2007年09月

2007年09月24日

道のりは遥かに…

ebeeb088.jpg道のりは遥かに遠い。

振り返ることだったり、後ろ向きな人間の歩みを否定的な考え方はどうなんだろう。『毎日が毎日のトレースなんだ!!』ってANOYOが歌ってたのを覚えてる。『24区』って歌だったかな?あれ?違うっけ?まぁいいや。なんだか見つめたくなるバンドなんだよ。ANOYOってバンドは。バンド越しに見つめたくなる毎日の自分自身。『どうなの最近!?』『調子はどうだい!?』『あぁ〜キスしたいな!』『そういや今日うんこまだしてねぇ〜な。』『晩御飯なんにしよ?』『眠い…』『だるい…』『あ、あの娘かっわいい〜』みたいな日々の平凡な煩悩。未来永劫変わることないであろう平凡な煩悩。そんな毎日を否定せず、かといって肯定するほどの材料もない。そんな平凡な毎日の歌。なんだか横道にそれたな。

ただいま僕は御茶ノ水。

路上喫煙禁止指定区域御茶ノ水にて喫煙しながらプッシュしてんだ。

アコースティックギターの修理。なんかアンプ繋げると『ブチブチ』って雑音がする。だから修理に。だから御茶ノ水に。だから修理のはずなのに。修理に出したのに。負傷した部分を適切なオペで完治してもらうために出したのに…。

店員『ノイズとう確認出来ませんでしたよ〜!!』

た『あれ?そんなはずは…。だってもうライブ中にブチブチブチブチ切れまくりで歌どころじゃないほど雑音が怒り狂ってたんですが…』

店員『…(不満気に)じゃ確認してみますか…?』

た『…(不満気に)お願いします…。』

店員『(アンプに接続)ジァラ〜ン♪ジァララ〜ン♪♪ブブ…ブチブチ…!!?』

た『…(怒りを抑え)そのブチブチって音なんですけど…』

店員『…(慌てる)』

た『…(怒りを鎮めて)その音が気になるんですよ!』

店員『…(あたふたと)すぐに原因を探ります!!お時間はありますか?』

た『…(ないよ。待ち合わせ時間すぎてんのよ。)何分で直します?』

店員『30分ほどで…』

た『待ってる』

店員『いつ使われますか?』

た『…明日。』

店員『明日ですか!!?』

た『明日だよ。明日新宿ジャムでかずみちゃん企画インザピンクで弾き語りすんだよ!!20:30に出演すんだよ!!あんた暇なら来いよ(>ε<)!!!』

店員『…は、はい。』

た『んじゃ尚更修理に熱いれんかい!!!つ〜か貴様が告知しろや!!』

店員『明日は新宿ジャムにみなさん集合!!僕の手直ししたギターの音色に乗せたロンリーロマンサーミワタケヒコさんの歌をお聞きにいらして下さい!!』

た『…上出来!!やれば出来んじゃん。』

あ!そろそろ30分経過する!!

んじゃあしたの夜に…


2007年09月12日

可燃ゴミ不燃ゴミ

します。

子供じゃないんだから。

分別します。

可燃・不燃・ペットボトル。古雑誌に資源。ガラスに有害物。


地球にやさしい人になります。


子供じゃないんだから。


分別したあかつきにはご褒美ください。


子供じゃないんだから。


『いい子いい子〜』って頭なでしこジャパンされたくらいじゃ許さん!!


だって子供じゃないんだから。


ご褒美ねだるなんて子供の証拠だよって?


大人と子供の違いなんて一人でトイレ行けるか行けんかぐらいだ。


違うって?


んじゃ子供で結構!!!!!


割り算苦手で結構!!!!!


コケコッコォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


2007年09月10日

○▲◆◎!!

こころの音は誰にも聴こえない。こころの音は自分自身にしか聴こえない。自分自身にしか響かない。

こころの音は多分きっと瞬時に伝達する。光より速いスピードで到達する。隈無く全身を駆け回り、音は音としてではなく動作として表側に表れてくるんだ。

『喜怒哀楽』

こころの音を無視し続けたらどうなる?

どうなる?どうする?

