星のサンカクテン

関西の、お山やハイキング・京都、奈良のさんぽなどを綴った日記です。

2018年04月

降り立った駅は、JR醒ヶ井駅

010

青春18きっぷを使って霊仙山へ(関百・近百)

駅横に併設している醒井水の宿駅
013

平成の名水百選第1位に輝いたお水を飲んでみました。
014

う~んマイルド。

レンタサイクルへ
015

500円で電動自転車借りれます。
016

それでは自転車に乗って登山口へ出発!

醒井養鱒場 方面へ
017

019

山の合間に入ると何やら動く物が!

20匹ほどの猿のグループがいて、逃げなかった猿を撮影。
021

こちらにも。(画像真ん中)
022

順調に舗装路を走り、高度を上げていく。
023

登山道案内板
024

榑ヶ畑登山口
025

駐車場は、一杯でした。

家から持ってきたチェーンで二重ロック。
026

登山道入口
027

028

029

030

小屋横を通過
031

登山道案内板
032

榑ヶ畑登山道→汗拭き峠→経塚山→霊仙山のピストンです。
033

034

二合目 汗拭峠
035

三合目
036

038

四合目
040

041

五合目
042

六合目
045

046

七合目
048

お猿岩
051

山頂付近は高原になっている。
052

霊仙神社
053

八合目
054

055

鹿がいてる。
056

向こうにも。
057

経塚山 1040m
058

霊仙山の山頂へ
059

霊仙山最高点 1098m
061

眺望は、経塚山や後方に伊吹山
063

岐阜県の山々
065

後方に鈴鹿山脈とか。
067

琵琶湖を望む。
070

三角点のあるピークへ向かいます。
071

霊仙山 
072

073

三角点
074

三角点のあるピークからの方が琵琶湖近くに見えます。
076

エビの尻尾
077

078

ピストンで登山口に戻る。
081

あとは、下り道をすいすいと。

ゴール JR醒ヶ井駅
082

霊仙山は、ソロやコンビの山ガールがよくいてる女性人気の高い山でした。

降り立った駅は、JR 近江長岡駅

001

今回も青春18きっぷで。
東海道本線の駅を見ると、ここから名古屋や浜松も近いので東軍、西軍が関ヶ原で戦ったのもわかる気がします。

駅のポスター
003

駅から見た伊吹山
007

登山口までのバス
008

満車かなと思ってたんですが、朝の便で6人でした。

伊吹登山口まで。
010

伊吹登山口バス停 スタート
012

ルート案内板
014

豪雪地帯で昭和2年に11.82mの世界一を記録したようです。
015

歴史の舞台伊吹山
016

伊吹山頂のお花畑
017

登山口にある神社で手を合わしてから登ります。
019

伊吹山ゲート
021

登山道入口
022

1合目
025

027

2合目
028

3合目
031

4合目
032

5合目
034

先に歩いてる人が見える山て中々ないですよね。
036

6合目
037

ここでアイゼン装着
039

どなたかソール忘れてます。
040

8合目
042

霧氷
043

道標
046

遊歩道案内板
047

三角点方面へ
048

049


051

三角点
053

伊吹山 1377m(滋賀県最高峰) 
054

山頂の様子
058

眺望は、金糞岳1317mとか。
057

琵琶湖を望む
061

ピストンで下山

ゴール 伊吹登山口バス停
067

時刻表
069

バス停近くの曲がり角で、やってきたバスの運転手さんと目が合ったので止まってくれると思ったら行き過ぎました。
近くに駐車場もあるので客でないと思われたのかも。
今度から手を挙げます(笑)
次の便は3時間後なので駅まで歩くと1時間かかりました。

M鉄の決算、伊吹山バージョン
073

本能寺の変で織田信長が倒れた後、羽柴秀吉は山崎の戦いで明智光秀を討ち織田家の主導権を握った。

旧臣中第一の家柄を誇る柴田勝家との間で権力争いが生じ、織田勢力を二分する覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」が始まる。

