2007年03月

2007年03月31日

星のアイデンティティー

夜桜の下、『お花見をしましょ!!』って人差し指に停まった七匹の蛍たち。あっちの水は甘〜いぞ!!こっちの水は甘〜いぞ!!儚い光を発光しながら、この季節限定の滴る花の蜜を口をパクパク開けてる、もはや蛍ならぬ池の鯉!!

陸地では生きれぬそれが鯉の掟。このままでは息が出来ぬ…。『苦しくはないの?』と桜が尋ねる。『かなしくないの?』と鯉も聞き返す。

答えなど出やしない。

それを見かねた空が風を呼び、更には雨を落とした。
風は桜の花びら舞い散らせ、鯉も鱗(ウロコ)が剥がれた。

雨はそれらを故郷の海へと流していく。

残っているのは七人の笑い声と写真には写らぬ七色に光る記憶だけ。

それを見た月は安心して太陽にバトンを渡す。

光よりも速い速度で存在する唯一のものは人の想い。












はて??なんのこっちゃ!!




2007年03月30日

父と息子





よくご覧に!!


よくよくご覧になって!!





その文字がまるで背中に見えるのは僕だけかい?





その文字が情けない男の顔に見えてしまうのは僕だけかい?


八王子は恋の街。


父の鼓動よりも確かな歌を歌ってさしあげてよ。


父の背中よりも確かな歌を歌ってさしあげてよ。


母の愛に溢れた確かな歌を歌ってさしあげてよ。


僕は声で君に届けよう。



2007年03月29日

混ぜるな危険!!

魂パクトディスクの10曲目はなんだっけ?












はい、正解!!


そうだね。タイムショックストーリーだね。

では、あの曲のピアノを弾いてくれたのは誰でしょう?












おしい!残念!!


答えはフランソワ相田さん。


その相田さんの家は経堂にあるんですわ。そこに佐藤兄さんと二人で遊びに行きました。お昼ご飯をよばれ、三時のおやつを喰らい、夕食まで頂きました。

おやつに喰らった相田流パフェがあまりにも美味くて3回の御代わり!!

おやつのあとはピアノを聴きながら、佐藤兄さんのギターと甘い声を全身で感じながら一人ソファーを背にお昼寝。

お昼寝って二度寝の次に気持ちがいいんだぁ〜!!


今度生まれ変われるならば、僕はお昼寝か二度寝になりたいです。

それがダメならパフェになりたいです。

星に願いを。

月に祈りを。

君に想いを。



2007年03月28日

『眠い!眠い!』と訴える体の叫びを無視して新宿ロフトから続く1日を引き連れて眠らずにバイトに向かう。何度も訴えかけてくる体の叫びに耳を塞ぎ、なんとか無事バイト終了!!

そのまま僕は足を八幡山に向ける。世田谷線山下駅から京王線下高井戸へ。そこから目指すは八幡山。八幡山にはご存知の佐藤お兄さんが住んでいる。要は僕は佐藤お兄さんのところに遊びに行ったのだ!

やはり男前が二人集まれば云わずもがな開始のホイッスルが鳴り響き、たこ焼きパーティーのキックオフ!前半・後半戦ともに丸いたこ焼きボールを口の中、即ちゴールに放り込む!!

結果は男前二人の圧勝!!!

第3戦の作戦を二人で練りながら、時が来た。僕はまた家へと帰る。

来た道順で帰るのだ。

そうして昨日から続く永い1日を終えて、明日の僕にバトンを渡したのだ!!








僕らはたこ焼きのセミプロにレベルアップしました!!!

2007年03月27日

機密クラッシュ!!

新宿ロフトにお集まりのMKK会員の皆さま。間違いなくあの日の主役は僕とあんた!!

新宿ロフト。僕にとっては思い入れのないライブハウス。憧れもない。目標でもない。あの日の1番目に出たバンドさんは最後に『ロフトありがと〜う!!』なんて言ってた。ロフトにありがとうってどうなの??僕には解かれないや。彼らとロフトの関係。彼らのロフトへの想い。僕に知る余地もない。

話は変わって僕とメンバーと大好きな人達でジョーの就職出発進行!祝賀会をロフトのバーにて!!一年半以上NAPを支えてくれた彼が僕は大好きです。誰に何を言われても、僕に何を言われても自分の道を変えずに進んだあいつを尊敬しちゃう。とにかくあいつのドラムが大好きです!!お酒に酔っ払ってお喋りになっちゃうあいつを愛してます。それとね、最後の最期にアイツが叩く『星クズの彼方へ』を歌たんだ。それを許してなおかつ演奏させてくれたロフトの店長で同学年の大塚くん。これまた同学年の元気娘のちびた。ビールをご馳走してくれた素敵なママ〜ン。輝かしき仕事姿のキミ〜。こんなところであら偶然のシシさん。明日があるのに残ってくれたみんな。ライブに来てくれたあんた達に…あんりがとう。
想いがまた生まれたよ。

2007年03月26日

心音リフレクソロジー

『心臓の位置再カクニン』
時間にして数秒たらずで終わりを迎えるこのフレーズ。

口に出して、言葉にしてみればわかるはず。


素敵なメロディーだよ。


心に響きをもたらす言葉のすべてが歌なんじゃないのかなって…。


すなわち作詞作曲《白湯》ってことなるね。


これは名曲だね!!


