2006年07月22日

めまい治療 Epley法 エプリー法の実施方法 めまい

めまい治療 Epley法 エプリー法の実施方法:

良性発作性頭位めまい症は、最も多くみられるめまい。
良性発作性頭位めまい症にはEpley法が有効。約80%が治癒。


●良性発作性頭位めまい症の特徴
・寝返りをうった時に起こる
・特定の頭位をとった時に起こる
・回転性(自己または周囲が回転する異常感覚)
・数十秒程度の短時間で治まる
・難聴、耳鳴りは伴わない
・同じ頭位をとり続けると次第に軽減,消失
・年齢は中年以降

●Epley法 エプリー法とは
Epley法 エプリー法は、アメリカ・ポートランドの開業医
Epleyが開発した理学的治療法で、
良性発作性頭位めまい症の約80%が治癒。
家庭でも実施できます。

●エプリー法の実施上の注意点
・以下の方法で1人でも可能です
・治療法に対する本人の理解(治療中めまいが発生)
・高齢者では十分な介助
・寝て頭部を下垂できる場所(ベッドや低いテーブルなど)
・可能な限り素早い体位変換
・朝または午前中に実施

●患側の決定
>ベッドの端などに寝て頭を下げる
>頭を下げた状態で左右を向く
>左右を向いたときめまいが発生する側が患側

●エプリー法
ベッドに座る
ベッドの端に仰向けに寝て、後ろ側に頭を下げる
頭を後ろに下げたまま患側 斜め前を向く(約45度方向)
めまいが治まってから2〜3分間そのまま保つ
頭を下げたままゆっくり逆側 斜め前を向く(約45度方向)
頭はそのままで 体を横向きに寝る(下斜め側)
めまいが治まってから3分間そのまま保つ
頭を45度方向に向けたまま体を起こし座る
頭を正面に向け少し前に倒す(20度) 5分間保つ

※ Epley法 エプリー法 実施後の注意点
・実施当日は就寝まで寝ない。座位または立位。
・眠る時も枕を高くする(3日間)。
・患側を下にしない(3日間)。


良性発作性頭位めまい症は、最も多くみられるめまい。
Epley法 エプリー法は耳鼻科でも実施している治療法。
治療中のめまいを辛抱するのが成功の鍵

エプリー法


良性発作性頭位めまい症の治療法
良性発作性頭位眩暈症の治療法
benign paroxysmal positional vertigo の治療法
BPPVの治療法

良性発作性頭位めまい症にはエプリー法が有効。約80%が治癒。

エプリー法は1人でも実施できます。
エプリー法は自分で実施できます。
エプリー法は家庭で実施できます。

エプリー法の実施方法

良性発作性頭位めまい症にはエプリー法が有効。約80%が治癒。

めまい予防の体操は こちら めまい体操 
高齢者のめまい は こちら 高齢者のめまい

Dear Sir or Madam HIRO

Epley法による治療の基本は
めまいの原因となっている耳石を移動させることです。
移動した耳石が何らかの原因で元に戻ってしまうと
めまいが再発します。
従って、
良性発作性頭位めまい症の再発時には再度の治療をお薦めします。

めまいの原因は多岐に亘ります。
脳腫瘍や脳血管障害の除外診断も重要です。
除外診断は造影MRIで比較的容易に実施できます
Posted by kohmotosunao at 13:08│TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック てれ たれ たも かな さて たら | 生理

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kohmotosunao/50708925
この記事へのトラックバック
前の晩からどうも変だったのだが、この前の日曜、朝起きたら目の前がグルン・グルン・・・ひどいめまいが・・・・・・・じっとしてれば治まってくるのだが、ちょっと頭や目を動か ...
突然のめまい・・・ 治療法(エプリー法)を試してみた!!【YASUのブログ】at 2012年05月16日 09:24
この記事へのコメント
良性発作性頭位めまい症と診断され、半年に一度くらい再発していました。
仕事で車の運転をしなければならず、いつなるか心配で仕事が手に着かない状態でした。
ネットでEpley法という治療法を知ったのですが、どのサイトも詳しく書いてありませんでした。
このブログを拝見し、とても丁寧に書かれているので、うれしくてうれしくて。感謝しています。
3日ほど前に再発して、いまはかなり収まり、少しふわふわ感が残っています。このくらいの状態でも治療をした方がよいのでしょうか?明後日運転があるので、また今度再発したときに治療した方がよいのか迷っています。もしよろしければアドバイスいただけるとうれしいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Epley法による治療の基本は
めまいの原因となっている耳石を移動させることです。
移動した耳石が何らかの原因で元に戻ってしまうと
めまいが再発します。
従って、
良性発作性頭位めまい症の再発時には再度の治療をお薦めします。

めまいの原因は多岐に亘ります。
脳腫瘍や脳血管障害の除外診断も重要です。
除外診断は造影MRIで比較的容易に実施できます。
Posted by HIRO at 2007年02月21日 00:34