多紀連山(京都府の篠山市、丹波市にかけて)は平安時代末期から中世にかけて修験道行場として栄えた。

一時は吉野大峰山よりも栄えたと言うが、対立し1482年 寺院はことごとく焼き払われた。

現在は、寺跡や行場らしい地名が残る。


バイクで向かってる中に、

天王トンネル通行止め!
001

迂回します。

迂回ルート
005

迂回してナビを見ると到着予想時間30分足されてる・・。

おっ!ここは深山登ったときの取付。
006

くねくねした車道ですが歩いてもいい近畿自然歩道です。
008

「るり渓を訪ねるみち」と名が付いてます
009

020

るり渓 バス停
010

周辺
011

駐車場
012

案内板
013

014

紅葉が色づいてる木
017

近畿自然歩道 るり渓を訪ねるみち 案内板
015

るり渓を後に、多紀連山近くまで来ました。

役場前にあった登山コース案内板
021

登山口近くにある乗合タクシーて何ぞや?
023

案内板
025

026

多紀連山登山者駐車場を利用させていただきました。
027

それでは歩いていきます。
029

御嶽(三嶽)登山口
030

民家の玄関に道標
031

獣除けゲート
032

道標 左へ
033

034

035

036

道標 右へ
037

038

白髪岳
039

山頂の様子
040

041

鳥居堂跡
042

043

大岳寺跡
045

案内板
046

ピークが近づくにつれ岩盤が出てきます。
047

結構登ってきたなと眺めると暗雲が垂れ込めてる。。
048

こっちにも。
049

ピーク前。
050

こんな正直にかて感じで雨が降り始める。

あづまや
051

御嶽 793m
052

山頂の様子
053

石室にある石仏
055

道標
056

風が強いので傘折れへんようにと歩く。
057

059

鎖あるので下りやすいです。
060

こちらはロープ
061

階段もあります。
062

小金ヶ嶽を望む。
063

下った先に自販機や車が止まってる。
064

駐車場
065

登山口駐車場で、フォレストアドベンチャーの看板見たので道路繋がってます。
066

小金ヶ嶽 登山口
069

067

お地蔵さん
068

木の間をワイヤーで滑って楽しそうでした。
070

074

075

道標 右へ
076

077

人の名前みたいな木
078

079

この日は雨でしたが、10人くらいの方とすれ違いました。
080

ここも鎖
081

山酔いしそうな景色なのでガスっていてちょうどかも。
082

小金ヶ嶽 725m
085

山頂の様子
084

三角点
087

089

道標 左へ
091

道標
092

畑山 取付
093

歩きやすい尾根です。
095

畑山 595m
096

山頂の様子
098

099

福泉寺跡
100

案内板
103

礎石
104

沢沿いへ。
105

106

107

下山
108

駐車場に戻りゴール。
111

道標は多いですが、小金ヶ嶽のほうは不明瞭な道もありました。
雪が積もってたら、岩場あったり踏み跡辿るのも苦戦してたと思います。
11月過ぎの冬場は、大阪より5℃以上は寒いんじゃないでしょうか。
降雪前に丹波篠山の名峰に登ろうと考えてたので、雨は考えてなかったです(笑)