ちなみに《白湯》ってのは素敵な女子二人組で、僕と(同い年)で、すなわち(松坂世代)で、アイドルといえば(光GENJI)です。ついでに(アラレちゃん)でもあり、(燃えるお兄さん)でもあります。(ファミリーコンピューター)、さらには(PCエンジン)な女子二人楽坊です。

そんな素敵な二人が産み落とした『心臓の位置再カクニン』という名曲をいつからか僕が無許可で口にするようになりました。


幸いなことに訴訟をいまのところ起こされてないこので安心安心。



ところで


あなたは心臓の声を聞いたことありますか?


僕は一度だけハッキリと聞いたことがあるんだよ。


それはそれは美しい歌声でした。


あんなに美しい声なら何度でも耳にしたいよ。


あしたの夜に聴けるといいなぁ〜。




2007年03月25日

快感フリーパス
































ヤッホーーーーーーー!!!!!















2007年03月24日

音殺!!

音に殺されるかと思った。

あまりのスピードに『こいつ僕を殺す気だ!!』って感じたんだ。

スピードから振り落ちないように必死でマイクを握りしめてたら、殺されそうなのになんだか気持ちいいやってなって笑けてきた。

下北沢屋根裏にてセクシーパンサーのイベントに参加。本日のドラマーはスーパーサンダースの殺人スピード狂ドラマー川口・セックスマシーン・カズヒロが担当!!

実に彼も素晴らしいナイスガイなんだ!!

彼はプロレスが好き!!

僕もプロレスが好き!!

二人はプロレスが大好きなんだ!!

プロレスラーみたいな強靭な肉体は持ち合わせてはいないかわりに、僕らは音であんたを殺す!!


もうボッコボコのボッコボコのボッコボコにしてやる!!


ボッコボコボッコボコに音でぶん殴ってくれる!!


セクシーパンサーのベース担当のルパンさんもボッコボコにボッコボコしてくれる!!


二度と生き返れないくらいにね。


なにはともあれボッコボコ

明日はどっちだボッコボコ






2007年03月23日

月夜の散歩

『ハウス!!プーマ、ハウス!!』なんて言ったところで微動だにしないのは、幼い僕と凄いスピードで大人の階段駆け上がる犬(プーマ)の間で、それはそれは凄まじい戦いの歴史があるから。

僕のペットの犬のプーマはザリガニと喧嘩します。僕が喧嘩させました。僕のペットの犬のプーマは水が苦手。僕が水でいじめたから。

プーマの天敵の人間タケヒコはあさりが苦手。あさりを食べて熱をだしたからだ。プーマの天敵の人間タケヒコはチーズも苦手。それは不味いからだ。

でもそんな僕のプーマの唯一の共通点は互いが互いに苦手意識を持っていることだ!!

苦手なくせに僕が近付くとお腹を触れ!!と仰向けに寝そべる。

苦手なくせにそうされるとなんとなく腹をなでなで。頭もなでなで。おしりをなでかで。

苦手な一人と一匹はなでなで、なでなでする。

その度に苦手な一人と一匹はなぜナゼ何故何故(?д?)ってなる。

次あいつに会う時は散歩に出かけてみよう。

街灯の少ない僕の家の周りを夜風に吹かれながらぐるぐる散歩しよう。

暗くて怖くなってもすぐ引き返したりもうしません。首輪を外して『生きたいように、行きたいところにお行きなさい!!』なんて言って困らせたりしない

2007年03月22日

キッチン手間手間

ほんの少しの愛情スパイスをかけるだけなんだね。それだけで形も色も香りもすべてが変化してくんだね。
サイヤ人がスーパーサイヤ人になるのといっしょで、麻婆豆腐がスーパー麻婆豆腐に変化した!!

サイヤ人からスーパーサイヤ人への変化の過程には怒りやきっと哀しみが必要なんだけど、麻婆豆腐からスーパー麻婆豆腐への変化の過程に必要なのはゆとりと手間と愛情が不可欠なんだ!!

手間を惜しむな味惜しめ!!
手間を惜しむな味惜しめ!!

だけどもね手間かけりゃ、愛情かけりゃいいってわけでもない。

卵を半熟で楽しみたかっら、時を知りなさい。時を知らないと卵は完熟になってしまう。

時間はかけすぎてもいけない。

お金は借りすぎてはいけない。計画的にご利用しなくちゃならぬ!!





ともかくタイミングを外したら上手くいくもんも不味くなって犬も食わないよ!!

いま出来るんならいますぐしちまえ!!


『いつか!』なんか訪れたためしがない!!









いますぐだ!!