2006年06月

2006年06月28日

サヨナラサヨナラ…。

僕は忘れてはいけない。

そこに集中する事の意味を。

君は気付かなければならないね。

そもそもの集中するという事自体に。

ただ一点に気を集めて息を吸う。そんで息を吐く。

集中…まさに宇宙の始まりのビック・バンみたいなもの。

2006年06月26日

コンパニオンベイベ〜

オレンジ色の夕陽に胸はドキドキする。
しかもその夕陽が5つも出たからドッキドキのバッキバキ!!

オレンジ色のスーツに身をまとい膝上10cmのスカートで階段から現れた5つの夕陽娘たち。

『スローモーション』

まさに時間のカチカチ鳴る音が聞こえそうなストップモーション。

息を吸うのも忘れて見入ってしまう。

僕の目の前に現れたのは女を武器に世界を泳ぐコンパニオンの五人組!!

なんていやらしい女たちだ…。

お酒を注ぐ仕草も、席の脇を通り抜けるその歩きも、その後に鼻に香るきついコロンの匂いもすべてがいやらしくて生々しい。

よしの、くみ、すみか、ゆうこ、りかこ…。

はぁ〜頭の中がグジャグジャするね。

でもね。それ以上にいやらしさの頂点で有頂天だったのは他でもない僕のじいちゃんだったんだな。

コンパニオン五人娘にお金をやってる僕のじいちゃんのいやらしさはそれはそれは素敵だった!!

君にも見せたかったなぁ。


2006年06月23日

君との距離、10センチメンタル

君と出逢って僕は変われたかい?
僕と出逢って君は変わってしまったかい?
僕はいつでも知ってし、いつでも君を探してた。
僕はとっくに気付いてたし、どこでも君を探してた。
一方的な想いを持ち続ける事の素晴らしさも感じる事が出来る距離に君を想って。
君が僕を知らないはもちろん僕も知ってるわけで…。
最近じゃ世界が君を無視し始めて、君を感じる事も出来なくなりつつあるよな。
神様とか言われてこれっぽっちも恥ずかしさの欠片も持ち合わせない奴にはもうウンザリだよ。

君を探してた。
ずっと探してた。

疫病神が世界に向けて3枚目のカードを切った瞬間…。


僕と君の四年に一度の夢は終わっちまったよ…。


神様教えて下さい。


なぜ彼の姿が緑のピッチに見えないんだ!!!!


P.S.そんな彼は僕の手に操られ夢の舞台をインターナショナルカップに移し1ゴール・2アシストの大活躍を見せてくれた。

耳を澄ませば聞こえてくる…

オ〜ノシンジ!!!!!オ〜ノシンジ!!!!!オ〜ノシンジ!!!!!オ〜ノシンジ!!!!!!



2006年06月22日

24時間をあと何回?

豚骨ラーメンは食べない。
臭いし油っぽいし食べたあと吐いちゃうからね。
豚骨に限らず油っぽいのがダメなのかもね。
肉の脂身も魚の脂っぽさも口に入った途端に吐き出してしまいたくなる。
その場ではいいんですよ。なんとかおいしく頂けるのよ。
ただね、帰り道に吐いちゃう。
そうね、うちに帰ると吐いちゃう。

誰にでもあっていいもの。嫌いな者や嫌いな物。

野菜が嫌いだったあいつは給食の時間を軽く跳びこえ昼休みを泳ぎきり5時間目までも無視してた。
挙げ句の果てには給食袋にすべて詰め込んでランドセルを背負って帰ってった。ほぼ毎日。
どんな気持ちでランドセル背負って歩いてこの世界を行ったり来たりしてたのかな。

好きに理由はいらないが、嫌いに理由は必ずあるのさ。


卒業文集でクラス全員にコメント書いてたあの娘。
僕にだけコメントが無いなんて相当な理由があったんだろうね。

君側から見ればはじめての僕です!!

MKK世田谷支部局長の僕です。

大きな声で唱ったり小さな声で囁いたりするんだよ。
週に何度かスーパーでレジを打ったり打つフリをしてみせたりもするんだ。
いまそこのあんたに愛想良く笑いかけたり不機嫌な素振りをみせるし
電話やメールには気分で出たり出なかったりとみんなを困らせちゃったりもするんだよ。
お風呂にも最近はしっかり毎日入るように心掛けてるし
食べたらすぐ歯磨きぐらい出来るってことを証明してみせるんだよ。
寝言だって寝相の悪さだってビックリするくらいさわやかになったんだよ。
寝言、寝相の悪さで叫んだり暴言はいたり壁や床や人間を殴ったり蹴ったりなんかしないさ。
この間だって自分の笑い声でスッキリ目覚めたんだよ。
物に当たる事も滅多になくなったよ。ズレたタイミングで怒鳴る事も頭に来る事も無いよ。
お弁当のおかず食べられたぐらいで頭に来て食べかけのお弁当を窓から放り投げるような粗末な事ももうきっとしなはずだよ。

僕は立派になったんだ。

スーパーのレジでお会計の時に細かいお金(100円をオール一円玉)で払いやがったあのふざけた中年。自分の財布の中にある細かいお金を処分したいがためにワザワザお金広げて僕に拾わせてなおかつ一言拾い方にイチャモンをつけてくる初老のクソジジィ。
貴様らが去った後のレジ周りに細かく切り裂かれたレシートの破片が落ちているうちに、脳内処理出来てるうちに対度をあらためなさい。

でなけりゃレジ台に僕は駆け上がりそこからドロップキックをカチ喰らわすぞ!!

家の近所の公園で夜中までバイクの騒音で僕の眠りを妨げている素敵少年少素敵女達よ。
二度と戻らぬ蒼き日々を精一杯楽しむが良い。

でもね、君達の素敵な時間を突然終わらせるあの紅のサイレンに電話をかけているのはこの僕だ。

そんな立派な僕の日々のあぶくを君は見にくるがいいさ。
最初だから長くなったけど気まぐれだから期待はしないで下さい。
まぁいい具合にいい加減であんたと繋がっていくんだ。

まぁ初回はこんな具合でいいんだと思うよ。



あ、ちなみに胸キュン会では随時会員を募集しています。