2006年08月

2006年08月27日

こんな世界…あんな世界…

クソッ!

ウンコ!

クソックソックソックソックソックソッ!
ウンコウンコウンコウンコウンコウンコ!

はみ出せ!飛び出せ!振り撒け!垂れ流せ!

思い通りにいかないなら要らないから消えてください。

あんな世界こんな世界、愛は地球を救う!愛は地球を救う!愛は地球を救う!愛は地球を救う!愛は地球を救う!って?

地球より先に俺を救え。

地球より先に俺を救え。

地球より先に俺を救え。

もう、勘弁してよ…。

やっぱ地球を救ってください。

でも救えないと思います。

ごめんなさい。

救えないね。

2006年08月21日

コールドゲーム

fa497781.jpg







あ、そういえば僕はよく勘違いをするんです。

勘違いを勘違ったりもしたりします。


これがね、

実にね、

楽しいね。


気持ちが大気圏を突き抜ける、

僕が僕を解放する、

僕と僕が二人ではしゃぎ出す感じ。


僕と僕が相談して、

僕と僕が決定して、

僕と僕で動かして行く感覚。


勘違いした僕を、

勘違いさせた僕を、

僕は優しく抱きしめたくなる。


僕と僕と僕。

僕等は勘違いを両手いっぱいに、

楽しいことも、

楽しくないことも、

弾けて弾んで日々に生きる。



僕等は勘違いを圧倒的に肯定する。








夏の虫

今年も奴らがやって来た!

僕らで言うところの7年もの時間を土の中に身を隠している。

それが永いのか短いのかはわからない。

地上に顔を出してから僕らで言うところの一週間で終わる一生をひたすら鳴いている。

土の中がオンステージなのか、地上に出てからがオンステージなのかがわからない。

土の中から出ることに鳴いているのか、地上に出たことを鳴いているのか、はたまたただ鳴くものなのかがわからない。

わからないから、

まだ地上に顔をだして間もないその夏死骸に、「お前ついてないな」と一言いってやった 。

2006年08月19日

柏コールセンター


見た目がおしゃれでそれっきりの、不思議な飲み物がありました。

ミントを効かせたミント水なる水がありました。

僕は飲むことが出来ず、飲もうとすることが出来ずにボンヤリその味を想像していました。

皆が云うには歯磨き粉を溶かした味らしいですよ。

それなら今すぐ再現できます。車の中、クリアクリーンで今まさに歯磨きしてる僕。

右手で2リットルペットボトルを口に当て、一気に、一息にクリアクリーンと水を胃に流し込みますね。

あぁこんな味の飲み物を皆は飲んでいたんだね…。

値段がする割にイマイチな味だよね。

2006年08月14日

僕はヘッドフォンと恋に堕ちた…


僕も思う。

そーめんの麺つゆがコーラだと美味しくない。

美味しくないから吐き出して目線をその美味しくない物から上にやる。

笑ってる。

誰もがしてやったりと笑ってる。



そういう笑顔が頭にくる。

そういう楽しみ方にイライラする。

そういう時に機嫌を悪くする。

そういう場所からだから姿を消す。

でもね…

そういう僕も笑ってた。

そういう僕が笑えてた。



少しずつだけど僕は変わった気がする。

つぎまた逢う時も僕は変わってる気がする。



ヘッドフォンに恋をしたせいかもしれないね。



そういうこの瞬間にだって僕とヘッドフォンは繋がってる。

そういう頭のてっぺんでキスしてる。











2006年08月03日

NannnoKORESHIKI

清水駅のアーケードの商店街では僕がひとりでヘッドフォンをつけて入り口から出口を行ったり来たりしています。音楽に合わせて踊るように歩いています。天井に突き刺さる雨の心地よさに体も心も弾みます。だんだん気持ち良くなってきます。どんどん気持ちが良くなってきます。こんなに気持ちが良くなると普段は考えられない行動をしたくなります。だから行動します。適当な番号のボタンをプッシュします。適当に打っても誰かと繋がるからなおさら気持ち良くなってきます。受話器の向こうの誰かも判らない人が怪訝そうにも繋がってくれました。嬉しい僕続きを読む