わからんな。ん〜見えなてこないなぁ。なんとなく自分勝手にあるものは耳だけで人は音を捉えてはないんだろうよ。身体全身で捉える作業なのだろう。無口になったアイツが僕が怒ってるのを察知出来んのもこれは過去や自己の経験か?体験か?『ホントは嬉しいくせに〜』みたいなのも経験か?自己体験か?こころの音が口に出なくとも、身体全身から、ちょっとした表情から、息遣いから耳が音を捉える作業をするように身体全身で感じてんのか…。
耳は頼りにならんときがある。そいつは言葉が足らんかったり、言葉が多いことが原因だったり、言葉ひとつ取り上げて自分勝手に引き延ばしたり、逆に言葉のみに囚われすぎたり。ん〜それでも耳から入る音を頼りに今まで生活してきたからなぁ。甘い言葉も苦い言葉も耳がキャッチしちゃうから。キャッチボールするからな。じゃ言葉なくなったらどうなるのか?言葉を知らない人はどうすんの?どうなるの?身振り?手振り?表情?察してよ!!みたいな?察してよ!!ってなんだぁ?受け取り手側の独断場じゃんか。それはまたなんかなぁ〜。思いやりの欠片もないなんてセリフあるじゃん?あれね〜相手突き抜け停まる程鈍いスピードで存在しないよ。そのスピードは巡り周って発信元にも突き刺さるんだよ。なんかそんな気するね。思いやりが足らん!!!なんて口にしたことある?僕ある!思いやりがないからそのスピードでそんな重い槍ぶん投げられるんだ。穴空くよ。向こう側丸見えだっちゃ。でも言った
こと絶対にあるもんな僕。なんでだろう。なんだろう。なにが言いたいんだろう?いや別にないんだけど……察してよ〜ぅ!!


!!


出た!!!


口に出せ!!


言葉になさい!!


みたいになるから…やっぱり言葉を頼りにしてんのかなぁ。いま聞きたい言葉ってあるからなぁ〜。

浅はかだな〜。の言葉のすぐ後ろに付いてくるもっと大きい浅はかさ。

結局のところ歌声をどう届けるかなんだけど、あくまでも耳に向けての作業なんだよね。いまやってんの。
耳塞がれたらおしまいなんだよなぁ〜。

心に届ける歌声?

心を響かす歌声?

わかるわかる。ぼんやりね。でも実際こころの場所しらんじゃん。

心で歌うシンガーソングライター登場!!涙なしではいられない!心の琴線に触れたら最後!!涙腺暴発那知の滝!!心のカウント…3カウント!!!目が覚めた場所は医務室。ここはどこ?わたしはだれ?わからない…わからないよぅ…

記憶喪失ですね…

治る見込みは…わかりません…はい…こころの病にかかっているみたいです………治療方法ですか?……ん…現在の医学では正直…………ただ諦めたらいけません…諦めたらそこで試合終了なんで……はい。…原因を突き止める努力と同時に、医学根拠はないのですが…こころの扉を開けると昔から伝わる不思議な薬を処方してみましょう…奇跡が起こるのを待ってみるしか…



『先生…素敵な薬とはなんでしょうか?』



『こころの扉を開け放つ素敵な薬…それはお酒です。』



『!!?』先生…それはホントでしょうか?



『はい。嘘です。』



『先生…思いやりなさすぎじゃありませんこと!!!こんなときに…』



『すみません。完全に私の配慮不足でした…心の扉を開け放つホントの薬は…』


『…固唾をゴクッ』



『…その薬は歌…こころに響く歌。こころ震わす歌。うた…うた…うたぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!』



『先生…その歌…どこにいけば…』










『ジャマイカ!!』



『え?』



『そうジャマイカ!!』



『明日の新宿ロフトじゃなくて?』



『うん。ジャマイカ!!』




『ジャ…ジャマイカ?』




『ジャマイカ!!!』





『レッツゴー!!ジャマイカ!!!』と言う訳でお話しの着地に見事に失敗!!

さぁて明日は新宿ロフトにてライブ!アライブ!アィラ〜ビュービュー!!!


檻の中に閉じ籠ってなんかいるんじゃない!!!!!



『出てこいやっ!!』


いや携帯電話握り閉めながら眠りにつくなんて恥ずかしい(*^^*)

中島の電話2よりなんとか目覚めましたが(眠)着地するべきは布団の中である。
電話来たんだ。

お互い無口だから沈黙…

沈黙を破ったのは25分後のおやすみの言葉。

照れた…ッポ!!

みたいな電話したことはないざます。


布団着地!!

10点満点!!!!金メダル!!!


2007年09月07日

嵐山から電報ですよ!!

なにこれ!!?

え!!

嵐なの!!?


家グラグラしてんだけど…。嵐のせいだよね…。

お隣さんじゃなくて嵐だよね…ね。

ガンガン壁にぶつかるのも嵐だからだよね…そうだよね…うん、そうに決まってる!!



なーんだ嵐か…。



はぁ〜寝よぅ…。。。


暴風雨吹き荒れる嵐の真っ只中、嵐のコンサート!!!嵐のような歓声の中、嵐の嵐による嵐のための…


…嫌や…。



…あかん寝るわ…。