2007年07月

2007年07月26日

パパパパビート!!

寄り添ったり寄りきったり。押したり引いたり。突き飛ばしては、抱き寄せたり。絡ませては、ほどいたり。好きで嫌いで、気にしたりされたり。ほっといて欲しくて、かまって欲しかったり。お茶を飲みたかったのに、コーラを買っちゃったり。渇きを潤す声と言葉が欲しい。ほんの少しの刺激も欲しい。まさに微炭酸。そうだファンタに相談だ!!


そう!ファンタに相談だ!


7・27at八王子PAPABEAT!!コシさんナイトにて僕は弾き語りで歌います。僕達NAPがお世話になってる八王子MATCHVOXへと潜る階段の隣に、上へと昇る階段があるのだ!そこを登るとアコースティックライブハウスPAPABEATなんだす。僕の予定発射時刻は出番最後の9:00アル。ここは食べ物がとても美味いよ。来たらいいよ。もちろん来れなくてもいいけど…。でも来たらなにかと出逢えるかもよ!!?八王子の近所の方も、八王子が遠い方もいらっしゃい!

とにかくファンタに相談だ!!!


チケットの相談または予約はmkk-mune-kyun-kai-@docomo.co.jpまで!!

僕のひとり幕府!!
君のひとり幕府!!

かまってかまって!!!!!


2007年07月21日

チョイスを回せ!

300年後の未来のはなしに、ボクの名前は出てこない。1000年後の未来のはなしに僕の影すら届きはしない。

『空飛ぶ車』は?『浮き出る映像』は?『タイムマシーン』は?『いや!出来るよ!!遠い未来に必ずや現れてボク達が描いた世界になるんだ!!』ただ遠い未来はボクを含まない。遠い未来じゃボクがもたない。それが無償にかなしいからか、嫌に意地になって口を切れないけれどもナイフみたいに尖らせてる。『切れないナイフなどちっとも怖くもなんともないわ!』と歳上のアタシがボクにつっかかる。『どうせアタシたちのいない未来のはなしじゃないのさ!ボクもいなくなって見れりゃしないわよ!!』切れないナイフは怖くもないのだ。

『じゃあボクの子供の子供のそのまた子供の子供たちに見てもらうからいいもんね!!』出た!!切れないナイフの真骨頂!!

『んじゃ意味ないじゃんか!!』出た!!歳上の余裕か、痛恨の一言!!

膝丈にもみたない小さなボクと膝丈にまもなく到達する小さなアタシの口喧嘩!!そんな遠い未来に互いが含まれないのを知りながら少し昔にタイムスリップしてる。眠るときに見る夢の中でのおはなし。

夢にはもう一人いた。そんな二人のはなしを涙流して笑いながら、なにも言わずに見ていた女の人。髪の毛に揺れるパーマをかけた、静かに微笑む女の人。僕はその人が誰なのか知ってる。なぜその女の人が夢に出てきたのかはわからない。僕のバイト先のスーパーの前にある、針マッサージ医院で働く女性だ。確かに今日も働いてた。彼女は手に針を、僕は手でレジを弾く。お客で混んだ時はいいが、空いてる時間にレジに入るとこれが実に楽しい。ぼんやりレジの中から、僕だけのお城から辺りを見回す。世界を見渡す。これが好きなんだ。

ぼんやりしてると通りの先で言い争う小さな声がふたつ。膝丈にもみたない小さなボクと膝丈に到達しそうな小さなアタシ。それを隣に静かに揺れるマッサージ師の彼女。そんな世界をぼんやり見ている僕。そんな夢を見ました。

そろそろ寝ようかな。起きたらファインガールのアルバム発売記念イベントがマンホールであるんだ。


『楽しい音楽の時間』


あんたに逢えたらうれしいなぁ。



話は変わるがblogのことを日々のゴミ箱だという意見がありまして、彼曰く僕達は他人のゴミ箱をあさって悦ぶハイエナだっていわれましても…


ただ気になる人のゴミ箱なら喜んであさるさ。


だって気になるじゃ〜ん!!

気になると眠れないもん!!


