンターの下部には硬めの樹脂を採用し、カカトのホールド性と安定性を維持。

動作時のホールド感とフィット性を両立した、2硬度のヒールカウンターです。


1 モレリアネオ2β 1-7













ヒール部分の内側にはスエード調ライニングを採用。

足当たりの良い起毛素材のライニングを採用することによってソフトなカカトのフィット性を可能に。

通常のモレリアネオ2ではヒールライニング内部のスポンジの厚みを

カカトに沿うように緩やかなカーブ構造にすることで脱げにくく、カカトを立体的に包み込むフィットをもたらしますが、

このモレリアネオ2ベータの場合は軽量化重視のため、

ヒールライニング内部のスポンジは最小限の薄さだけ内蔵されている設計。

それによって、縦のサイズ感に微妙な違いを生み出しているようです。


1 モレリアネオ2β 1-9













中底はハーフボードの軽量仕様の中底です。

中底の素材には軽量で高強度、高反発なKaRVO(カルヴォ)を採用。

(KaRVOはアンブロのアクセレイタープロの中底にも採用されている実績のある樹脂素材です)

さらなる軽量化を実現しながら通常のモレリアネオ2よりもさらに優れた剛性と反発性を兼備しています。


1 モレリアネオ2β 1-8













インソールはアナトミカルカップインソールの軽量版を採用。

インソールの前部~中部に軽量化のためのパンチング加工を採用。

それによって通常版のインソールの重量は15gですが、

このベータモデルのインソールは11gになっています。


1 モレリアネオ2β 2-1













アウトソールは土グラウンド・人工芝・天然芝対応。

モレリアNEO2のソールをベースにKaRVO樹脂を組み合わせたベータ仕様の軽量ソールです。


1 モレリアネオ2β 2-2













ソール中足部には2本のリブ構造を採用。

的確なリブの配置・形状・素材を採用したことで優れた剛性・強度・安定性を確保。

そしてリブ部分とソール後部には軽量・高強度・高反発なKaRVO樹脂を搭載し、

中底のKaRVOも組み合わさることで優れた剛性と反発性をもたらします。


1 モレリアネオ2β 2-4













ソールプレートは「ラウンド形状」(丸みを帯びた形状)。

アウトソールをラウンド形状にすることで足裏へのフィット性を高め足入れ感の良さと素足感覚をサポート。


1 モレリアネオ2β 2-5













スタッドは丸型スタッドで片足13本の配置。

前足部のスタッド配置はイン側4本、アウト側4本で左右対称の配置。

接地のバランスや安定性を追求したスタッド配置です。

(スタッド形状やスタッド配置、スタッドの樹脂は通常のモレリアネオ2と同じ)


1 モレリアネオ2β 2-6













モレリアネオ2ベータの重量は片足177g(26.5cm)。

通常のモレリアネオ2が195g(27cm)なのでベータモデルの方が軽量です。


1 モレリアネオ2β 2-7













【まとめ】
アッパー前足部にはシングルステッチのスコッチガードカンガルーレザーを採用。

タイト設計のプロフェッショナルフィットラストも相まることで優れたフィット性と足馴染みの良さを発揮。

アッパー中後足部のメッシュベースの合成皮革が軽量性を促進しつつ優れたホールド性も兼備。

シュータンやインソールも軽量化してさらなる軽さを実現。

アウトソールは軽量、柔軟、素足感覚を引き出す軽量ソールをベースに、

中底とソール中後足部にKaRVO樹脂を搭載して優れた剛性・反発性をもたらすのも特長。

モレリアネオ2をベースにしつつ要所に軽量化を施しながら

通常のモレリアネオ2よりもさらに優れたソール剛性と反発性を実現した

ベータモデルならではのスペック・機能性・設計になっています。





それではまた次回!Gracias. Adios!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 ミズノ  MORELIA NEO II
価格:¥22,000円 (2019/12/1時点)