時は今  天が下しる五月かな

天正十年(一五八二)六月一日

明智光秀は主君信長より秀吉の中国攻めの援軍を命ぜられ丹波亀山を出発し、

先鋒が屏風岩に達したところで急遽、鉾先を変えた。


霊仙ケ岳( 536m 京都府亀岡市)と明智岩


スタートは、万寿越入口の鳥居前
001

砂利の平坦な道です。
003

004

松○山につき入山禁止
005

万寿越を出て、道路右方向へ
009

法貴バス停にある鳥居をくぐります。
010

法貴谷ハイキングコースの案内板(折り返しで寄ります)
011

案内板 拡大
012

民家の横にある道から入山して霊仙ケ岳を目指します。
013

案内板は出てないのでGPSと踏み跡を確認しながら進みます。
014

踏み跡あり
015

少し歩くと踏み跡を見失う。それかなかったのか?

コース通り歩いていても、薄かったり途切れ気味な登山道でした。

尾根も倒木や障害物あったりなので少し外れたところが歩きやすかったり。
017

気付くと一つ違う稜線?から頂上に向かってました。
018

踏み跡のある道で歩きやすかったです。

銀色リボンの道
019

霊仙ケ岳 山頂
024

三角点
022

石の方位盤
023

山頂の風景
021

眺望は東方向のみ開けてます。
025

下ります。
027

ブッシュに倒木
029

030

カエンタケの小さい奴かと思いましたが、ベニナギナタタケみたいです。
031

下山
033

法貴谷ハイキングコースへ
034

035

国狭槌神社
036

037


038

明智戻り岩
041
大きな岩です。

042

摂丹街道を歩いてゴール
044

045

new61