金剛山です。

スタートは、水越トンネル前道路
002

10月の大雨の影響で通行止めになってますが、水越峠までは通行可能でした。

水量多すぎ!
006

010

道路の補修工事中。ご苦労さまです。
013

水越峠へは、歩行者は通行可能ですが車は無理のようです。
014

ガンドガコバ林道へ
015

016

017

崩落跡
018

020

ダイトレ上です。
022

023

眺望のいい場所に休憩ベンチ
025

遭難碑
026

昭和59年にここで遭難がありました。

029

道標
030

休憩場所
031

金剛の水
033

川と道の段差があまりないので大雨のときは流れ込んでたでしょう。
035

ダイトレ(左)とガンドガコバルート(右)の分岐
040

もみじ谷ルートは通行止めのテープ(行った日は)張ってました。
041

042

044

045

ガンドガコバルートのジグザグ道
046

道標
050

太尾塞跡(ふとおようさいあと)
051

053

楠公の出城があった場所と言われてます。

054

この辺りから、金剛山おもしれーと感じる!

六道の辻
055

名前の通り六つ道があるのか、踏み跡も多く道を間違えそうな場所です。

056

ススキ
057

大日岳
058

山頂近く
061

山頂広場
062

下ります。
063

セト方面に通行止めのロープ張ってました。
後で会った常連の方に聞くと時計台の下付近だけ崩落してるけど通れる言うてました。
066

カトラ谷方面へ。

067

結構急なんでここは崩落ないんかなと思ってたら、
068

069

きたー、崩落跡!
070

071

073

076

078

たまに靴跡が残ってるのでそれを辿る(笑)
079

080

ここは左に道あったようですが途切れてます。
081

082

ようやくこの辺りから道ありました。
083

084

堤防の上に木や石が乗っている。
085

この辺りで常連の方がいたのでお話を聞くと、
前はハシゴがあって沢みたいに川に入っていく道ではなかったと言うてました。

分岐 左のセト方面へ
093

089

セト
095

案内板
096

097

098

出会 水分道と青崩道の分岐
101

さすがに気付く、ここ通るのは2回目やぞと。
100

わかってれば太尾道とかを選んでたのに。

石ブテに続く道も、こんな風になってました。
102

通行止めになってる道もあるので、他のルートも用意しとかなあきませんね。

ゴール。
103