2008年05月

2008年05月30日

この星のかたち



このblogを書き終えたらば、僕も眠りに就く準備をしなくては。最近の夜はあたまを世話しなく巡るあくまでそれは願望じみた空想。
でもそれは確かな予感なんだ。

その断片からひろがるイメージを、形にする作業。






さよならとはじめましてのサイクル。ペダルを漕げば景色は変わるもの。大切なものは変わらない。ただ大切なものがいったいなんなのかがいまだにわからない。


なんだいカケラ?


こいつはオケラ!


ボクはネクラ。



そう感じたんなら、それがすべて。と感じたままに。


ただただ淡々とベストを目指して。



音楽がなくても生きてゆける。


バンドマンと呼ばれる人達はやはりいろいろな知識をお持ちのようで、打ち上げなんかの席ではよくいろんな知識をひけらかしてはいます。僕はいつもまた始まった!!なんてつまらなそうにしています。


みんなとっても優等生です。


僕はロックンロールがなんなのかすら、いまだにわからないクラスでも飛び抜けて出来の悪いやつです。


決して卑屈になどなってやいないよ。


むしろ愉快なくらい。


そんな僕にも歌を歌える場所があることが素晴らしい世界だと感じるくらいだ。



そんな僕だから出来ることがあるんじゃないか!!



先生!!

ロックンロールがわかりません!!!!!




ぐふふ(^O^)!!