2007年07月13日

毎秒ELECTON!!

ロンリーロマンサーミワタケヒコの深夜特急便!!

本日13日の金曜日、世界を恐怖で震えあがらせたマスクマンをやっつけるべく、新宿はロフトにてロフト&エレクトオン企画の『居酒屋LOFT』に参戦します。

この居酒屋はオープン17:30スタート18:00となります。僕は三番手をつとめさせて頂きます。時間にして19:00となります。

飲んで飲んで呑まれて飲んで、あとは唄うだけ〜!!

13日の金曜日を共に過ごすメンバーは、町田直隆/今井三弦/KENZO/南謙一(宙ブラリ)/増沢ヒロユキ(テルスター・ガールハント)/新宿心音会板谷祐/で白い仮面を被った恥ずかしがり屋のシャイゾンビをコテンパンに唄い倒します。

ドアを開けて世界に飛びだしたい人はいらっしゃい!!
それではロンリーロマンサーミワタケヒコの深夜特急便でした!!

さて、寝たフリしよう。



2007年07月10日

1980〜2007

c5406fde.jpg27年前の昨日、地球という銀河系の星に一人のお姫様が誕生しました。

お姫様はすくすく育っていきました。数知れぬ幸せをくぐり抜けて、数知らぬ苦を突き抜けて、本日ロックのお姫様は素晴らしき音と声と繋がりの真ん中でお祝いの儀式を無事執り行われました。

いつぞやの言葉を借りれば、限られた命の時間の中を游ぎ漂いながら、いつしか流れの中で見つけたかけがえのないもの。限られた記憶の中に埋め込んだ僕を形成するひとつのピース。

手にして溢れるものがあります。目にして流れるものもあります。耳にして確認するものがあります。

大好きな日焼けした浮世の詩人かが言ってた。『七夕よりもロマンチックな夜がいいな。』まさに今夜。

勘違いでも構わないのさ。

あんなにたくさん両手に荷物抱えたお姫様も珍しい。白馬の王子様もいいが、今夜の姫には力持ちで愛くるしいロバに乗った年下の男の子が似合う気がした。渋谷の真ん中でロバ!?それに跨り帰路に着く姫。なんだか想像するだけで愛くるしい。

渋谷の街と少しだけ、ほんの少しだけ僕は踊れた気がした。


ロック姫万歳\(~o~)/













\(~o~)/『僕達がここにいるよ!!』


2007年07月09日

下北沢へでかけよう!

北沢音楽祭が下北沢で開催されて今年で17回目なんだって。

つるかめバイト帰り、待ち合わせの時間まで少しある。寄り道食べようと日曜日のごったがえす下北沢をぶらつく。いつもの洋服屋でも行くとするかとぶらぶらぶらぶらぶ〜らぶら。するとどうだろう。

あらあら!

目的の洋服屋の先から歩いてくんのは君かい?昨日振りのメロスホシコではないか!!まさに昨日から繋がる偶然の再会。お互いすでに驚くこともない。さも当然のことのようにご挨拶。『ご機嫌いかがかな?』の握手を交わす。握った手から脳に伝達される『ぼちぼちでんがな。』そしてまた後ほど…。そうだ!今日まで靴屋のSTEPでずっと愛用してるコンバースのオールスターが¥2.990の特売だったことを思い出す。向かいます。歩きます。入ります。出逢います。お久しぶりです。昨晩ぶりです。メロスカズミの登場です。大きな拍手で迎えます。まさに今日と昨日が繋がる!!

