アディゼロF50からエース17.1LE













Usami & Muto wearing ACE 17.1 Leather


さて、長らくアディゼロF50シリーズを愛用していた

宇佐美貴史選手と武藤嘉紀選手。

ついにアディゼロF50から現行のアディダススパイクへ移行したので、

その着用スパイクをレポートします。



宇佐美貴史 adizero F50

アディゼロF50からエース17.1LE















宇佐美選手はF50アディゼロ4をファーストカラーから着用。

これ以前もアディゼロF50シリーズをメインで着用していました。

(一時期、プレデターリーサルゾーンを履いていた頃もありました)



アディゼロF50からエース17.1LE













その後、2015年夏にX / ACEの2サイロがデビューし、

アディゼロF50は生産終了&廃盤となりました。

宇佐美選手はX15.1を練習などで着用していましたが、

試合(公式戦)で愛用していたスパイクはF50アディゼロ4FGです。

(ちなみに、日本代表の練習でACE15.1LEを履いていたことも数回ありました)



アディゼロF50からエース17.1LE













2016年になっても引き続きF50アディゼロ4FGを愛用。

2016年5月にX16.1がリリースされましたが、

宇佐美選手はエックス16.1はほとんど着用していません。



アディゼロF50からエース17.1LE
















2016年6月20日、ブンデスリーガのFCアウクスブルクへの完全移籍。

アウクスブルクへ移籍しても着用スパイクは引き続きF50アディゼロ4でした。



アディゼロF50からエース17.1LE














転機が訪れたのが2017年1月28日の対ヴォルフスブルク戦。

この試合から宇佐美選手は『エース17.1 LE』を着用開始。


アディゼロF50からエース17.1LE













ACE17.1は2016年11月25日にリリースされたスパイク。

宇佐美選手はX16.1ではなく、ACE17.1を選ぶこととなりました。



アディゼロF50からエース17.1LE














その後、引き続きエース17.1LEを着用中。

レッドリミットカラーからブルーブラストカラーへ移行しています。

宇佐美選手は2017年からACEサイロをメイン着用していく様子です。





武藤嘉紀 adizero F50

アディゼロF50からエース17.1LE アディゼロF50からエース17.1LE














武藤選手は2014年にFC東京でプロデビュー。

プロデビュー戦ですでにF50アディゼロ4FGを着用していました。



アディゼロF50からエース17.1LE














2014年9月、キリンチャレンジカップ2014に臨む日本代表に招集。

9月5日のウルグアイ戦で国際Aマッチ初出場を果たし、

同月9日のベネズエラ戦で日本代表での初得点を決めました。



アディゼロF50からエース17.1LE
















武藤選手のセンセーショナルな活躍ぶりを足元から支えていたのが

F50アディゼロ4というわけです。

武藤選手の中でF50アディゼロ4に対する思い入れが強くなったのは容易に想像できます。



アディゼロF50からエース17.1LE














その後、2015年の夏にX/ACEの2サイロがデビューし、

武藤選手は練習ではエックス15.1を履いていたりしました。

ただし、試合でメイン着用していたのはF50アディゼロ4です。



アディゼロF50からエース17.1LE















2016年2月6日、ブンデスリーガ第20節ハノーファー戦では

試合前半に『エース16.1 SG』(コントロールウェブアッパー)を着用。

試合後半では『F50アディゼロ4SG』を着用していましたが、

この試合で右膝外側側副靱帯を部分断裂し長期離脱。



アディゼロF50からエース17.1LE














怪我から復帰後も引き続きF50アディゼロ4を愛用し続けていましたが、

転機が訪れたのは2017年になってから。



アディゼロF50からエース17.1LE















2017年2月25日のレバークーゼン戦で『エース17.1 LE』を着用。

ブルーブラストパックカラーです。



アディゼロF50からエース17.1LE











宇佐美選手に引き続き、武藤選手もエース17.1LEに移行する形になりました。



アディゼロF50からエース17.1LE














その後、2017年3月19日のシャルケ戦でも『エース17.1LE』を着用。

この試合ではレッドリミットカラーを履いていました。




今後、ACE17.1LEがメインスパイクになるのか?

アディゼロF50からエース17.1LE












今のところ、両選手ともエース17.1LEを試合で履いていますが、

このまま16/17シーズンの終盤戦をエース17.1LEでプレーするのかに注目しています。

そして、17/18シーズンもエース17.1LEを履くのか、

それとも別のスパイクを履くのか?

はたまたやっぱりアディゼロF50に戻ることがあるか?

引き続きチェックしていきたいと思います。


とりあえず、宇佐美選手は3月23日UAE戦と28日タイ戦の

W杯アジア最終予選へ臨む日本代表メンバーに選出されたので、

日本代表の練習や試合で着用するスパイクにも注目しておきます。


それではまた次回!Gracias. Adios!