zzzcscevfdv














『PUMA FUTURE 19.1 & ONE 19.1 POWER UP PACK Launch


さて、プーマの2019年NEWモデルサッカースパイク

プーマワン19.1とフューチャー19.1が正式公開されました。

発売日は2019年1月15日です。



POWER UP PACK コンセプト



今回の新スパイクであるプーマワン19.1とフューチャー19.1は

『POWER UP PACK(パワーアップパック)』と名付けられていて

サッカーゲームの画面上に現れスーパープレーを披露するバーチャルスーパーヒーローからインスパイアされています。

サッカーゲームの世界で「パワーアップ」するためにはスペシャルなアイテムを見つけたり課金することによって能力ゲージを高めるのが一般的ですが、

プーマプレーヤーは「POWER UP PACK」のスパイクを着用することでパワーアップする様をモチーフにしており、

現実世界のフットボールと仮想世界のフットボールを融合させたコレクションです。
 

zzzzmv-top_logo










今回のパワーアップパックに採用されている

レッドブラストとブルーアズールのカラーコンビネーションは

テレビゲームの映像美やコントローラーのボタンアイコン、アーケードカルチャーからインスパイアされています。




フューチャー19.1 NETFIT

z3














定価 23,760円

重量は215g(27cm)

プーマFUTUREの3代目トップモデル。

FG/AGモデルはタイトフィットのエヴォAPTOラスト採用。



z1














スアレス、グリーズマン、ロイス、コンパニ、小林悠、伊東純也、シュミット・ダニエルなど多数のPUMA契約選手が着用予定。



z2










アッパーの素材には新素材の『エヴォニットプロ』を採用。

ニットの糸自体にPU(ポリウレタン樹脂)を含ませてアッパーを形成することで

優れた保形性を実現しつつサッカースパイクに必要な耐久性・強度を兼備しています。



z5












さらにアッパーの内部に『3Dハボックフレーム』を内蔵。

形状記憶性やホールド性に優れた3Dハボックフレームをアッパーに内蔵することで

アッパーに流線状の凸凹テクスチャーを生み出し、

優れたボールグリップ性とキック時の強いボールインパクトに貢献します。

(3Dハボックフレームは低反発スポンジではなく高硬度のフレーム材です)



z1h










エヴォニットプロの下には青色のメッシュ(合成繊維)のインナーを採用し、

表層はエヴォニットプロで、裏層はメッシュインナーが採用されている2層アッパー構造です。



フューチャー2.1 & プーマワン1













以前までのフューチャー18.1やフューチャー2.1では

アッパーの上をNETFITのネットを被せていた設計でしたが、



z4













今作のフューチャー19.1ではアッパーのエヴォニットプロそのものに穴を開け、

エヴォニットプロ自体がNETFITのネットとして機能している一体化構造の新NETFITにアップグレードされたのがポイント!

それによって、シューレースの締め付け効果がよりダイレクトに発揮されながら

シューレースを通す位置を変える度に得られる効果がさらにUPするようになり、

締め付け加減の微調整もより容易になっています。



z8












ニット素材であるエヴォニットプロに直接穴が開いているため、

シューレースを強く締めたときにニットがちぎれてしまわないか心配になるかもしれませんが、

エヴォニットプロではニットの糸にPU樹脂をコーティングしていることで耐久性・強度は確保されており、

製品化される段階で引っ張り強度の耐久テストも実施されてクリアしているので、

エヴォニットプロのNETFITの耐久性は基本的には問題ありません。



z6












履き口や甲エリアには通常のエヴォニットを採用。

履き口や甲部のニットにはPU樹脂はコーティングされていない、従来通りのニットなので

伸縮性や柔軟性を兼備しており甲周り一体設計によって足をジャストに包み込みつつ、

NETFITシステムの自由自在なシューレースの通し方が組み合わさることで

フューチャー19.1独自の足入れ感・履き心地をもたらします。



z1








FG/AGソールは天然芝と人工芝対応。

軽量ナイロンPebax樹脂で構成された

RAPIDAGILITY(ラピッドアジリティー)ソールを採用。

FG/AGソールは以前までのFG/AGソールと同じです。



zzzz421b5ee1614d











定価 21,600円

フューチャー19.1でローカットの履き口を採用したLowバージョンもラインナップ。



105532_01














定価 21,600円

重量は249g(26cm)

