一つは、あたかも鎧を着たような雄々しい岩山であることから名付けられた。

もう一つは、鍬形の兜のような山容から名付けられた。

奈良県曽爾村にある鎧岳と兜岳。


スタートは、屏風岩公苑 駐車場(季節により公苑管理協力金200円必要)
004

寒い所と思ってたんですが暖かいです。

周辺案内マップ
001

拡大
131

それでは歩いていきます。
007

009

国見山、住塚山。ちょっと見たことのない山容です。
011

ゴルフコースの入口と思いました。
012

聞いたことのあるサンビレッジ曽爾
013

ストア2・7
016

普通に運転していてこの景色は不思議ですね。
017

近くに民宿もあり
018

自販機あり
019

巾着山公園
020

右からの稜線へ。
021

周辺マップ
022

トイレの看板があるのでどんなとこかと見ると、
023

吊り橋を渡った先にあってメルヘンチック。
024

ちなみに鎧岳の取付は、トイレ看板のある場所を左折です。
025

眺望は、亀山とか二本ボソ。
027

左に曲がり登山口(案内板なし)
028

030

最初は、曽爾高原らしく?ススキが生い茂ってますが、
031

すぐに抜け出すと踏み跡のある山道です。
032

道標
033

034

035

036

道標
037

038

道標
040

先人の知恵でしょうか、道がジグザグになって急勾配を緩くしてくれてます。
041

急勾配 画像
042

山火事予防のポスター
043

道標
044

道標
045

鎧岳 893m
046

048

三角点
049

山頂の様子
050

眺望
051

分岐に戻り兜岳へ。

053

054

道標
055

道標
056

057

058

059

側面から見た鎧岳
060

兜岳 920m
062

眺望
065

眺望
066

下ります。
067

道標 右へ
068

069

070

071

下山
072

駐車スペースあり。
073

道標 右へ
074

東海自然歩道 済浄坊の滝 方面へ
077

道標
078

080

081

083

084

済浄坊渓谷
085

086

道標 左へ
087

088

水の色がエメラルド
089

090

091

092

東海自然歩道
093

クマタワ峠(トイレあり)
095

階段を上り始めると、前方に白いシャツを着た二人が目に映る。
097

少し距離が離れていたので、歩いてる?いや走ってると気付く。

あれ、鳥?つがいの鳥を見たんやと思い、階段を撮影。

すると、そのとき!

鹿が現れる。
098

上から、こっちを見てました。
100

3頭いて、国見山の山頂に続く稜線に消えさりました。

お尻の白い部分がシャツに見えたんでしょうか。
それにしても大きく見えたけど。

松ノ山
102

山頂の様子
104

107

国見山 1016m
108

王が国見をされたと伝えられている。

双仏石
110

眺望
111

112

113

次の住塚山を望む。
114

道標
115

116

117

道標
118

住塚山 1009m
120

三角点
121

山頂の様子
122

123

古光山とか。
124

125

道標
126

下山。
127

屏風岩
130

案内板
129

元の所に戻りゴール。

踏み跡や案内板もしっかりあり迷うような箇所もなかったです。

整備されてる方達に感謝。