1 プーマワン19.4 HG 0-1













PUMA ONE 19.4 HG Review


今回はプーマワン19.4 HGを実際に履いてプレーしてみた

感想や評価、履き心地、フィット感、蹴り心地などのレビュー記事です。


プーマワン19.4HGの機能性の考察記事はコチラをタップ。


1 プーマワン19.4 HG 0-2













それではインプレッションです。



ラスト設計&サイズ感

reiz12150













ラスト設計&サイズ感についてです。

前足部の靴幅は標準的な幅(E程度)

甲はやや低め、つま先はやや高めの設計です。



reiz12153













私の足幅は少し細め(D~E)なので、

プーマワン19.4HGの靴幅は問題なくフィットしています。

極端なタイトさもなくユルさもなく、人工皮革アッパーが足をホールド。



reiz12151













サイズ感については26.5cmを選んで

指先がほぼピッタリのちょうどいいサイズ感です。

プーマワン19ではつま先がやや高めの設計になっているため、

指先がちゃんと先端まで収まって、指先の丸みに沿ってフィットしてくれるラストになっています。




人工皮革のフィッティング

1 プーマワン19.4 HG 0-3













アッパーの素材には人工皮革を採用。

テイクダウンモデルらしい人工皮革アッパーですが、

耐久性や厚みがありつつもアッパーは硬すぎない質感で

足全体をしっかりとホールドしてくれる足入れ感になっています。



0-1













エヴォスピードSL-SIIの頃と比較すると、

エヴォスピードは幅がやや狭め、つま先も低い設計になっていたため、

前足部の収まり具合に極端なタイトさがあり、人工皮革の足当たりもホールドさ一辺倒でしたが、



0-2













プーマワン19.4HGでは横幅が標準で、

つま先にやや高さがあることによって極端なタイトさやキツさがなく、

足入れ感はプーマワン19.4HGの方が良く感じます。

定価6,480円のテイクダウンモデルにしては履きやすく、違和感やクセも少ないです。



1 プーマワン19.4 HG 0-4













ワンピースの人工皮革アッパーで、

前足部と中足部に繋ぎ目のはなく、

ただのカラーデザインの境目になっているだけなので

そのカラーの切り返しポイントの違和感はありません。



1 プーマワン19.4 HG 0-5













足を屈曲した際には人工皮革らしい波打ちは起きますが、

それが足に食い込んでくるような痛みはなく、

大きな違和感なく履けています。



1 プーマワン19.4 HG 0-6













インサイドのアーチのフィット性はゆるやか。

アーチの吊り上り具合はあくまでもそこそこで

足の土踏まずにジャストではないですが、ゆるやかにフィットしてくる感触です。



1 プーマワン19.4 HG 0-8













全体的に人工皮革らしい保形性・ホールド感もあるため、

急激な切り返し・ターン時にも足が大きく横流れすることはなく、

また、人工皮革の耐久性もありつつ、定価6,480円のリーズナブルさもポイントなので、

日々の練習でガンガン履けるスパイクだと言えます。

(ただし元々のインソールに滑り止め効果はないので、横ブレをしっかりと防ぎたい場合は滑り止めのあるインソールに替えることをオススメします)