一旦家に帰宅。タバコに火をつける。吸う。ひたすら吸うタケヒコ。吐く。ひたすら吐くタケヒコ。揉み消す。力抜いて!緊張しないで!と吸い殻の海のような灰皿で火を消す。

待ち合わせ場所に向かう。下北沢へ出る。歩きますと待ち合わせ場所には先程ぶりのメロスホシコに、一昨日下北沢Queにて見事なDJっぷり!晴れ姿を披露てくれた夜桜ユミ。奇跡のような天然娘。何度も言うが、『お前は小学3年生か!!』さぁいざ!本日もタウンホールに出掛けます。

北沢音楽祭をパレードで盛り上げてたブラックボトムブラスバンドの演奏を堪能しました。スウィングします。そしてなにより下北沢の街タウンホールにて、スペシャルゲスト。かの有名な黄色い天使『ピカチュウ』登場!!ステージから降りるときのあのノロノロした足元おぼつかない姿に僕達は爆笑!!ピカチュウの素を見たり。

それからご飯食べに行った。下北沢の南口にある『定食屋千草』ってところ。ずっと気になってた店。幸いなことに僕は第一希望の定食を喰らう。ホシコップにユミンコップは第一希望が売り切れのためあえなく第2希望の定食にマイナーチェンジ。何気ない会話をしてご馳走さまの挨拶して、それぞれの帰路につく。



踏み出す一歩目が一番体力と気持ちを使う。なにか新しい世界に旅立つのはなかなか出来るもんじゃないのさ。

それを考えたら今日のピカチュウのあの一歩は素晴らしいと思うのです。


愛と勇気だけが友達なのだ。それはアンパンマンだけどね。



とにかく来年も再来年もこうして北沢音楽祭から夏の始まりを感じたいな。


さぁさぁ夏の始まり始まりでやんす!!









皆様ご一緒に!!


3…2…1…『わっしょい!!!』


2007年07月08日

星に願いを…

62ecac7f.jpg今夜一度は空を見上げた?僕はいま下北沢を歩いているよ。時々空を見上げて、携帯電話の画面見つめて、たまには前を確認しながら、まさに家に帰る途中。銭湯に行くちょっと手前。

下北沢はにぎやかね。街の中をブラスバンドが行進しててホント、にぎやかね。さすが下北沢やね。あちらこちらで音楽が鳴ってて素敵な街やね。

今日は北沢音楽祭なるものにかすかながら、触れました。ほんの少しタッチした。しかもハイタッチ!!

ぼんやり一人で部屋に、布団を抱きしめてたら、僕を呼び出す電話のベルがなる。『ユーはなにしてるの?』なんて受話器に尋ねられる。『呼吸してるの。ぼんやりしながら。』と答える。『なら下北沢にでかけない!?』受話器が僕を誘う。そう僕を誘うのは二十歳になりたてのカズミちゃん。夕方も7時を回り北沢タウンホールに。タウンホールの一階のロビーで目に入ってきたのはタップダンスを踊りリズムを蹴りだす二人人の奇妙な兄さん達。んでパイナップルフリーウェイのしんさんが靴脱いで、靴下脱いでヤマキギターを抱きしめて歌う。まったく素敵な人だ。そんでANIMAってバンドの浜松生まれのはるまげ君!どうやらNAPを観たことあんだって。はるまげ君は歌を歌うときジダンダ踏みなが歌うんだ。どしたんだはるまげ君!!素敵な人はいるもので、下北沢Queでお世話になったブッキングの吉田さん、そのロビーのイベントを仕切る素敵な酔っ払いのこうちゃんさんの素敵な計らいと、予想を上回るイベントの巻きの進行のスペシャルタッ
グにより、飛び入りで僕が参戦。歌を二曲炸裂させる。ギターはパイナップルフリーウェイのしんさん愛用のヤマキギターを拝借!!僕もね、北沢音楽祭ってあるの知ってからすごく出たかったんだ。それが昨日の話。でこれが今日の話だら?はじっこのほうだけど、微か微かだけんが参加できたのが素直に嬉しいな。

嬉しいな嬉しいなぁ〜が続くのが今日という日。

歌を歌えば腹も空くのさ。ご飯を、チキンをソテーしたのをチキンソテーっていうんだけどね、そいつを食べてていい感じかい?なんて自問自答しようとした矢先の事!!!矢尻じゃないぜ!矢先なんだ!!知ってる人だけが知ってる『nose』ってバンドの弾き語りが下北沢の路上にて開催されていたのだ!急げ急げ!とソテーを食べて、いい感じに腹の虫を落ち着かせた。それから急げ急げ!とメロスタケヒコとメロスカズミは『nose』のもとへ。目的地は近い!目と鼻の二軒さきあたり。そこにたどり着きましたら、あらまぁ〜不思議!!?メロスホシコがいます!!そして歌いますは『マッチ棒!!』僕らは下北沢で『お〜い!!お〜〜い!!』の大合唱!!道行く全ての人に『調子はどうだい!?』。僕はご機嫌だ!!

