s_20171008.jpg 筋肉ムキムキ感謝祭オールスター顔見せ興行!!!「第3弾」。
 まだまだ続きます。というかまだまだ終わりませんw
 今回のラスボスが、な、なんとメル・ギブソン( ^ω^)b
 そして今回から、スタローン軍団の新キャラとして初の女性メンバー参入
 しかもそれがロンダ・ラウジーときたもんだ。
 ん?...ロンダ・ラウジーにジェイソン・ステイサムって、
 なんだか「ワイルド・スピード」化してきてるじゃないかw
 にしてもロンダ・ラウジー、どんどん綺麗になってくね。初め見たとき
 誰か分からなかったけど、途中で気付いて、あの戦い方でピンときて、
 とくに後半の暴れっぷりには目を見張るものがありましたよ。圧巻でした。
 作中なんだかよく分からなかったけど、ジェット・リーとシュワちゃんが、
 ボーイズラブ的な? ゲイのカップル化した設定に変わってて、
 正直かなり戸惑いました(笑)。シリーズを通しても【3】というのは、
 どうも旧メンバーの魅せ場が少なく、少し寂しいのも否めませんが、
 対する新メンバー続々の加入で「旧」と「新」の対比でもありましたよね。

冒頭。ついにアノ男が出てきました。ウェズリー・スナイプス。
【1】の制作時から出演のオファーがありましたが、ようやくここに来てウェズリー・スナイプス登場とは
まじで泣きそうになりました。

おっと、泣きそうといえば忘れてはいけないハリソン・フォードの参戦です。
さすがに銃乱射したり、狙撃に加わるなんてのは難しかったのかもしれませんが、ヘリを操縦するあたり、
渋さといい、役柄にもフィットしてて、すげー良かった場面でしたね。
ハリソン・フォードとスタローンが一緒に出てるだけでも感動なのですが、
アントニオ・バンデラスの後半、まじ何なんですか。あれだけお喋り魔のおじさんが、実は隠された泣けるエピソード。
いや、泣けますね。当初メンバー入りを志願した際に、スタローンには無視されてたバンデラス。
ところが彼の情熱も伝わり、メンバー入りが確定すると、無邪気に喜ぶバンデラスの姿がめちゃ可愛かったのも笑いました。

ケルシー・グラマーがほぼカメオ出演してましたが、ケルシー・グラマーと言えば(僕の場合)なんと言っても、
X-MEN 」シリーズのハンク・マッコイことビーストですよ^^
今回の役もカナリおいしかったので、充分おなかいっぱいになりました。

【まとめ】
はっきり言うと「エクスペンダブルズ」のシリーズにおいては今作、レギュラーメンバーの活躍が少し減ってしまったのが
残念でもありました。
モチーフ自体が、旧世代と新世代の比較も描かれていた分、どうしても新世代側にスポットを当てすぎてたせいか、
中盤でのエクスペンダブルズのメンバーが、いまいちパッとしない所も残念ではありましたし、、
彼等がメンバーから外れ、うなだれているなんてシーンは哀愁があまりにもありすぎて、
見てるこっち側まで寂しさがグングン伝わってきてしまう内容でもありました(苦笑)。
しかも新世代メンバーと比較され、やっぱり旧世代側のメンツの方が迫力もあって、ってのは仕方ないのかもしれませんが、
それが少し気になる点でもありました。

ですが、ハリウッドの嫌われ者メル・ギブソンを起用する辺り、まじでスタローンのふところの深さを改めて感じ、
色んな意味で泣ける(苦笑)、そんな内容だったなぁって(見終わったあと、ふと)僕は想いました。
次回作【4】は現在制作中?だとかで、映画館へ観に行けたら良いなって想います。パンフとか欲しい。

早いもので、今年はもう残り2ヶ月ちょっと。あと何本映画を観られるかは分かりませんが、
最後までお読み頂きありがとうございました。もう少しお付き合い下さいね!

って事で今日はこの辺で!!!