人工皮革のボールタッチ性

1 プーマワン19.4 HG 0-9













人工皮革らしい弾き感のあるボールタッチ性です。

ボールが足に吸い付くような柔軟さはありません。

柔らかでしなやかなボールタッチを求めるならトップモデル等、

天然皮革を採用したプーマワン19.1や19.2を選べばいいだけ。



1 プーマワン19.4 HG 0-10













プーマワン19.4HGはリーズナブルさや人工皮革の耐久性がポイントで

ボールタッチ性に際立った良さはないのは仕方ありません。

まあ、際立った良さこそありませんが、

とりあえずはボールタッチできています。

アッパー表面に凸テクスチャー加工が採用されていますが、

これによるボールグリップ性もさほどありませんが、

凸テクスチャーが無いよりかはある方がマシですし、

プーマワン19らしいデザインが実現されているという点に関しては好印象です。




カカトのフィット性、安定性

1 プーマワン19.4 HG 1-1













ヒール部分内側のヒールライニングには柔らかなメッシュ素材を採用。



1 プーマワン19.4 HG 1-2













内部にスポンジも内蔵されているため、

ヒールライニングにはメッシュ+スポンジの柔らかさが確保されており、

カカトへのフィット性にはソフトさがあって違和感なくフィットしています。

また、カカトが変に擦れたりする心配もないので、

カカトの靴ズレの心配なく履けるのは良いところ。



1 プーマワン19.4 HG 1-3













ただし、メッシュライニングの弱点として

カカトがやや滑ってしまう感じがあるのがちょっとしたネック。



0-3













まあ、前作のプーマワン4HGと比べると、

前作の方がメッシュの材質的により滑りやすく、

履き口周りにほぼ意味のないメッシュも採用されていたことによって

前作の方がよりカカトは滑りやすくなっていました。



1 プーマワン19.4 HG 1-4













今作のプーマワン19.4HGでは

オーソドックスなローカットの履き口になったことで

履き口周りの感触はクセなくシンプルな足当たりになり、

ショートタン採用なので着脱も容易で、足入れ具合に関しては大きな問題はありません。



1 プーマワン19.4 HG 1-5













カカト周りの安定感に関しては普通レベル。

ヒール内部にヒールカップが内蔵されているため、

カカト周りの保形性は一応確保されていますが、

カカトを締め上げるような強さはないので、

とりあえずヒール構造はテイクダウンモデルらしくなっている印象です。




ショートタン、蹴り心地

1 プーマワン19.4 HG 1-6













シュータンには人工皮革1枚仕様のショートタンを採用。

シュータン自体は普通の厚みですが、

シュータンにはソフトさがあることで

足の甲部に違和感なくフィットしており、

一体化設計じゃないので従来通りの足入れ感で履きこなすことができます。



1 プーマワン19.4 HG 1-7













シンプルなローカットの履き口と

シンプルなショートタン採用なのはこのテイクダウンモデルのポイントで

インステップの蹴り心地に関しても

従来のスパイクらしいボールインパクトの感触です。



1 プーマワン19.4 HG 1-8













際立った良さや好感触さはありませんが、

逆にクセや違和感もなく、甲周り一体設計に慣れないといけないということもないので、

普通にボールを蹴れています。




アウトソールはHGソール

1 プーマワン19.4 HG 1-9












アウトソールは土グラウンド・人工芝・天然芝対応のHGソール。

プーマワン19シリーズから新たに採用されたHGソールを搭載。



zzzzz104781_01












前作のプーマワン4HGではエヴォパワーの頃のHGソールを使い回していただけだったので、

今作のプーマワン19.4HGではコストパフォーマンスや実用性は向上したと言えます。



1 プーマワン19.4 HG 2-1













まず、ソール前部の屈曲性は上々。

ちゃんと人間の足の屈曲位置に沿ってソール前部も屈曲してくれます。

ダッシュ時やランニング時の屈曲性も問題なし。

ソールの反発性はありません。

テイクダウンのソールプレートはすべてポリウレタン樹脂なので。



1 プーマワン19.4 HG 2-2













その一方、ソール中足部~後足部にはガチガチの剛性があり、

不要なねじれは発生しない作りになっていて

着地した瞬間の安定性やグリップ時の接地感もイイ感じ。

ソール前部の屈曲性、ソール中後部の剛性・安定性がバランスよく実現されています。




スタッドのグリップ性

1 プーマワン19.4 HG 2-4













ソール後部には4本のブレードスタッドを搭載。



1 プーマワン19.4 HG 2-5













切り返しやキック時の立ち足など

カカト着地の際にはソール後部のブレードスタッド4本が

ガッチリと人工芝へ刺さり、グラウンドを捉えてくれます。

ただ単に長方形のブレードスタッドではなく、エッジの効いたブレードスタッドなので、

人工芝への引っ掛かり具合は結構Good。



1 プーマワン19.4 HG 2-6













そしてソール前部には丸型ベースに若干のくぼみを設けたスタッドを10本採用。



1 プーマワン19.4 HG 2-7













グラウンドを蹴り出す際には

ソール前部の丸型スタッド+ソール前部の屈曲性によって

スムーズな蹴り出し動作が実現されています。

ここでも普通の丸型スタッドではなく、くぼみが設けられているため、

スタッドの引っ掛かり具合は良くなっていて

人工芝でも割としっかりとグリップが効く感じになっています。



1 プーマワン19.4 HG 2-8












以前のプーマのHGソールと比べると、

280g~300gぐらいの重さがネックだった一方、

スタッドのグリップ性はまあまあ良かったですが、



1 プーマワン19.4 HG 1-9












今作のHGソールではまず『重さ』は改善されて

ソールプレートに的確なリブ構造も採用されたり、

ソール前部と後部のスタッドそれぞれにくぼみやエッジが設けられたスタッドを採用しているので、

結果的により扱いやすくなりながらスタッドのグリップ性も若干向上しているHGソールに進化した印象です。




インソールはあらかじめ接着済み

1 プーマワン19.4 HG 2-3













インソールと中底はあらかじめ接着されています。

このインソールはテイクダウンモデルらしい簡素さで

滑り止め効果は一切なく、クッション性もほぼ皆無。

まあインソールにこだわりがない人はそのまま履いてもいいですが、

私は最初のインソールは剥がし取って

滑り止め効果がちゃんとあるインソールに取り換えて履くことにしました。




プーマワン19.4HG レビュー評価

1 プーマワン19.4 HG 9-1











【まとめ】
耐久性に優れた人工皮革アッパーを採用し、

標準幅で、つま先の高さも考慮した新ラスト設計を採用することで

クセのない足入れ感と人工皮革のホールド性を両立。

シンプルなショートタン+ローカットの履き口採用で着脱のしやすさも確保。

HGソールと中底はミドルモデルもテイクダウンモデルも同じで

ソールは屈曲性、安定性、剛性のバランスを実現。

定価6,480円というリーズナブルさもポイントで

練習用スパイクの用途として日々の練習でガンガン履けるスパイクだと言えます。



reiz11814











そして、試合用スパイクに『プーマ ワン 19.1 HG』や『プーマ ワン 19.2 CC HG』を選んで

同じプーマワン19シリーズで履き分けていけるラインナップ構成です。


それではまた次回!Gracias. Adios!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プーマ  ワン 19.4 HG
価格:¥5,177円 (2019/2/3時点)