戦いは、わずか2日足らずで終わり、余呉湖が血で紅に染まったという。


降り立った駅は、JR余呉駅
015

今回も青春18きっぷでやってきました。

もうすぐ駅に着くかというときに列車が鹿と接触して30分程停車する。
012

前に見に行くと運転士さんが受話器を持って連絡している。
013

車両の点検後に発車と放送。

鹿も鉄分を求めてレールを舐めにきたりして轢かれるとニュースで観たことがある。

この付近の方は慣れているのか落ちついてる。

そんなこんなで余呉駅からスタート
016

観光スポットの案内板
017

018

019

道標右の登り口へ
020

余呉湖観光館(食堂や駐車場がある)
022

わかさぎ釣り場が盛況でした。
023

古戦場之図
025

勝家側の佐久間盛政が大岩山砦に陣取る中川清秀を奇襲して戦いの火蓋が切られた。
026

027

余呉湖を望む。
028

湖沿いの道は、6キロほどの周回でサイクリングロードにもなっている。
029

大岩山登山道へ
031

033

道標
035

036

037

中川清秀の墓へ
038

大岩山砦跡 案内板
039

中川清秀の墓
041

清秀100回忌を迎えた天和2年(1682)5代の孫・久恒がこの墓を建てた。

案内板
040

清秀を討った、佐久間盛政も勇猛さから鬼玄蕃と称されている。

戦に敗れ、直接秀吉に対面したときは家臣になれと強く誘われたが勝家から受けた恩義から死罪を願い出て処刑される。

首洗いの池
044

 猿が馬場
045

046

道標
047

048

熊出没注意の看板
049

賤ヶ岳山頂 421m(関百)
067

ハイカーがのんびりとしている。
050

三角点
051

052

武将の像
056

勝家の像かと思っていたら、武将の像と呼ばれてるようです。

余呉湖を望む。後方右手に七々頭ヶ岳 693mとか。
054

057

周辺案内板
058

琵琶湖を望む。
060

有名な七本槍。
061

木ノ本方面を望む。
063

山本山に続く稜線も人気コースとなっている。
064

ループで余呉湖へ下山します。
068

賤ヶ岳砦跡 案内板
069

拡大
070

071

073

074

下山
075

077

トイレあり
078

中部北陸自然歩道
080

わかさぎ釣り場の後方にJR列車が通過
082

余呉駅に着いてゴール

時刻表
083

大阪駅までほぼ直通の新快速で2時間です。
090

新快速列車
091

車窓からの琵琶湖
097

高見山地の三峰山と学能堂山、二つの関百です。

スタートは、みつえ青少年旅行村
 001

第1駐車場
002

第2駐車場もあり(撮影は帰りのです)
102

バス停
003

「御杖ふれあいバス」で検索すると乗り継いで来ることも可能みたいです。
004

舗装された道奥にトイレあり
005

三峰山登山口
006

007

左の不動滝ルートを選びました。(右 登尾ルート)
008


009

道標
010

トイレあり
011

012

013

014

不動の滝
015

016

017

道標
018

019

020

この辺りでアイゼン装着
021

山小屋
024

山小屋の中は焚き火もできるようです。
025

登尾ルートと合流
026

028

029

030

032

ビューポイント
033

眺望は、倶留尊山とか。
035

三峰山 1235m
037

山頂の様子
036

眺望
040

下りは、北尾根から。
042

道標はない道で、尾根を外さないように歩くとしっかり目の踏み跡に出ました。
043

044

046

047

三峰北尾根 一峰 990m
050

三峰北尾根 二峰 959m
054

055

ツキヤタワ 847m
057

三峰北尾根 三峰 847m
060

061

鹿のフン
063

仏来山 848m
064

山頂の様子
066

コスマ山 850m
068

山頂の様子
070

071

073

倒れた鹿除けネット
074

白土山 980m
075

山頂の様子
077

学能堂山が見えてきました。
078

079

道標
080

学能堂山 1021m
081

三角点
082

山頂からの眺望は大パノラマです。
083

大洞山とか尼ヶ岳(伊賀富士)
085

局ヶ岳1029mとか
087

迷岳とか。
089

古光山とか。
091

分岐の小須磨峠に戻り神末上村方面へ
072

093

道標
094

095

098

099

100

獣除けゲートを開けて下山
101

スタートの第1駐車場に戻りゴール
103

青春18きっぷの春季期間が始まったので早速姫路へGO!

JR姫路駅 北口
002

北口バス停 4番乗り場から関・GS鹿ケ壺行きへ 11:25分発
005

バスまで時間があったので駅周辺を散策
山陽電車沿いは、アットホームなお店もよくあっていい感じでした。
006

バスが来て乗車
007

残り15kmくらいから乗客もいなくなり軽快に飛ばしてくれる。
008

GS鹿ケ壺に到着
009

折り返し運転で姫路駅に戻るのかと思っていたら山崎でした。
011

GS鹿ケ壺には、食堂やお土産品売ってるようなお店があります。
012

案内板
013

ハイキングコース
014

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のロケも行われました。
015

案内板
016

020

千畳平 方面へ
021

蔵風のトイレあり
022

024

026

027

丸太階段
031

032

033

034

千畳の滝
035

滝の落差は、約20メートルある。
036

道標
037

登山口へ
038

広さのある千畳平
040

登山口
041

043

道標
045

道標
046

048

雪彦山 915m
051

三角点
053

山頂の様子
052

大天井岳 方面へ
054

055

道標
059

062

左方面へ
063

天狗岩
064

大天井岳 844m
066

068

案内板
065

眺望は七種山683mとか。
070

ここからの下りは岩場がメインです。
071


073

セリ岩
075

道標
077

行者堂跡
078

下山
079

危な目な岩場でした。
これで積雪あったらどうなっていたかと思います。

雪彦山ポイントマップ
080

雪彦山登山案内図
081

トイレあり。あとはバス停まで下るのみ。
083

自販機あり
085

最終一つ前のバスに間に合いました。便が少ない関西百名山、最後は小走りで。
087

間に合ったときの嬉しさ!これも醍醐味の一つ。
090

バス時刻表(山之内→姫路駅)
091

このページのトップヘ