HGモデルは標準幅のレギュラーフィットラスト採用。


フューチャー19.1から新型HGソールを採用。

HGソールは土グラウンド・人工芝・天然芝対応です。

ソールプレートは軽量ナイロンPebax樹脂+ポリウレタン樹脂で構成し、

スタッド間やソール中足部などにリブを設けることで剛性や強度を確保。

日本の土グラウンドでテストを繰り返し、ハードグラウンド環境下で最適な大きさ・長さに調整した計14本のスタッドが安定したグリップ力を発揮します。


前作のフューチャー2.1HGでは重量315g(27cm)でしたが、

今作のフューチャー19.1HGでは重量249g(26cm)に軽量化されており、

以前までネックだった重さが改善されているのは大きなポイントです。





PUMA ONE 19.1

z3












プーマ ワン19.1 FG/AG

定価 23,760円

重量は200g(27cm)

プーマワンの4代目トップモデル。

FG/AGモデルはタイトフィットのエヴォAPTOラスト採用。


z2














ルカク、アグエロ、ダビド・シルバ、ジルー、ベジェリン、セスク、ブッフォン、キエッリーニ、ゴディン、ドンナルンマ、長谷部誠、北川航也、谷口彰悟、江坂任などその他多数のPUMA契約選手が着用予定。



z4












アッパー前足部の素材にはプレミアムカンガルーレザーを採用。

前足部の内部にはクッション性を備えた3Dフォームを流線状に内蔵し、

柔軟なボールタッチ性・ボールクッション性に貢献します。



z1h










アッパー中足部~後足部には人工皮革を採用。

両サイドは表面にPUフィルムコーティングを施して保形性を確保。

アウトサイドはフォームストライプにTPU樹脂を採用することで

中足部域の安定性をもたらし横ブレを防止します。



z5














甲~履き口周りにはエヴォニットソック構造を採用。

甲上部エリアにはFUSEFIT(フューズフィット)システムを採用。

レースフックを3列、3つずつ等間隔に並べて配置することで

プレーヤーそれぞれの好みの締め付け感に調整することができ、

履き口周りのフィット感・ホールド感の調整を容易にします。



z1








FG/AGソールは天然芝・人工芝対応。

前作までと同じRAPIDSPRINT(ラピッドスプリント)アウトソールを採用。

軽量ナイロンPebax樹脂で構成されたソールプレートです。

丸型スタッドを7本、ブレードスタッドを6本組み合わせた

計13本のコンビネーションスタッドが優れたグリップ性を実現します。



zz13









定価 22,680円

ローカットの履き口+人工皮革のショートタンを採用した

CC(クラシックコンストラクション)バージョンもラインナップ。



105480_01













プーマ ワン19.1 HG

定価 21,600円

重量は230g(26cm)

HGモデルは標準幅のレギュラーフィットラスト採用。


プーマワン19.1も新型HGソールを採用。

フューチャー19.1HGもプーマワン19.1HGも同じHGソール搭載です。

(プーマのHGソールは土グラウンド・人工芝・天然芝対応)


前作のプーマワン1レザーHGでは重量280g(26cm)でしたが、

今作のプーマワン19.1HGでは重量230g(26cm)。

約50gの軽量化に成功しており、

以前までネックだった重さが改善されて軽くなっているのは

2019年NEWモデルからの大きなポイントです。





PUMA POWER UP PACK 発売日

z3













プーマパワーアップパックは

2019年1月15日から全国のサッカーショップで発売開始です。


それではまた次回!Gracias. Adios!


【サッカーショップKAMO】プーマ スパイク&シューズ