今朝はスッキリでリアム・ギャラガーのインタビューとFifth Harmonyの生ライブが放送されましたね^^
スッキリの海外アーティスト特集、結構好きで見ています。


ところで、リアムのインタビューに絡めてoasisのMorning Gloryライブ映像が流れていたんですが、下に出ている日本語字幕がめちゃくちゃ気になりました。「“朝顔の伝説”」ってナニー?????
oasisは高校時代から好きでしたが、お金が無くてTSUTAYAで借りたり輸入盤を聴いたりだったので日本語の歌詞カードを読んだことがなくて。歌詞をあまり深く考えず、ずっと男の子のアノ現象のことか、LSDのこと、はたまたもう少しマトモな意味かな~くらいに思っていました。ダブルクオーテーションでくくってるから、アサガオのLSDの別名?何か意図がある??たぶんTVで堂々と出すくらいだから公式の和訳なんでしょうけど、朝からうーん、とうなってしまいました。

例えば元が非常に難解な作品なら、何が何でもクリアな言葉に訳すというのはちょっと違うとは思うんだけど(訳者が理解できないからボカすという意味ではなく、元の雰囲気を尊重して訳すという意味です)、あまりに「?」となって音楽や映画が楽しめなくなるような訳は避けたいなと個人的には思います。でも実際に仕事をしているとすごく難しくて、まだまだ修行が足りないな、と感じます。

作品の邪魔をしない、カンペキな黒子になれるように、日々精進しなくては。。。