LinguaFranca

新米映像翻訳者 兼 新米ママのお仕事と育児の両立奮闘記!

今日から外勤の仕事が始まります!

細々とでも本業を続けていけるよう週2〜3日の時短勤務で、来年頭までの短期の仕事です。私の配属されるチームは、なんと全員がママ。お顔合わせの時に「困った時はお互い様、コミュニケーションをしっかり取って乗り切ってます!」というお話があり、安心したと同時に、この仕事はきっと自分にとって良い経験になると確信しました。


映像翻訳の方は、ちょうど実績を積みたいジャンルの短尺案件を余裕のあるスケジュールでいただけました。そちらを丁寧に仕上げて、今月の仕事はシメようと思っています。

来月以降も映像翻訳は無理のない範囲で受けるつもりですが、外勤の方が忙しい週は出勤日数が増えることもあるとのことで、そういう場合は割り切って空き時間を勉強に当てようと考えています。

休みを取るとクライアントさんとの関係が切れてしまうのでは?とヒヤヒヤしてしまいますが、これは次のステップアップのための準備期間なのだと自分に言い聞かせて頑張らなくては!!

前日オットがお土産で買ってきてくれた
ミスドのハロウィン仕様のドーナツ。
オールドファッションと半分こして盛り付けたら
ホラーになりました。



今日は本当にまったく予定のない、自由な1日でしたーーー!

溜まっていた家事を片付け、お気に入りのパン屋さんでブランチしながらのんびりするという、大好きな過ごし方ができて大満足。おまけにナイスタイミングで洗濯に出していた布団がフカフカで返ってくるという!気分最高です。

このところ急ぎの仕事が多く十分な睡眠時間を取れていなかったり、仕事のことで悩んだりと、肉体的にも精神的にも少々疲れ気味でしたが、やっといつもの自分を取り戻せた気がします( ;∀;)

独立してからここまで結構がむしゃらにやってきたので、一度落ち着いて自分の弱点やクセなどを冷静に分析しながら、これからの作戦を立てる良い機会かもしれません。

客観的に見て、今の私にはこれ以上クライアントさんを増やしたり単価交渉をしたりできるような実力はないと思われます。なので、しばらくの間は自分に足りない部分を勉強しながら、お取引のあるクライアントさんのお仕事を無理のない範囲でお受けするつもりです。

そうなると次は収入面が問題になってきます。以前も書いた通り、しばらくは外勤と映像翻訳と半々にする予定です。今、短期ではありますが週2日だけ時短勤務の仕事の話をいただいています。もしその仕事をやらせていただくとなると、映像翻訳の仕事を無理に何本も詰め込む必要はなくなりそうです(兼業するためには時間の使い方は工夫が必要ですが。)


これ、私の独自調査なのですが(笑)、映像翻訳の単価の低迷はどうやら10年ほど前から一部で起きていたようです。つまり、この先10年、業況が好転するかどうかはかなり怪しいと思います。すでにお仕事が軌道にのっている方は別として、私は映像翻訳者としてまだヨチヨチ歩き。この単価低迷時代からどう這い上がって行くかに関しては、過去の諸先輩方の成功体験はあまり参考にはならないかもしれません(その先輩方のデビュー時とは業況が違うと思うので。)

上記のことを鑑みても、今の自分にできることは、万一映像翻訳がダメになってしまった時(なんて考えたくもないけど!)に備えた収入源の確保と、映像翻訳の実力を地道に伸ばして行くこと・実績を作って行くことです。



「フリーランスって、自由に時間が使えていいよね」とよく言われます。表向きは「そうかもね」ってニコニコ笑ってますが、とんでもないです。。。有給やボーナス、固定の収入、会社の看板があるからこその信用。そういったものにどれだけ助けられていたか、フリーランスになって嫌という程思い知りました。無名の人間が自分1人でイチから稼いで行くって、ハタから見るより100倍くらい大変だと私は思います。少なくとも、今の私は。。。

それでも、何もかも自分次第というところに、たくさんの可能性を感じられるのがフリーランスの素敵なところ。そして、担当した作品が形になって残るのがこの仕事の醍醐味。途中で諦めなくて済むように、なんとか荒波の中を進んでいきたいと思います。

先日、担当させていただいた作品が上映されるとのことで、夫に息子をお願いして見に行って来ました。


受付でご挨拶をすると、「たくさんの方が見に来てくださっていますよ!」とお声がけいただき、上映前から胸がいっぱいに。


字幕制作時から繰り返し繰り返し見てきたはずの作品ですが、改めて見るとやっぱり衝撃的で、ものすごく心に突き刺さりました。

とても苦労したけれど頑張った甲斐があった!!!


1つ仕事を終えるたびに、この仕事をしていて良かった、また頑張ろう、と強く強く思います。


前回、仕事を一旦お休みしようか迷っていると書きましたが、その気持ちは変わりません。

いい仕事をするために、少し体を休めつつ、勉強をする時間が欲しいのです。でもブランクがちょっと怖いのも事実。なので、今後しばらくは受注本数を減らして1本1本の仕事を今まで以上に丁寧に仕上げ、それ以外の時間は他の仕事と勉強の時間にあてるのが理想です。

なんだかんだ言ってまた面白い仕事が来て、気がついたらまた翻訳一色になっている可能性もありますが。笑


とりあえず今日から1週間お休みしまーす!!

↑このページのトップヘ