星のサンカクテン

関西の、お山やハイキング・京都、奈良のさんぽなどを綴った日記です。

2016年09月

「くまなく月の渡るに似る」

鎌倉時代、亀山上皇が詠んだことから渡月橋と呼ばれるようになったようです。


今回は、嵐山の渡月橋周辺です。

スタートは、阪急嵐山駅
002

案内板
001

虚空蔵 法輪寺 入口
003
数え13歳の年に参詣して知恵を授かるという「十三まいり」で知られてます。
帰りは授かった智恵や福徳をなくさないよう、
渡月橋を渡り終えるまで後ろを振り向いてはいけないようです。

004

山門
005

電電宮
008

009

本堂前に牛の狛犬
010

虎の狛犬
011

虚空蔵菩薩は、丑年と寅年生まれの人の守り本尊だそうです。

羊の像
015
羊は虚空蔵菩薩のお使い、または化身とされているそうです。

本堂
012

本堂右手に展望台のようなところがあって。
013

渡月橋がよく見えます。
014

渡月橋を渡る前に散策

嵐山モンキーパーク
019

川沿いからの渡月橋
020

嵐山公園
021

023
お店やベンチも多く、のんびりできる公園でした。

025

渡月橋
027

026

展望台があるので、桂川沿いを歩いてそちらへ。
029

少し登って。
030

033

展望台
035

保津峡が眺められます。
034

展望台を下り。
036

竹林の路
038
天気も暗かったのですが、普通の天気でも静寂そうなとこでした。

野宮神社(ののみや)
039

040

きれいな苔の庭
041

本殿
042

天龍寺へ
北門から入場
043

庭園
044

045

046


047

天龍寺 正面の門
048

049

周辺案内板
050

嵐電嵐山駅
053

052

051

ここでゴール。
new50

文久2年(1862)12月24日

会津藩主、松平容保公は京都守護職に任ぜられ、家臣一千名を率いて京都に到着

京都所司代、京都町奉行所の出迎えを受け、本陣であるこの寺に威風堂々入陣した。


金戒光明寺(こんかいこうみょうじ 京都市左京区)


スタートは、京都市営地下鉄東西線 東山駅から。
001

岡崎公園周辺案内図
002

平安神宮へ

大鳥居(高さ 約24m)
003

昔に走っていたチンチン電車
006

007

009

応天門
008

門をくぐり、神苑入口へ
017
庭ができた記念らしく無料で入れました。

平安神宮 案内図
011

臥龍橋
013

中神苑
014

泰平閣
015

大極殿
016

平安神宮を出て、御辰稲荷神社へ
019

020

「辰」が上「達」に通じるとして、芸事の神様に。

須賀神社(交通神社)
021

022

金戒光明寺へ
024

金戒光明寺 高麗門
025

026

山門
027

028

本堂
029

熊谷直実 鎧掛けの松
030

極楽橋
032

031

お江さんの供養塔もありました。
034

三重塔
035

036

西雲院(さいうんいん)
053
金戒光明寺から「紫雲石」を賜って創建されました。

紫雲石
054

055

会津藩の墓地
037

日本テレビ年末時代劇スペシャル「白虎隊」
1986年の作品ですが、古さを感じさせなく森繁久彌・里見浩太朗など俳優陣も重厚で見応えありです。
今もレンタルされてる店が多いのでオススメです。

039

040

たてかわ桜
044

043

真如堂
052


045

046

京都映画誕生の碑
047

048

049

殺生石 鎌倉地蔵
050

051

056

南門から出て、岡崎神社へ
058

岡崎神社
059

060

子授けうさぎ像
062


本堂
061

神社を出たところにバス停あります。

ここでゴール。

new49


この山の由来は山頂から丹波の国の半分が見えるからみたいです。

半国山(はんごくさん 774m 京都府亀岡市)


スタートは、宮川神社入り口です。
004

拡大画像
003

半国山ハイキングコースの看板
006

宮川神社から半国山を目指す場合、宮川コース(約5km)と赤熊コース(4.5km)があります。
どちらのコースも半国山が中間にあるので往復より一周する人が多いのではないでしょうか?

宮川神社
007

008

本堂で参拝
009

願うことは、迷いませんように。

獣除けの扉を開けて登山スタート。
010

登り始めの道
011

小気味いい坂の階段です。
013

道標多めです。
014

神尾山 金輪寺
017

015

016

林道を少し通ります。
018

コースを通り過ぎたので戻る。

林道から、よく見れば山の少し入ったところに看板あり。
019
半国山方面へ

021

022

おねの道
023

バス停までの道標
025

カメさんの案内板
027

山頂の案内を見てテンションアップ!
028
ハイキングコースにしては距離が長く難易度高めです。

道標
030

031

案内板
032

半国山 山頂
035

三角点
036

山頂の風景
034
パノラマで気持ちのいい山頂です。

037

下ります。
039

牛つなぎ広場
040

042

赤熊 方面へ
043

044

音羽渓谷
046

049

渓谷沿いに岩場が長く続きます。
045

音羽の小滝
047

音羽の滝
048

岩場を出て林道へ
050

林道
051

こちら側にも獣除けの扉あり。
052

下山
053

スタート地点に戻りゴール

new48

兵庫県の今井岳(382m 宝塚市下佐曽利)と三蔵山(みくらやま 411m 川辺郡猪名川町)

しげ池近くの林道からスタート
001

プレハブ横の奥の道を進めば取り付き点です。
002

枝をかき分けて登ります。
003

枝と枝の合間を潜るといった感じです。
004
よく、リュックに引っかかりました。

見たことのないキノコ
005


006

007

少し道開けています。
008

今井岳 山頂
009

山頂の風景
010

次は、三蔵山へ

見たことのない赤いキノコ
011

斜面を下り、藪を過ぎると墓苑に出ました。
012

正面に三蔵山
013
ロープ沿いに道を進みます。

白いキノコ
014

少し尾根
015

山頂近くは石や岩場が多いです。
016

三蔵山 山頂
018

三角点
019

山頂の風景
020

三蔵山からの下りで、大きく道を間違えました。

気付くのが遅かったです。

ゴール近くは、踏み跡あり。
021

取り付き点に戻りゴール
藪と踏み跡のない道は、想像より体力を消耗しました。

022


new47



兵庫県川西市にある岩根山と鳥脇山に登ってきました。

スタートは、高原寺浄園

001

岩根山 案内板
002


高原寺
029

本堂
030
境内にある、しだれ桜が有名みたいです。

岩根山 登山口
003
左右どちらからも行けるようですが、左の道から登りました。

登り始めの道
005

007

分岐で岩根山方面へ
008

分岐の拡大画像
009

おねの道
010

岩根山(342m) 山頂
012

三角点
014


013

神様の名が書かれた木と岩がたくさん祀られていました。
017

016

山頂の風景
015

分岐に戻り、鳥脇山を目指します。
018

蜘蛛の糸がないので快適です。どなたか登られた後なのでしょう。
020

小屋横を通過
021

鳥脇山への案内板
022

023

頂上前から坂が続きます。
024

鳥脇山(484m) 山頂
025

山頂の風景
026
右手に鉄塔ありました。

ピストンでスタート地点に戻りゴール。
どちらの山とも整備された道です。

new46


このページのトップヘ