今日は歌いっぱなし1日だったなぁ。カラオケいって、タウンホールで、路上で、、、。





届いたんじゃなかろうか。

うん。

うんうん。

天の川を巡る二人の恋の物語のBGMはきっと下北沢の街から溢れてくる音楽だったに違いないんだ。


今日のおしまいにもう一発銭湯で歌ってこよ!!


『いい湯だな!アハハ〜ン!!』


写真/偶然か必然か!!タウンホールで耳鳴り感情リフレインぶりの再会を果たしたアコの激情写メ!!


2007年07月06日

ポケットビスケット!!

1eff7116.jpg誰かにとっていい人。
誰かにとってはいやな人。

誰かにとっていやな人。
誰かにとってかけがえのない人。




ビスケットになりたかったのは冬のキリギリス。怠け者のキリギリスはホントはビスケットになりたかった。ポケットの中で叩けばふえる不思議なビスケットに。

働き者のアリにもらった、かけがえのないもの。

言葉じゃ伝えきれなくて、気持ちじゃ確かめられなくて。繋ぎ止めることの出来ない世界に自分が存在してることをキリギリスは知ってたから。それでもどうにか気にして欲しくて…気にして欲しくて…気にして欲しいから…怠け者を演じてた。それでもどうにか気にしていたくて…気にしていたくて…気にしていたいから…怠け者を演じてる。

だからそのままずっとその場所から動こうとしなかったんだよ。いつも気になる、いつも気にできる距離に存在してたキリギリス。存在していたかったキリギリス。

それが正解か?それが不正解か?どうだっていい。そんなもの。感じることがすべてなんだ。キリギリスの存在してる世界ではそれがすべて。そしてなによりも恐れたことは、受け入れられることでも、拒絶されることでもなく、忘れられること。だから刻んだ。深く刻んだ。キリギリスはその自分の存在を。嫌われることすら望んだ。憎まれることですら望んだ。繋がることに惹かれた。繋ぎ止めることに没頭した。

気にした…それは気にして欲しいから。気にした…それは気にして欲しいから。気持ちに、言葉に、誰かの心の中に存在することの意義がすべてになった。

キリギリスは次第に動けなくなった。繋ぎ止めることの出来ない世界の中で、あまりにも深くそれを強く願ったから。いつのまにか、ほどけないくらいに毛糸。身動きがとれない。それはそれでよかった。構わない。

ただひたすらに、無条件に自分を恐ろしいくらいに与えること。与え続けること。


それを願ったキリギリスがホントになりたかったのは、不思議なポッケトの中で、叩いてふえるビスケットだったんだよ。


かけがえのない人に捧げ続けるビスケットになりたかったんだ。








感ジルコトガスベテ。
カケタモノナニデウメル。
カケガエノナイモノ。


キニシテタイナ
キニシテホシイナ


ソレガスベテ。




昔のお話し未来のお話し…おしまいおしまい…。


2007年07月04日

スナイパー・スナイパー


『いまから一緒に、これから一緒に、唄いにいこうかぁ〜!!』


カリカリに揚がったセミ。二度揚げされた油ゼミ。ミンミンミミミンミンミミミン♪


夏の合唱隊に僕は入隊したいな。樹の影から僕だって夏の合唱!!羽根木公園かな。井の頭公園かな。

セミどもと僕様のコラボレーション!!

そこにあらわれたモジャモジャ悪魔のサディストギタリスト!!彼のエアガンで僕は蜂の巣状態!!

体中に空いた穴にはセミの卵を埋め込もう。そしたら毎年セミの抜け殻の見放題だし、拾い放題!!

そうしようそうしよう。

僕から飛び立つ夏の虫。

あぁ〜なんという素敵なことでしょう!!!!!