その山は、昔 「鬼ケ城」ともよばれた。

南北朝の時代の砦だというが、痕跡はない。

猿子城山(さるこじょうやま 709m 大阪府河内長野市)


スタートは、南海バス 滝畑ダム前
001

ダイヤモンドトレール案内図
002

槇尾山方面へ
003

004

民家の合間を通り、登山口へ
005

施福寺方面へ
006

安定のダイトレです。
008

009

010

011

ボテ峠 着
012

013

猿子城山方面へ
ちなみに、山と高原地図では猿子城山は点線の難路コースになっています。

目玉焼きみたいなキノコ
014

尾根で歩きやすいなと思ってたのですが。
015

徐々に、山と高原地図の正確さを知ることに。
016
画像ではわかりにくですが、足幅も狭く柔らかい土、下は崖。
気をつけて歩かないといけない場所が増えてきます。
急坂もあり、休みながら進みつつ。

猿子城山 山頂
017
頂上は平坦の円で、眺望は木の隙間から見えるくらいです。

018

丸太のベンチ
019

下ります。
020

十五丁石地蔵
021
猿子城山から十五丁石地蔵は難路ではなく歩きやすい道でした。

S字尾根
022

次は上山へ
山頂付近ですが林業の車も通るからでしょう。道幅広いです。
023

この辺りから、案内も少なくピンクや赤リボン頼りです。
026

028

光滝寺キャンプ場 方面へ
029

下りが続いてるときに気付く。
上山通りすぎてないかと。
やはり通りすぎている。
戻ります。

上山(うえやま 777m) 山頂
032

三角点
031

イージーミスです。
下ってるときに戻ったので疲れや時間も結構なロスでした。

下山(光滝寺の裏手)
033

本堂
035

034

川沿いの道路を通り来た道へ。
036

ダイトレ 滝畑の石板
037
トイレ前方にありますが、案内板の下で死角になってます。

猿子城山と上山。

ダイトレからは少し外れ、道は荒れてる面もありますが今年の干支と777。

縁起のいい山です。

new20