2013年02月

デート最終日。

男「おなか空いたね、なにか食べようよ」

女「うん、食べよう」 

男「何が良い?」

女「なんでも良い」

男「じゃー、パスタは?」

女「ええー!!パスタはヤダ」

男「じゃ、何が良い?」

女「なんでも良いよ」



男「じゃ、ご飯ものは?」

女「今、ご飯の気分じゃないな」

男「えっと、今はどんな気分なの?」

女「なんでも良い気分」

男「本当? なんでも良いの?」

女「うん、なんでも良い」 



男「じゃ、中華とかは?」

女「この辺、中華の店なんてないよ」

男「少し歩けば、あるから大丈夫」

女「結構、歩く?」

男「ん〜、15分ぐらいかな」

女「ええーー!15分も歩くの? 遠いね」

男「じゃ、中華は今度にしようか」

女「うん」



男「じゃ〜、どうしよっかな」

女「早く決めてよ、男でしょ」

男「分かった、じゃ、ピザは?」

女「ピザって気分でも無いな」

男「さっき、なんでも良いって言わなかったっけ?」

女「うん、なんでも良いけど、ピザじゃない気分」

男「なんだよソレー。ぜんっぜんわかんねーな」

女「分かってよ、察知して!」

男「分かるかよー」

女「なんで分からないのかな、....なんでも良いって言ってるのに」 

男「なんでも良いとか言いながら、本当は食べたいものがあるんじゃないの?」

女「ないよ、食べたいものなんて。本当、なんでも良い、ってかどうでもいい」

男「え?!」

女「どうでもいいってか、なんでも良いってか、誰でもいい。あなたじゃなくても良い」

男「え?!え?!」 

女「むしろ、あなたじゃ無い方が良い。むしろ、あなたは消えた方が良い。私の視界から(笑)」

まほうの挨拶。— 松本野々歩

ブログネタ
今日の一曲 に参加中!



ぽぽぽぽ〜ん。

なんか、久しぶりに聴きたくなったw

「ぽぽぽぽ〜ん」ってなんだよ(笑)、ってよく言われてましたよね。

結局、「ぽぽぽぽ〜ん」が一体何だったのか、いまだに謎ですね。 

擬音なのでしょうかね。 

それとも「ほにゃらら」的な意味深な要素もあるとか、
そんなニュアンスだったのでしょうか。 

登場キャラクター、かわいいですね☆


"挨拶する度、友達増えるね"
 
↑これ何気に名言だと想いますよ。

増えるかどうかはさておきね、
挨拶してると、好感は持てるはず。 


そして、やっぱり耳に残るのが、
このフレーズ。「え〜し〜」 w

ボクラノセカイ−世界番付テーマソング

ブログネタ
今日の一曲 に参加中!




G20ジャミールの作った名曲。

初めてこの曲を聴いたときは、鳥肌モノでした。
それから何十回も聴きまくりました。



今、世界で何が起こってるのか分かりません。 

第三次世界大戦が起きるのでは無いかという憶測までも立てられ、
世界情勢は緊迫する中、
武力勢力によるテロ行為、尖閣諸島問題、反日暴動行為、
アルジェリアでの集団人質事件、北朝鮮の核開発に伴う核実験、 
 この先、世界がどうなってゆくのか、恐ろしいと思う方もきっと多いと想います。
なぜ同じ人間同士が、こうも いがみ合いながら生きるのでしょうか。
哀しいですが、それが現実なのでしょうか。

ごく当たり前の環境も、血で滲むような残酷な世界になるのは、まっぴらゴメンです。

平和を私達が望むのは、 いけないことなのでしょうか。
無力であるがゆえに、望むだけでは何も変わらないのでしょうが。 


「ボクラノセカイ」...、この曲には、そんな純真でかつストレートに平和を願う言葉が
たくさん詰め込まれてる気がします。
世界各国の方々が歌う姿にも感動をしてしまいます。
本当に世界が平和になったら、素敵だと思う。 

1人でもより多くの人に、世界平和を望んで欲しい。 


過去の過ちや、罪深き過去を直ぐさま水で流す事なんて不可能でしょう。
ろくに向き合うこともせず、向き合おうともせず、ただ憎しみまみれのエゴばかりを優先し、
国家を独立させることに何の意味があるのでしょう。
ときに話し相手にもならない相手がいるのも理解は出来ますが、
そんな人ばかりが増えてしまったら、この世界は本当に終わってしまう。

この曲には、平和に対するみんなの愛が詰まった素晴らしい曲だと想います。
歌ってる人達の歌詞のような世界を、切に願います。
Shop
プロフィール

桜こうたろう

記事検索
  • ライブドアブログ