星のサンカクテン

関西の、お山やハイキング・京都、奈良のさんぽなどを綴った日記です。

2017年04月

奈良の若草山です。

スタートは、近鉄奈良駅
001

鹿さん、久しぶり。
002

ゲートで150円払って春日山へ
006

登山道(南ルート)
007

チベットとか遊牧民的な風景でいい感じです。
008
前に歩いてるのも外国の女性で、バックパックの広告に見えてきます。

奥の山は、生駒山
010

ピーク前にあった、大三角点
011

展望台にあった案内板
016
ダイトレのほうまで望めます。

その眺望
012

若草山の山頂は、古墳があるからか入ってはいけない感じです。
018

山頂駐車場(トイレ、自販機あり) 
019

道標 左方向へ
020

奈良奥山ドライブウェイを歩きます。
021

歩行者は無料です。
022

春日山原始林は、厳粛な雰囲気がしました。

うぐいすの滝 方向へ
023

鶯の滝
024

芳山を目指したんですが、歩行者通行禁止の看板とチェーン
025
断念して、そのままドライブウェイを進みます。

春日山原始林の石碑(世界文化遺産)
027

あちこちに山林内立入禁止(ほぼ全域)
028

奈良百の、花山と高円山は春日山原始林内で立入り禁止です。
なぜ選定したのか謎。

現在地
031

料金所の方に芳山のことを聞いてみました。
032
さっき通った場所は、やはり歩行者通行禁止とのこと。
峠の茶屋からなら芳山に行けるらしい。
茶屋へ向ってみることに。

その前に、春日山石窟仏
033

春日山石窟仏
035

正面から。
036

案内板
034

峠の茶屋 方面へ
037

峠の茶屋(おそらくここ)
038

芳山 取付
039
なぜここからは通行可能なんやろう。
柳生の里が近いからか?

獣除けゲート
041

風雲急を告げる「裏柳生の路」
040

芳山石仏 方向へ
042

しっかりした道です。
043

芳山石仏
044

ほぼピークで入山禁止の看板
045
ここから先は、てことなんでしょうか。
手前やゲートに何も書いてなかったので。

望遠で山札
046

取付近くにあった、トイレと駐車場
048
地獄谷の石窟もあるので、短時間の人向きでしょう。

その少し先にも、3、4台止めれるスペース
051

地獄谷石窟仏
053

正面から。
055

案内板
056

右 方向へ
057

地獄谷園地と新池
058

荒木又右衛門が試し斬りしたと伝わる首切地蔵
059


お地蔵さま
061

案内板
060

あづまやとトイレ
064

寝仏
065

駐車場(志賀直哉旧居から東200m)
066

係員がいてる駐車場(志賀直哉旧居から西すぐ)
067

ゴール 近鉄奈良駅
068

new166
 
ヤマレコのGPSログは、こちら 

京都から滋賀の山です。

スタートは、京都地下鉄東西線 東野駅
001

行者ケ森 高岩コース登山口
008

行者ケ森 440m
013

山頂の様子
015

大宅奥山?
016
前調べでは、知らなかったのですが現地で知って向かうことに。

登り口の案内板
017

山頂の様子 474ピーク
018

高塚山 485m(登頂は日記で2回目)
020

三角点
021

山頂の様子
022

途中、工事してる場所ありましたがハイカーは通行可能です。
024

千頭岳 602m
028

三角点
030

山頂の様子
031

東千頭岳 600m
032

山頂の様子
034

東千頭岳の山頂付近から道標の多い東海自然歩道です。
035

大平山 464m
037

山頂の様子
038

眺望(東南)
039

岩間山 取付
042

奥宮神社 展望台
043

眺望(東南)まさかの大平山とかぶり。
044

岩間山 443m
046

山頂の様子
048

岩間山の山頂から次の袴腰山の間は、案内板やテープがほぼないです。
ヤブはないですが、道が少し荒れた踏み跡の薄い尾根伝いでした。

袴腰山 取付
049

袴腰山 391m
051

この辺りからゴールまでは安定した山道でした。

山頂の様子
052

見晴台
054
2006年て11年前の札やのにきれいですね。

眺望(琵琶湖 方面)
057

立木山 305m
058

三角点
060

山頂の様子
061

ゴール 立木観音前 バス停

バスが来て慌てて乗り、慌ててGPSをオフに。

バスの行き先は、京阪 石山駅やJR石山駅です。

便もよく出てる感じでした。
 
車窓から。
063

 new165

ヤマレコのGPSログは、こちら

岩稜を連ねる山魂は、関西空港の埋め立てのため、

海上から望める山を残して削り取られ姿を消した。

多奈川三山(勝手に命名)


