ディバラ アディダス エックス17.1















『Paulo Dybala Joins Adidas X 17+ Purespeed』


狭いスペースをものともしない華麗なドリブル突破と

鋭い足の振りから放つ強烈なシュートでゴールを仕留めるアタッカー

パウロ・ディバラ。

母国アルゼンチンでは『宝石』の愛称で親しまれているイケメンFWが

ついにアディダスと契約を締結した模様です。


今回はパウロ・ディバラの着用スパイク遍歴をまとめてみました。



インスティトゥート時代

ディバラ アディダス エックス17.1















17歳の時にプリメーラB・ナシオナルに所属していたインスティトゥート・デ・コルドバでプロデビュー。

公式戦40試合出場17ゴールの成績を記録。

インスティトゥートでディバラは、最年少ゴールと国内の連続出場記録を更新(38試合)。

さらにシーズンで2度のハットトリックと6試合連続ゴールを記録し、

欧州のスカウト陣が熱視線を送るようになる。



ディバラ アディダス エックス17.1













この頃ディバラが着用していたスパイクは

NIKE マーキュリアルスーパーフライ3』です。

SKN300人工皮革+フライワイヤー内蔵+カーボンファイバープレート+NIKESENSEスタッド搭載。

強烈なホールド性とトラクション性を誇ったスーパーフライの3代目モデル。

(ときどきティエンポレジェンド3を履いている場面もありました)





2012年7月 イタリア・パレルモに加入

ディバラ アディダス エックス17.1














2012年7月20日、

ディバラはアルゼンチンのインスティトゥートから

イタリア・セリエAのパレルモに移籍。

プレシーズンのキャンプ中に

NIKE マーキュリアルミラクル3 FG』を着用。


ディバラ アディダス エックス17.1













マーキュリアルヴェイパー8の頃のミドルランクモデルが

マーキュリアルミラクル3です。

プレシーズン中にミラクル3FGを履いていた理由は定かではないですが、

このカラーリングのヴェイパー8とミラクル3の判別は簡単です。

・白とピンクの境目がちょうど真ん中なのがヴェイパー8。

・白とピンクの境目が後方になっているのがミラクル3です。



ディバラ アディダス エックス17.1














その後、12/13シーズンが始まると

普通にヴェイパー8FGやSG-PROを着用していました。




2013年 ヴェイパー9からのHVP

ディバラ アディダス エックス17.1















2013年の始め頃には
NIKE マーキュリアルヴェイパー9』を着用。


ディバラ アディダス エックス17.1









アッパー表面に凹状のディンプル加工が採用されたのが特長。

OLM12マイクロファイバー採用。



ディバラ アディダス エックス17.1
















2013年6月にハイパーヴェノムがリリースされたことに伴い、

ディバラはHYPERVENOMサイロへ移行。


ディバラ アディダス エックス17.1












ハイパーヴェノムファントムFGやSG-PROを着用していました。

インサイド側のヒールにドクロマークがあったのが懐かしいですね。





2014年 HVPからスーパーフライへ

ディバラ アディダス エックス17.1














2014年も引き続きハイパーヴェノムファントムを着用。

(練習時にCTR360マエストリ3を試していたこともあります)



ディバラ アディダス エックス17.1
















2014年W杯に合わせてマーキュリアルスーパーフライがリリースされたタイミングで

再びMERCURIALサイロへ移行。

マーキュリアルスーパーフライIVを着用し始めます。





2015年 引き続きスーパーフライを着用

ディバラ アディダス エックス17.1














15/16シーズンは
NIKE マーキュリアルスーパーフライ』を愛用。


ディバラ アディダス エックス17.1











フライニット+フライワイヤー+カーボンファイバープレートが組み合わさった

マーキュリアルスーパーフライのライトニングストームパックカラー。





2016年 スーパーフライVを着用

ディバラ アディダス エックス17.1














2016年6月にスーパーフライがVへ進化。

それに伴い、ディバラもマーキュリアルスーパーフライVを着用。




2017年 ブラックアウトを着用し始める

ディバラ アディダス エックス17.1














2017年2月頃からマーキュリアルスーパーフライVの

ブラックアウト(黒塗りver)を着用。



ディバラ アディダス エックス17.1











ディバラ アディダス エックス17.1











最初はダークライトニングパックカラーのスーパーフライVを

黒塗りした状態で着用していましたが、



ディバラ アディダス エックス17.1














その後、完全ブラックアウトで、なおかつ、

ディバラのシグネチャーロゴをアウトサイドにマーキングしたスーパーフライVを着用。



ディバラ アディダス エックス17.1














16/17シーズンのUEFA CL決勝でも

ディバラはブラックアウトのマーキュリアルスーパーフライV SG-PROを着用。





2017年6月 X17のブラックアウトを着用

ディバラ アディダス エックス17.1














6月13日に行われたアルゼンチン対シンガポールの一戦で

ディバラは『アディダス エックス17+ピュアスピード』を着用。


ディバラ アディダス エックス17.1













完全ブラックアウトのX17+ピュアスピードです。





8月5日 プーマワン17.1FGを着用

ディバラ アディダス エックス17.1















2017年8月5日のトッテナムとのフレンドリーマッチで

ディバラは『プーマ ワン 17.1 FG』を着用。

(アッパー前足部はノンステッチの特別仕様)

インサイド側のヒール部分にディバラのシグネチャーロゴ入り。




その後、しばらくX17のブラックアウトを着用

ディバラ アディダス エックス17.1














その後、17/18シーズンが始まると、

ディバラはX17.1やX17+ピュアスピードのブラックアウトをメイン着用しました。

2017年の後半はスーパーフライVやプーマワン17.1はほとんど着用していません。





12月30日 ついに通常カラーのX17+を着用

ディバラ アディダス エックス17.1














2017年12月30日に行われた

ベローナvsユベントスの一戦で

ディバラは『アディダス エックス17+ FG/AG』を着用。


ゴールドアッパーのスカイストーカーパックカラー。

ブラックアウトではなく、

ついに通常カラーのX17をディバラが着用したことで

ディバラの争奪戦はアディダスに軍配が上がった様子です。



ディバラ アディダス エックス17.1














ナイキ、アディダス、プーマを筆頭に

2017年初め頃から各メーカーによるディバラ争奪戦が展開されてきました。

ディバラはブラックアウトで各メーカーのスパイクを試しつつ、

各メーカーに揺さぶりを掛けることで契約金のオファー額を吊り上げれるだけ吊り上げ、

最終的にアディダスのX17をチョイスした形です。



ディバラ アディダス エックス17.1
















ディバラは1993年生まれの24歳で若く、将来性豊かでイケメン。

そしてアルゼンチン代表やユベントスのユニフォームサプライヤーはアディダス。

2018W杯ではメッシとともにアルゼンチン代表での活躍が期待されています。

アディダスがディバラを狙ったのは必然の出来事だったと言えますね。


それではまた次回!Gracias. Adios!