飛鳥時代、山頂の月峯寺で護摩を焚いていると不動明王の剣が降ってきたという。

その寺は兵火にかかり焼失したが山名に今も残る。

剣尾山( けんびさん 784m 大阪府豊能郡)


スタートは、玉泉寺上がった所にある剣尾山登山道入口です。
004

行者山(ぎょうじゃやま)の案内板
003

001

登り始めてすぐに巨石
005

登っていきます。
006

またもや巨石です。
007

正面から見ると、
大日岩 大日如来座像
008

左の道から行場巡りです。
010

011

012

胎内くぐり
013

014

岩の下にある祠
015

案内板
016

役行者 爪刻行者像

017
役行者が、爪で自分の姿を岩に刻んだ場所です。

018

理源大師座像
020

岩に彫られています。
019
平安時代 醍醐寺を開いた理源大師が行場復興に訪れたときの名残だそうです。
醍醐寺にも役行者の像があり繋がりがあります。

行者山 山頂
021

023

風の峠
024
少し風を感じましたが短い距離ですぐに通りすぎてしまいます。

左方面へ
025

ニホンジカいてるんですね。
026

炭焼窯跡
027

028

岩陰地蔵
029

六地蔵
030

031

月峯寺跡
033

034

035

剣尾山 山頂 784m
036

037

038

パノラマの景色もいいですが、山頂に岩がよくあるのが印象的でした。
039

次は横尾山(よこおさん)へ
040

国界標石と反射板がある場所
041

043

横尾山への道標
042
今回歩いた山は案内少なめですが、道は広いし踏み跡もハッキリしていて進みやすかったです。

横尾山 山頂と三角点 784m
044
剣尾山と同じ標高です。

045

眺望は、北西にこんな感じです。
046

この後、下りにあるトンビカラの岩稜は、ちょっとしたアスレチックで楽しかったです。

岩の城みたいな場所。
047

21世紀の森・ さわがに広場 方面へ
049

主に岩の階段を下ります。
050

051

広場を出て、林道を下ると元来た登山口です。
053

おっと、まだ巨石が。
054

055

056
何の岩かは、不明です。

今回、反時計周りで登りましたが、21世紀の森経由の時計周りもOKです。

new25