南海 みさき公園駅から、単線に乗り換えて多奈川駅に。
002

ここからスタートです。
003
タオルは、オリックスですがファンではないです。

駅前 駐輪場
039

駅にあった案内板
008

駅前にバス停ありますが徒歩で。
006

前方の山が西光寺山(丘陵型?)
012

鳥居左から 取付
013

西光寺山 山頂
tn3

踏み跡は、ほぼない山でした。
ヤブもあるので、山道からより縁の舗装された道から山頂もありです。

平山 取付
016

昔は、ハイカーが歩いたらしき道も今は荒れてます。
018

平山 253m
020
平たい山ではなく、ピーク前は急勾配でした。

三角点
021

山頂の様子
022

途中で道を間違え、戻るか西から行ける道を探すかで西に出てみました。
023

少し下ると、砂の谷があって。
024

方向的に合っていたので進んでみました。
025

ラッキーです。

次に行く山の尾根伝いまで続いてました。
026

身長を越えるシダのヤブを倒しながら進むのは疲れます。
027

城ケ越山 172m(よく見るとピーク踏めてないです…)
tn4

山頂の様子
028

下山
029

モトドリ山 取付(犬飼バス停)

030

山道へ
031

モトドリ山だけ、普通の歩きやすい山道でした。
032

モトドリ山 142m
033

山頂の様子
035
鉄塔が立っています。

眺望(南)
036

下山して、駅まで。

フードセンター ヤマシタさん(多奈川駅から西800m)
037

ゴール 多奈川駅
038

一部、立ち入り禁止箇所あります。

 new164

ヤマレコのGPSログは、こちら

有馬温泉駅を起点にぐるり周回です。

スタートは、神鉄 有馬温泉駅
001

タオルは首から巻く派です。
003

有馬温泉
006

阪急バス有馬案内所
008
有馬から、JR芦屋駅、阪急芦屋川駅、宝塚駅に出てます。

有馬三山 登山口
011

落葉山 533m
016

三角点
017

灰形山 方向へ
019

この先やせ尾根通行注意
021

灰形山 619m
022

三角点
024

山頂の様子
025

湯槽谷山 801m
027

山頂の様子
028

高尾山 739m
029

山頂の様子
031

仏谷峠
032

逢ケ山 722m
034

三角点
035

山頂の様子
036

水無山
039

山頂の様子
041

眺望(北西)
042

鬼ケ島 564m
045

山頂の様子
046

下山
049

高丸山 取付
053

高丸山 508m
054

三角点
056

山頂の様子
057

眺望(南)
058

下山
060

神鉄 二郎駅 分岐
061

コインパーキング(有馬温泉駅から北400m)
062

ゴール 神鉄 有馬温泉駅
066

危険個所もなく、歩きやすい道でした。
 new163

ヤマレコのGPSログは、こちら

箕面の山です。

阪急 箕面駅に着き、白鳥で降りたいので千里中央行きのバスへ乗車。
001

便は結構出てます。
002

すぐ着きそうなので、歩いたほうがよかったかも…。
駅の間隔が短いので歩くのと変わらないと思います。

スタートは、白鳥バス停
004

千里中央からの場合、遠いので白鳥バス停下車がいいです。
005

白鳥東交差点を曲がり水神社方面へ
006

水神社(箕面市白島3丁目9)
009
車は、数台駐車可能ですがダンプが奥の道へ出入りしてます。

谷山尾根へ
010

自然研究路4号線へ
013

展望盤
014

最勝ケ峰 540m
016

山頂の様子
019

開成皇子の墓
021

案内板
022

北摂霊園
023

霊園北口 バス停 時刻表
025

バス停にトイレと自販機あります。
024

ゴルフ場 敷地内へ
026

スタッフの方に途中まで案内していただきました。
027

山頂に着くと、びっくりしかー!
028

鹿さん
029

石堂ケ岡 一頭三角点
030

もう一頭いて、二頭の鹿は何処かへ。
033

鉢伏山に行きたいので引き返して、泉原 方向へ
034

泉原の湧水
037

案内板
035

林道一人旅(東海自然歩道)
038

道標 左方向へ(右奥 免山バス停)
041

この辺りも自然歩道で整備されてます。
042

鉢伏山 299m
044

御登山記念碑
045

山頂の様子
049

眺望(東南)
047

ゴール 免山バス停
051

時刻表(1時間に1便)
052

 new162

ヤマレコのGPSログは、こちら

このページのトップヘ