吉野という地名は、日本の歴史の中に数多く現れる。

古事記の神武天皇東征伝説にはじまり、また万葉集にも数多く詠まれた土地である。

奈良吉野山


近鉄電車の大阪阿倍野橋駅から特急(+510円)で終点の吉野駅へ
002

スタートは、近鉄 吉野駅
005

快適でした。
009

駅前のお店も充実で、参道のお店も雰囲気あります。
019
ゴールを吉野駅にして、お店に立ち寄ってから帰るのもありです。

案内板 現在地
022

ロープウェイに乗る予定はなかったんですが運休もあるんですね。
023

運休のお知らせ
024

さくら色のロープウェイ
025

金峯山寺銅鳥居(きんぶさんじかねのとりい)
026

韋駄天山 370m
034

案内板
031

山頂の様子
035

崖っぷちにあった案内板
033

吉水神社
036

宮坂です。
037

桜本坊の仁王門
038

行く手を阻む大ミミズ
041

水分山
044

山頂の様子
046

人丸塚 案内板
047

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)
049


由緒
050

高城山展望台へ
051

高城山休憩所(展望台)
052

眺望  竜門岳方向
053

高城山 698m
055

金峯神社 修行門
057

義経隠塔へ
058

義経隠塔
059

現在は修験者の修行場として利用されてるようです。060

通行止めの看板
061

百貝ケ岳 方向へ
062

百貝ケ岳 861m
064

山頂の様子
065

来た道を戻り、分岐 弘法大師の道へ
066

宝塔院跡近くのあづまや
069

義経が吉野越えした山々
072

青根ケ峰 方向へ
075

青根ケ峯 857m
077

三角点
078

山頂の様子
079

来た道を戻り、奥千本口バス停
080

時刻表
083
ここを起点に奥の山もいいですね。

次の取付、さくら咲競プロジェクトの道へ
084

眺望もいい道です。
086

車道沿いへ
087

船岡山 取付
088

船岡山 454m
093
踏み跡薄いですが、距離短いので問題ないです。

三角点
095

山頂の様子
096

城山 
097

山頂の様子
099

下山
100

こういう駐車場もいいです(吉野神宮駅から200m)
101

ゴール 吉野神宮駅
103

駅前は喫茶店くらいしかないです。
104

船岡山辺りが破線の道くらいで、他は歩きやすい道でした。
さくら咲競プロジェクトの道から吉野神宮駅までは、
案内板や道標がないだけで穴場のハイキングコースです。

new198

ヤマレコのGPSログは、こちら