星のサンカクテン

関西の、お山やハイキング・京都、奈良のさんぽなどを綴った日記です。

2017年12月

金剛山です。

スタートは、天ヶ滝道登山口 駐車場を利用させていただきました。
001

金剛山登山コース 案内板
002

案内板2(赤線が天ヶ滝新道です)
003

道標
004

005

006

008

009

道標
010

天ヶ滝 方面へ
011

012

天ヶ滝
014

016

017

道標
018

019

休憩ベンチ
020

021

022

023

ダイトレに合流です。
024

025

伏見峠
026

028

一の鳥居
030

山頂広場
031

下ります。

伏見峠近くにあるダイトレと石寺跡道の分岐
032

分岐拡大
034

西佐味方面へ
035

分岐。左 伏見道 右 石寺跡道
036

分岐にある案内板
037

039

040

テープもよくあって、道標も多いです。
042

044

045

大きな岩がある。
049

ここが経塚で、
048

石寺跡でした。
046

050

石寺で修行した方のお墓
051

053

舗装された道へ。
054

高宮廃寺跡は今回パスします。
055

057

獣除けゲート
059

060

元の所に戻りゴール。

関西のマッターホルンと呼ばれ、霧氷バスも出る人気の高見山(関百)です。

この辺りにバイクを止めて登山口へ。
044

斜め前にお住まいのおばあちゃんが出てたので駐輪のご挨拶。

どこでも止めたらいいよ、もっと登山口の近くに止めたらいいのにと言われましたが道幅がないのでここで。

高見山 杉谷登山口
049

拡大
047

登山届記入ボックス
048

現在地
051

高見山 案内板
052

旧伊勢南街道
053

054

道標
055

雲母曲
056

小峠
057

小峠までは街道の雰囲気も残っていて、ここからは登山道です。
059

060

国見岩
062

案内板
061

息子岩
063

揺岩
064

065

笛吹岩
067

高見山山頂 展望台兼避難小屋
068

高角神社
069

082

三角点
076

眺望 大普賢岳(奥の三角)とか。
074

倶留尊山、亀山とか。
080

住塚山、国見山、屏風岩とか。
078

こんな風に案内板あるのでわかりやすいです。
077

ピストンでゴール。
083

バイクに戻って帰り支度してると、おばあちゃん出てきて。

まだ止まってるから心配して何度も見に来ていただいたようです。

一言、ヘッドライトもあるので少し遅れます的なことを言っとけばよかった。

はよ戻ってこな、おばあちゃんが待ってはるんやで~。

待ったーはるん、そしてマッターホルン。

おあとがよろしいようで。

台高山脈支脈の迷岳(関百)です。

スタートは、香肌峡温泉 森のホテル スメール
004

スメールバス停。松阪駅から出てます。
001

便は朝と夕方。
003

それでは登山口へ歩いていきます。
006

登山者届書投函箱
008

011

013

014

案内板
015

この辺りは、急登ですが踏み固められた道で歩きやすかったです。
019

ロープ張ってる場所もあります。
021

024

岩場にもロープある場所あり。

025

奥香肌湖を望む。
026

飯盛山 北峰 809m
028

山頂の様子
029

033

034

ピーク前
036

迷岳 1309m
038

039

三角点
037

山頂の様子
041

下り中に、唐谷林道の道標ありました。042

唐谷林道は、落石がそのままになってたり荒れた感じのようです。

スメールに続いてるのでピストンよりループがいい方には向いてるかも。

元の所に戻りゴール。

帰りに高見山登ってきます。

峠を抜けて、国道沿いに初めて見る松阪の山々は、まさに山の塊で山塊て感じでした。

色付いた木々や、リアルな山肌が間近に見えるからか。

他の山域とはまた違った印象を受けました。


倉骨峠から、やってきたのは局ヶ岳登山口(関百)のある局ヶ岳神社

こちらのほうにバイク止めさせていただきました。
063

見事な赤!
061

062

065

神社鳥居
066

拝殿
067

道標
070

登りは旧登山道で、下りは新登山道を歩きました。
071

072

073

074

075

076

078

やや急です。
079

080

081

小峠
082

083

局ケ岳 1029m
085

三角点
090

山頂の様子
084

眺望
087

088

089

新登山道から下ります。
091

旧小峠
092

歩きやすい道です。
093

下山
094

案内板マップ
095

元の所に戻りゴール。



三重県にある、尼ケ岳と大洞山 二つの関百です。

尼ケ岳は、伊賀を代表する山として親しまれ、富士山に似た形から伊賀富士の異名を持つ。

大洞山(雄岳と雌岳の二つの峰)山名の由来は、大きな法螺貝に似てると言われていたものがいつしか大洞山になったそうです。


スタートは、倉骨峠
003

このスペースにバイク止めました。
001

ちなみに向こうへ続く林道は通行止め。
002

まずは、尼ケ岳を目指します。
004

すぐにベンチがあって好感もてます。
006

道標 尼ケ岳方面へ
007

一ノ峰
008

登山道にある峰です。
009

011

道標 左へ
012

大タワ
013

大タワの様子
014

015

丸太の階段
018

019

尼ケ岳 957m
020

山頂の様子
024

眺望
023

025

ピストンで倉骨峠に戻ります。

次の大洞山へ

027

道標 右へ
028

029

030

苔むした岩群
031

富士浅間の石碑
036

大洞山 雄岳 1013m
038

眺望
039

042

雌岳へ

043

雌岳 985m
050

三角点
048

山頂の様子
047

方位盤
051

057

雄岳を望む。
058

倉骨峠に戻ってゴール。

次は40km先の局ケ岳登山口へバイク走らせます。



このページのトップヘ