その山には、二つの頂き(雄岳・雌岳)があり、その間に日が沈む姿から、

古来より神聖な山として、人々からあがめられてきた。


二上山(にじょうざん 517m 奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町の境)

スタートは、万葉の森 駐車場
001

案内板
002

駐車場からすぐに登り口あります。
003

004

キングジョーみたいな石版
006

鹿谷寺跡(ろくたんじ) 方面へ
007

小気味いい階段
008

鹿谷寺跡
009

010

万葉広場 方面へ
011

岩場
012

そそりたった岩からの眺め
014

PLの塔(望遠)
015

雄岳 方面へ
016

017

黄色の展望台
018

展望台からの眺望
019
見晴らしがいいです。

ダイトレ上にある、山々
020

二上山の石版プレート
021

屯鶴峯(どんづるぼう)方面へ
022

蛙を咥えてるヘビ(遠目ですが見たくない方はスルーしてください)






024

案内板 右方向へ
026

屯鶴峯 方面へ
028

緑の鉄塔
029

おねの道(少し)
030

ダイトレの石標
031

ダイトレも藪があるんですね。
033

下山
034

案内板
035

道路沿いを10分ほど歩けば、屯鶴峯に着きます。
036

近鉄電車
038

039

どんづる峯
040

041

044

石版プレート
045
起点の文字が埋もれてる…。

砂を取り払って撮影。

046

さぁ戻ります。

ムカデ発見(登山で見るのは初めてです)
見たくない方はスルーしてください。






050

下画像の道は、山と高原の地図には載ってないですが普通の登山道です。
053

遠目からの案内板
左方向へ
054

次に目指す雄岳を見ながら登ります。
055

登り
056

馬の背(鞍部)
057

トイレやベンチがあったり、休憩スポット的な感じです。
058

雄岳 山頂
059

葛城経塚二十八宿
061

大津皇子の墓
063

064

雌岳 山頂
065

三角点は雌岳のほうにあります。
069
この山とよく似た、男山と女山のニ峰がある歌垣山も女山のほうに三角点があります。

山頂の風景
068

日時計
070

「太陽の道」と日時計
066

067

眺望
071

次は竹内峠を目指します。

岩屋 方面へ
072

下ります。
074

岩屋
075

竹ノ内峠 方面へ
076

下ります。
077

下山
078
あれ、竹内峠は?

通り過ぎたのか、まだ先か?

峠らしき場所はなかったので少し進むことに。

再び入山
079

この道標が出てるということは、通り過ぎてる。
080

戻ってみると入山のときに撮影した場所に石版プレートあり。
081

奥の道路は国道166号です。
082
わかりそうな感じですが、落ち葉乗ってたり峠の看板なかったので気付きませんでした。

竹内街道を歩きゴール
083

084

new55